【簡単】django-allauth メッセージを変更する方法

Django

(最終更新月:2021年12月)

「django-allauthのメッセージ文を変更したい!」

「django-allauthのメッセージの見た目を整えたい!」

というdjango-allauth初学者の方へ向けた記事となります

当記事を通じて、

  • django-allauthのメッセージ文章を変更する方法
  • django-allauthにBootstrapを適用して見た目を整える方法

を解説していきます

メッセージ文の変更方法

ログインメッセージの現状は、

です

これを、ログインしました「ユーザー名」に変更してみました

方法は下記の通りです

  1. templates > account 内に「messages」フォルダを作成する
  2. messagesフォルダ内に対象の.txtファイルを作成好きなメッセージを入力する

ログインメッセージを変更する場合は、

templates > account > messages > logged_in.txt

となります

その他のファイル名は全てこちらです

全てソースコードをリンクしていますので、参考になれば幸いです

正しい位置にフォルダとファイルを作りお好きなメッセージを入れれば完成です!

Bootstrap Alertを適用する

現状のメッセージフレームは下記のとおりです

こちらをこんな感じに変更していきます

前提として、Bootstrap、jqueryのCDNが読み込まれていることを確認してください

その上で、allauthブロックタグ内の記述を下記のとおりとします

    {% block allauth %}
    {% if messages %}
          <div>
              {% for message in messages %}
                <div class="alert alert-success alert-dismissible fade show" role="alert">
                  {{message}}
                  <button type="button" class="btn-close" data-dismiss="alert" aria-label="Close"></button>
                </div>
              {% endfor %}
          </div>
      {% endif %}
    {% endblock %}

まとめ

django-allauthのメッセージフレームワークについて2点解説しました

  1. メッセージ文を変更する方法
  2. Bootstrapを適用するコードのご紹介

メッセージ文を変更するには

templates > account > messages

内に変更したいメッセージと連動するファイルを作成し、上書き保存する方法が使えます

Bootstrapに限らずCSSを適用するには、

{{ messages }}

でメッセージを適切に取り出し、CSSを適用していきましょう

さて、今回でdjango-allauthについての基本もほぼ終了となりました

最後に、ユーザークラスに関わる自動テストプログラムを作成し、今後の様々な変更にも耐えうるアプリとしていきましょう!

関連書籍

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました