【Python学習用アプリ(コピペ可)】Python datetime 時刻変換アプリ timezone

Pythonアプリ

今回の記事では、

時刻変換アプリ

をご紹介します

各国での時間を調べるためにまずは日本時間を入力

すると、下記のように代表的な国々での時刻が出てきます

指定した日本時間→  02月23日 0時12分
 ロサンゼルス →  02月22日 7時12分
 ニューヨーク →  02月22日10時12分
 ベルリン →  02月22日16時12分
 シドニー →  02月23日 2時12分
 エチオピア →  02月22日18時12分

コードは下記のとおりです!

コード

from datetime import datetime as dt
import pytz

if __name__ == '__main__':
    now = dt.now()

    jst_month = input('日本時間で月を入力(0埋め)→ ')
    jst_day = input('日本時間で日にちを入力(0埋め)→ ')
    jst_hour = input('日本時間で時間を入力(0埋め、24時間制)→ ')
    jst_minute = input('日本時間で分を入力(0埋め)→ ')

    str_format = "%Y-%m-%d-%H-%M"
    str_datetime = f"{now.year}-{jst_month.zfill(2)}-{jst_day.zfill(2)}-{jst_hour.zfill(2)}-{jst_minute.zfill(2)}"
    dt_jst = dt.strptime(str_datetime, str_format).astimezone(pytz.timezone('Asia/Tokyo'))

    dt_la = dt_jst.astimezone(pytz.timezone('America/Los_Angeles'))
    dt_ny = dt_jst.astimezone(pytz.timezone('America/New_York'))
    dt_berlin = dt_jst.astimezone(pytz.timezone('Europe/Berlin'))
    dt_ethiopia = dt_jst.astimezone(pytz.timezone('Africa/Addis_Ababa'))
    dt_syd = dt_jst.astimezone(pytz.timezone('Australia/Sydney'))

    dt_format = "%m月%d日%k時%M分"
    print('指定した日本時間→ ', dt_jst.strftime(dt_format))
    print('ロサンゼルス → ', dt_la.strftime(dt_format))
    print('ニューヨーク → ', dt_ny.strftime(dt_format))
    print('ベルリン → ',dt_berlin.strftime(dt_format))
    print('シドニー → ',dt_syd.strftime(dt_format))
    print('エチオピア → ',dt_ethiopia.strftime(dt_format))

まとめ

国については、上記のコードをベースに変更可能です

オリジナルなものに変更できるよう、明日以降解説をしていきます

本日もありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました