Python でのファイル操作

python icatchPython

今回は、Pythonでのファイル操作の基本をお伝えします

  • 仕事を自動化して保存したい
  • 保存したデータを受け取りたい

などというときに役立ちますので是非ご一読ください

早速やってみよう!

>>> f = open(‘test.txt’, ‘w’)

>>> f.write(‘this is a test’)

>>> f.close()

この三行で、

  1. test.txtというファイルを作成し、
  2. test.txt内に「this is a test」という文字列を記述し、
  3. 保存

が完了となります

一つずつ解説

>>> f = open(‘test.txt’, ‘w’)

<ファイルオブジェクト名> = open(‘ファイル名’, モード)

となります

上記では、test.txtというファイル名を指定し新しく作成しています

モードには、下記のいいずれかが入ります

‘w’ 書き込み

‘r’ 読み出し

‘x’ ファイルが存在しない時のみ新しく作成する

‘a’ ファイルが存在する場合は末尾に追記、それ以外は新しく作成する

上記一行で、書き込み用のファイル「test.txt」オブジェクトを変数「f」に格納している

>>> f.write(‘this is a test’)

write()内の文章を書き込んでいます

今回の場合は、「this is a test」

>>> f.close()

書き込み終了、ファイルを保存し閉じるコマンドになります

dirメソッドで属性一覧を見てみる

f_dir = [‘_CHUNK_SIZE’, ‘__class__’, ‘__del__’, ‘__delattr__’, ‘__dict__’, ‘__dir__’, ‘__doc__’, ‘__enter__’, ‘__eq__’, ‘__exit__’, ‘__format__’, ‘__ge__’, ‘__getattribute__’, ‘__getstate__’, ‘__gt__’, ‘__hash__’, ‘__init__’, ‘__init_subclass__’, ‘__iter__’, ‘__le__’, ‘__lt__’, ‘__ne__’, ‘__new__’, ‘__next__’, ‘__reduce__’, ‘__reduce_ex__’, ‘__repr__’, ‘__setattr__’, ‘__sizeof__’, ‘__str__’, ‘__subclasshook__’, ‘_checkClosed’, ‘_checkReadable’, ‘_checkSeekable’, ‘_checkWritable’, ‘_finalizing’, ‘buffer’, ‘close’, ‘closed’, ‘detach’, ‘encoding’, ‘errors’, ‘fileno’, ‘flush’, ‘isatty’, ‘line_buffering’, ‘mode’, ‘name’, ‘newlines’, ‘read’, ‘readable’, ‘readline’, ‘readlines’, ‘seek’, ‘seekable’, ‘tell’, ‘truncate’, ‘writable’, ‘write’, ‘writelines’]

その他の代表的なメソッド

リストの書き出し

>>> name_list = [‘Yu1’, ‘Yu2’, ‘Yu3’]

>>> f = open(‘test2.txt’, ‘w’)

>>> f.writelines(name_list)

>>> f.close()

test2.txtの中身を見てみると、

Yu1Yu2Yu3

writelines()でリストを一つの文字列として書き出すことが可能

リストの読み出し

read()

一度に全て読み出します

()内に文字数で制限して読み出すこともできます


readline()

実行するたびに1行ずつ読み出し(取り出し)ます

readlines()

1行ずつをリストの要素にして、リストとして返します

まとめ

以上となります

基本的な部分のみの記述ですが、いかがでしたでしょうか。

ファイルを読み込んだり、保存したりするにあたって、ファイルパスに関する知識も必要になります

よくわからない!という方は下記も参考にしてください

また、withを使ってファイルを操作する方法も実例として下記に記載があるので興味がある方はご覧ください

本日もありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました