Pythonを使ったCoincheck API入門|初心者向け

Python

(最終更新月:2022年2月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「CoincheckでPython言語でAPIサービスを使ってみたい」

「でも、初心者だし大丈夫かな?」

「できれば、実例もあるとわかりやすいんだけど、、、」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • 初心者の方向けにPythonを使ってCoincheckのAPIを使う方法

具体的には、下記の3つを説明していきます。

  1. APIキーを取得する
  2. Python Jupyter-Notebookを使ってAPIにアクセスする
  3. 【実例紹介】全通貨のレートを取得しよう
profile_icon

【Python歴】10年 x 【営業マン歴】11年

HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

Pythonベースのフレームワーク 「Django」を使って下記のようなサイトを作っています!

日報アプリ
当ブログで一から開発方法を解説している日報アプリ(デモ版)です
ツールアプリ
当ブログで紹介したPythonアプリのWeb版です。DjangoAPIとReactで開発。随時更新中です。

公式ドキュメントにはPythonによるAPIの使い方が記載されていなかったため、当記事でご紹介することとしました。

やりたいことによっては不要ですが、APIキーの取得などにはCoincheckのアカウントが必要です。無料で口座開設しておきましょう。

【公式サイト】Coincheck

✔月9,800円でWebデザインが学べる

デザナルは、Webデザインに苦手意識がある方におすすめのサブスク型スクールです。

特徴は以下の通り。

  • 初期費用不要
  • 教材が使い放題
  • 案件で収入も得られる

デザナルは稼ぎながら学べる、格安のWebデザインスクールです。

>>詳細はこちら<<

安いWebデザインスクール「デザナル」を徹底分析

APIキーを取得する

個人のアカウントと紐づけて取引をする場合は、下記の通りAPIキーの取得が必須です。

用途が決まってないという方も念の為に取っておくことをオススメします。

ただし、レート情報を取得したいだけなどであれば特に不要です。当記事ではAPIキーを使用しないでできることを解説していきます。

設定 > APIキー > 新たにAPIキーを追加する へ進みます。

APIキーで何をできるようにするかを選択します。セキュリティ面も考えて最低限をオススメしますが、ひとまず色々いじりたい方は「全て選択」でもOKです。

ログインIDとパスワードを入力後、APIキーが生成されます。

以上でAPIキーの取得は完了です。次章からは具体的にPythonを使ってAPIへリクエストを投げてみましょう。

Jupyter Notebookを使ってAPIにアクセスする

Jupyter Notebookが使いやすいのでオススメします。

インストールがまだの方はこちらを参考にどうぞ↓

Coincheckの公式APIドキュメントを参考に取得したい情報のリクエストURLを取得します。

当記事では販売所のビットコインレートを取得します。

参考の公式ページはこちらです。

URLを取得しましたら、jupyter notebookで下記のようにリクエストを作成しレートを取得してみましょう。

import requests, json
btc_rate_uri = "https://coincheck.com/api/rate/btc_jpy"
btc_rate = requests.get(btc_rate_uri).json()
print(btc_rate)

レートがprintされ、APIへアクセスできたことがわかりますね!

{'rate': '4779343.0'}

やり方としては、

  • 「request」「json」ライブラリを使用する
  • APIのURLへリクエストを投げる

ことで、値を取得できるようになります。

【実例紹介】全通貨のレートを取得しよう

ドキュメントには「ビットコイン-日本円」のレートのみ記載されています。

実際には、Coincheckで扱っている全通貨のレートが取得できますので、下記一例としてご覧ください。

コードはこちらです。

base_rate_uri = "https://coincheck.com/api/rate/"
currencies = ["btc", "eth", "etc", "xrp", "iost", "lsk", "fct", "xem", "ltc", "bch", "mona", "xlm", "qtum", "bat", "enj", "omg"]
for c in currencies:
    target_uri = f"{base_rate_uri}{c}_jpy"
    try:
        res = requests.get(target_uri).json()
        print(f"{c}: {res['rate']}")
    except:
        print("api does not exists: ", c)

全通貨のレートがprintされます。

btc: 4782124.0
eth: 347839.74445
etc: 3412.0361985
xrp: 77.32673487
iost: 3.29965659
lsk: 209.02607181
fct: 121.4656194
xem: 13.15080525
ltc: 14138.3111715
bch: 37706.945235
mona: 122.32639938
xlm: 25.53647274
qtum: 813.9197174
bat: 107.74154661
enj: 231.83800176
omg: 595.8494108

まとめ

当記事の内容をまとめます。

APIを使用するために下記の2つをご説明しました。

  1. APIキーを取得する方法
  2. 販売所レートをリアルタイムで取得する方法

PythonでAPIからのレスポンスを取得するには、

  • requestsメソッドを使い、URLへリクエストをする
  • jsonメソッドを使い、レスポンスをjson化する

ことで可能となりました。

当ブログでは、Pythonを中心としたプログラミングの情報に加えて、Web3.0、ブログについての情報を発信しています。

特に「未経験だけど、IT業界へチャレンジしたい!」という方へ向けての記事を多数ご用意してますので、興味のある方は是非お好きな記事をお探しください。

ITCブログ | 今の自分にチャレンジする
新たな可能性にチャレンジしたいですか?当ブログでは、未経験の方がITへチャレンジするための情報を提供します。主には「Webアプリ開発」、新技術である「Web3.0」、「ブログ」についての記事となります。全て実体験に基づいた情報ですので、「これから新たなことを学びたい!」という方はぜひご覧いただければと思います。

また、当記事でご紹介したコインチェックの登録がまだで、仮想通貨も始めてみたい方はこちらから口座開設を済ませておきましょう。

【公式サイト】Coincheck
タイトルとURLをコピーしました