【簡単!】NFTの始め方|収益を上げる方法 3つを全て解説

NFT

(最終更新月:2022年2月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「nftを始めてみたい!どうやるの?」

「ただそもそもnftって何?メリット、デメリットは?」

「NFTの今後ってどうなるんだろう?」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • NFTの始め方|収益を上げる方法 3つを全て解説
  • そもそもNFTって何?メリット、デメリット、特徴について
  • NFTの将来性をニュースから読み解く

当記事をお読み頂ければ、「NFTをどうやって始めるか?」がわかるのはもちろん、はじめるにあたっての最低限の知識が身につきます。

✔当記事の信頼性

当ブログでは、様々なWeb3.0に関する記事を多数公開しています。

【初心者向け】Web3.0についての記事をまとめました
Web3.0って何?どんな事ができるの?最近はよく聞くようになってきた「Web3.0」についての記事をまとめているページになります。特に「仮想通貨って怖くないの?」などと本格的に触れたことはないものの、興味があるという方へ向けての記事を多数用意していきます。

私自身、CryptoCurrency(暗号資産)は6-7年前からCoincheckやBinance(海外取引所)を通じて取引をしています。昨今では、ブロックチェーン技術を取り入れたWeb3.0という言葉も普及し、DeFi、Dappsなどもよく目にするようになりました。

ただ、まだこの辺りの情報は出始めで、正しい情報が少ない印象です。

実際にOpenSeaというNFTマーケットで商品の販売をしており、下記の記事でもやり方をお伝えしています。

「NFTという新しい波にのってなにかしてみたい!」という方は是非当記事をご一読頂き、お好きな方法でご自身の成功を掴んで下さい。

【無料公開】NFTの始め方|収益を上げる方法 3つを全て解説

NFTを始めるにあたり、収益を上げる3つの方法を整理しておきましょう。

  1. NFTの仕入れて、販売
  2. NFTを作成し、出品
  3. NFTの関連通貨へ投資

実際にNFTを扱う「転売」「販売」と「関連通貨への投資」では方法が違います。下記にてそれぞれご説明していきます。

NFTの転売や販売を行う場合

NFTマーケットと呼ばれる、NFTを取引するサイトで実際に売買を行います。

NFTマーケットは現状大きく2種類あります。

  1. Dappsと呼ばれる、Web3.0技術により作られた管理者のいないNFTマーケット
  2. 国内の仮想通貨取引所が運営するNFTマーケット

どちらも今後はドンドン広がる見込みです。それぞれの特徴とやり方をご説明していきます。

Dappsで取引を行う場合

流れは下記の通りです。

  1. ウォレットの準備
  2. 必要な仮想通貨の準備
  3. 実際に売買を行う

こちらの方法は中級者以上の方が行うことをオススメします。

仮想通貨取引の経験が少ない方は、まずは取引所で仮想通貨の取引自体がどんなものか、NFTマーケットがどんなものか、を見てみるのをオススメします。

Web3.0技術を使ったサイト(Dapps)では、ログインが不要です。その代わりにご自身のウォレットが認証機能を果たします。

代表的なウォレットはMetaMaskで、今後ほぼ必須となることと、費用は一切かからず使えるのでこれを機に用意しておくことをオススメします。

MetaMaskを一から準備する方法を解説した記事はこちらです。→ 「【MetaMaskの使い方】ダウンロードから入金までの3ステップ

上記の記事で、入金までは完了しました。

実際に売買を行っている記事もございますのでこちらでどんな流れかをご確認下さい。

NFTの購入方法について解説しています↓

自身でNFTを作って販売する方法はこちらです↓

少し「難しいな」と感じた方は、まずは取引所で始めることをオススメします。

もちろん登録等、実際の取引以外については無料です。

仮想通貨取引所で行う場合

海外の有名な取引所ではNFTの売買ができるところはとても多いです。

ただし、今回は初心者の方へ向けて、簡単にできる日本の仮想通貨取引所「Coincheck」での流れをご説明します。

Coincheckに無料で登録しよう

まずは、Coincheckに無料で登録をしましょう。

「仮想通貨を保有、取引したい」という方も①使いやすい②母体が大きい(マネックスグループ)③取扱通貨が多い事から、口座開設をしておくことをオススメします。

無料登録はこちらから→ 【口座開設無料】Coincheck

当記事の口座開設リンクは紹介用のアフィリエイトリンクです。皆様に費用がかかるようなことは一切ありませんが、不快な方は、直接公式サイトへアクセスして頂き構いません。当記事が少しでも役に立ち、ご自身で探すのも面倒だという方のみお使い頂ければ幸いです。

