【Python初心者向け】for文の書き方 |基本はこれで完璧!

python icatchPython

(最終更新月:2021年12月)

✓当記事はこんな悩み・要望をお持ちの方へ向けて書いています

「Pythonでfor文の基本的な書き方がわからない!」

「結局for文で展開できるのはリスト型だけなの?詳しく知りたい!」

「for文って繰り返すだけしかできないの?応用する方法を教えてほしい!」

✓当記事を通じて、下記をお伝えしていきます

  • 【Python】for文の書き方 |基本はこれでマスターしよう
  • for文で使えるオブジェクト 3つのデータ型を解説
  • for文の応用「break」「continue」の使い方

つまり、初心者の方がfor文について知っておくべきことは全て当記事で解説しています

profile_icon

【Python歴】10年 x 【営業マン歴】11年

HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

Pythonベースのフレームワーク 「Django」を使って下記のようなサイトを作っています!

日報アプリ
当ブログで一から開発方法を解説している日報アプリ(デモ版)です
ツールアプリ
当ブログで紹介したPythonアプリのWeb版です。DjangoAPIとReactで開発。随時更新中です。

【Python】for文の書き方 |基本はこれでマスターしよう

構造

for 変数 in 展開するオブジェクト:
    実行文

実例

展開するオブジェクトは下記のリストです

lang_list = ["Python", "JavaScript", "PHP", "Go"]

for文で各要素をprintします

for lang in lang_list:
    print(lang)

結果

Python
JavaScript
PHP
Go

解説

for lang in lang_list:
    print(lang)

展開するオブジェクトは、プログラミング言語が4つ格納されている「lang_list」というリスト型です

for文では各要素が順番に取り出されて「lang」変数に入ります

そして、そのlang変数をprintしています

変数「lang」はfor文内でのみ使用されるものです

お好きな変数名で構いません!

展開するオブジェクトをリスト型でご説明しましたが、他にfor文で使用できるオブジェクトにはどんなものがあるでしょうか?

次章で解説します

for文で使えるオブジェクト 4つのデータ型を解説

展開するオブジェクトは、イテラブルなオブジェクトでなければいけません

イテラブルとは「繰り返し利用可能」と訳すことができ、繰り返し利用可能なオブジェクトは主に下記の4つと覚えておきましょう

  1. リスト
  2. タプル
  3. range関数で生成されたオブジェクト
  4. 文字列

リストとタプルは似ていますので、言うまでもありません

range関数を使うと下記のようになります

>>> for num in range(10):
...     print(num**2)
... 
0
1
4
9
16
25
36
49
64
81

全て二乗してprintしてます

文字列も使用できます

>>> for s in "PYTHON":
...     print(s.lower())
... 
p
y
t
h
o
n

全て小文字にしてprintしてみました

for文の応用「break」「continue」の使い方

役割

break、continueの役割は下記のとおりです

  • breakは、for文自体を終わらせることができます
  • continueは、for文内の実行をスキップし次の要素へ進みます

実例と解説

【break】

>>> for num in range(10):
...     if num==4:
...         break
...     print(num)
... 
0
1
2
3

通常は、0-9の数字を展開しprintしますが、3までしかprintされていません

数字が4の時点でbreakにより強制終了となっています

【continue】

>>> for num in range(10):
...     if num==4:
...         continue
...     print(num)
... 
0
1
2
3
5
6
7
8
9

通常は、0-9の数字を展開しprintしますが、よく見ると4だけprintされてません

これがcontinueの効果です

まとめ

for文についてまとめていきます

for文の構造は、

for 変数 in 展開するオブジェクト:
    実行文

です

展開するオブジェクトには、①リスト、②タプル、③rangeで生成されたオブジェクト、④文字列などのイテラブルなオブジェクトが入ります

for文では「break」「continue」を使うことができ、

  • breakはfor文の強制終了
  • continueはfor文の実行を一回スキップ

する役割があります

以上がPython初学者が覚えておきたい「for文について」でした!

Pythonでホームページが作れるのをご存知でしょうか?

当ブログでは、PythonをベースとしたDjangoフレームワークを使って一からホームページを作成、公開するまでを解説しているブログになります

最終的には、下記リンク先のような日報アプリを開発、公開できるように進めていきます

https://nippo.itc-app.site/
ようこそ!簡易日報アプリ「D-Repo」へ!こちらは無料で使える日報アプリのデモサイトになります!「Webアプリはとてもカンタンで便利!」を感じてみよう!

興味のある方はシリーズの記事が一覧となっている↓のページをご覧ください

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました