【超簡単】lolipopでWordPressの引越しをする方法

WordPress

(最終更新月:2022年7月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「既存のURLを変更したい!」

「LolipopでWordPressを引っ越ししたい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • LolipopでWordPressを簡単に引っ越しする方法

当記事を最後までご覧いただければ、Lolipopで登録したアドレスに既存のWordPressページを最短2分で引っ越しできます。

ぜひ最後までご覧ください。

【著者プロフィール】

profile_icon
【Python歴】11年 x 【Django歴】10年
HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

当ブログを通じて、Webアプリの書き方やアプリの公開方法までを解説しています。

☆日報アプリ「D-Repo」(デモ版)→こちら

※Djangoをベースに作成したアプリです。

☆便利ツールアプリ「Tool Station」→こちら

※Django REST frameworkとReactで作成しているアプリです。

月9,800円でWebデザインが学べる

デザナルは、Webデザインに苦手意識がある方におすすめのサブスク型スクールです。

なぜなら安い以外にも以下のような特徴があるからです。

  • 初期費用不要
  • 教材が使い放題
  • 案件で収入も得られる

デザナルは稼ぎながら学べる、格安のWebデザインスクールです。

>>デザナルの詳細はこちら<<

利用者の声など、詳しくはこちらでご覧ください↓

Lolipopのアカウントに入り、以下のとおり進みましょう。

サイト作成ツール > WordPress簡単引っ越し

引越し元に既存ページのURLを入力。

WordPressのユーザー名とパスワードを入力してください。

引越し先のURLを入力したら、「引越しを開始するをクリック」して、あとは待つだけ。

2、3分待てば完了です。

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

タイトルとURLをコピーしました