マーケットプレイスへ移動してスタート

トップページから「Coincheck NFT(β版)」へアクセスします。

様々なNFTが販売されています。気になるものを購入できます。

NFT関連の仮想通貨に投資したい

NFTマーケットへのアクセスは不要です。仮想通貨の取引所で通貨の売買を行います。

まずは取引所への登録を済ませます。

取引所選び

日本の取引所であれば、CoincheckやGMOコイン、bitBankなどで無料登録をしておけば幅広い通貨に対応が可能です。

海外はリスクもあり、日本にお住まいの方は禁止されているものもあります。ただし、世界的に有名な取引所は規模も大きく、扱う通貨も桁違いです。ご興味のある方はご覧ください。

特にOKExではメタバース関連の通貨「DOME」を唯一扱っている取引所でもありますので、興味のある方は是非こちらもどうぞ。→ 当ブログでの解説記事「【完全版】失敗しないEverdomeの買い方|画像30枚付で解説

通貨選び

NFT関連の通貨はこれからも多く出てくることは予測できます。

現時点では下記の通貨が注目されています。

エンジンコイン(ENJ)

2021年4月から数ヶ月で約24倍にもなった通貨。エンジンプラットフォームで取引されるための通貨になります。

扱える取引所は、Coincheckです。

【サンドコイン(SAND)】

サンドボックスが提供するメタバース上で使用される通貨です。

NFTはCoincheckのNFTマーケットで売買が可能ですが、通貨は日本の取引所では扱いがありません。

【エバードーム(DOME)】

022年2月にOKXe取引所で上場したばかりの通貨です。今後がとても注目されている通貨です。

世界でも取引できるのはOKEx取引所だけになります。

【公式サイト】OKX

そもそもNFTって何?メリット、デメリット、特徴について

NFTとは?

NFTとは、「Non Fungible Token」の略称で、直訳すると非代替性トークンです。

名前は難しいですが、所有権が付与され、個数の定められたデジタルデータだと理解頂ければ概ね間違いありません。

NFTはブロックチェーン上に保管されており、所有者、個数情報含む過去の取引情報などが全て閲覧できるようになっています。

NFTで知っておくべきリスク

NFTの所有や売買について、良いことばかりではありません。

主なリスクとして頭に入れておくべきことは下記の通りです。

  • 法律がまだ整備されていない
  • 手数料(特にETH)の上昇
  • あくまでもブロックチェーン上のデジタルデータに限られる

ただし、注目されているのはリスクを上回るメリットがあると考える方が多いからと言えます。

メリットについて解説します。

NFTが話題になっている理由|メリットについて

まだまだ改善の余地が多いNFTですが、注目されているのには訳があります。

NFTが注目されている理由は下記の通りです。

  • アーティスト・クリエイターの方々の権利を保護
  • 関わる人口が増えることで価値の上昇(投資対象としての価値)
  • 誰でもチャンスがある

こうしたメリットにより具体的にはどんな事が起きていて将来どうなるのか?を次章でお伝えします。

NFTの将来性

メリット、デメリットと見てきました。

NFTがどこまで大きくなるかは予測できないものの、市場が大きくなっていく可能性は高いと思われます。

すでに色々な事例がありますのでいくつか解説します。

これまでのNFTの具体例

約79億円で落札されたデジタルアート

2021年3月にデジタルアート作家「Beeple」が公開したNFT作品「5000 Days」が6,934万ドル(約79億円)で落札されました。

約12億円を稼いだ電子音楽アーティスト

電子音楽アーティスト「ジャスティン・ブラウ」氏は過去に作成したアルバムをトークン化、NFTとして販売することで総額1,160万ドル(約12億6,000万円)の売上を記録した。

小学3年生の自由研究が380万円で落札

小学3年生が夏休みの自由研究で作成したピクセルアートが380万円で落札されました。現在も約80万円で取引されています。

NFTへの参入企業

大手の企業もNFT事業に続々と参加しています。

有名所では、Twitter、メルカリ、Rakuten、Microsoft、Metaなどになります。

詳しくはこちらで解説しています。

法整備なども含めてこれからな部分もありますが、社会的にはクリエイター・アーティストにも公平なNFTはますます広がっていくに違いありません。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

まずはNFTで収入を得る、収益を上げる方法をお伝えしました。

  1. NFTの仕入れて、販売
  2. NFTを作成し、出品
  3. NFTの関連通貨へ投資

そのための方法は各章をご覧いただき、進めて下さい。

また、NFTについては知っておきたいことは下記の通りです。

NFTは、所有権が付与され、個数が限定されたデジタルデータである。

ただし、①法律②手数料③取引場所の課題を解決していく必要があります。

その代わりに享受できるメリットは、①クリエイター・アーティストを公平に守ることができる②参入人口が増えることで投資効果が見込める③誰でも参加可能、と言えるでしょう。

以上でNFTの始め方についての解説とさせていただきます。

最後までご覧いただき有難うございました。

当ブログでは様々なWeb3.0に関する情報を発信しています。まだ詳しく知られていない情報を先取りして身につけておくことは、人生を成功に近づける方法の一つです。

少しでもご覧頂く方の成功の一助になれるよう今後も記事を公開していきます。

タイトルとURLをコピーしました