【便利】Pythonのコードを待機させる具体的な方法を一から解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年7月)

✔当記事は以下のような疑問を持つ方に向けて書かれています

「Pythonでどうやってプログラムを待機させるの?」
「Pythonの待機機能の使い方を知りたい」
「Python待機プログラムの具体的な例を見たい」

✔当記事で解説する内容はこちら

  • Pythonの待機機能の概要
  • Pythonにおける待機の方法とその応用
  • Pythonの待機プログラムの実例

当記事では、Pythonによる待機機能の基本に加え、その実用的な活用法まで、具体例を交えて丁寧に解説しています。

最後までお読みいただき、Pythonを使った待機機能について理解を深めてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Pythonでの待機処理を理解するための前提知識

こちらでは、Pythonと待機処理についての概要をお伝えします。

概念を理解したうえで、実際のコードを見ていきましょう。

  • Pythonにおける待機処理の基本
  • 待機処理の重要性

Pythonにおける待機処理の基本

待機処理とは、プログラムが特定の期間動作を停止し、その後再開することを指します。

Pythonでの実装方法として、sleep関数を使いましょう。

import time

print("処理を開始します。")
time.sleep(3)  # 3秒間待機
print("3秒経過しました。")

待機処理の重要性

待機処理が重要な理由はこちら。

  • サーバーへの負荷を軽減できる
  • ユーザーインターフェースの応答性を向上させられる
  • 外部リソースへのアクセスを一時的に待つ
  • タスク間のタイミングを調整する

Pythonのsleep関数を使うことで、これらのタスクを簡単におこなえます。

Pythonのsleep関数の基本: “待機”の理解

こちらでは、Pythonのsleep関数についてお伝えします。

  • sleep関数の定義と役割
  • sleep関数の利便性

sleep関数の定義と役割

Pythonのsleep関数は、timeモジュール内に定義されています。

この関数は、プログラムの実行を指定した秒数だけ停止するもの。

例えば、time.sleep(5)はプログラムを5秒間停止させます。

import time

print("Start")
time.sleep(5)
print("End")

“Start”を出力した後、5秒間待ってから”End”を出力します。

Sleep関数についての詳しい解説はこちらです。

sleep関数の利便性

sleep関数は、以下のようなさまざまなシナリオで非常に便利です。

  • APIリクエストのレート制限に対処する
  • プロセス間の同期をおこなう
  • ユーザーエクスペリエンスを向上させる

デバッグ中にプログラムの特定の部分を一時停止させることで、問題の特定や解決に役立てられます。

スリープ関数を使用すると、プログラムに簡単に一時停止を挿入できるため、コードの挙動を理解しやすいのもメリットです。

sleep関数でできること: 使用例と状況

こちらでは、sleep関数の使用例とそれが役立つ具体的な状況についてお伝えします。

  • 一定パターンでの処理実行
  • 特定の時刻に処理を行う
  • 猶予時間を持たせての処理実行

一定パターンでの処理実行

sleep関数を使用して、定期的な間隔でタスクを実行できます。

サーバーへの定期的なデータ送信や、ログファイルの定期的なチェックなど、多くのシナリオで役立ちます。

import time

for i in range(5):
    print(f"Iteration {i+1}")
    time.sleep(2)

2秒ごとに反復回数を出力します。

特定の時刻に処理を行う

ある特定の時刻に処理を実行する必要がある場合、sleep関数を使用してそれを実現できます。

import time
import datetime

target_time = datetime.datetime(2023, 7, 6, 15, 30)
while datetime.datetime.now() < target_time:
    time.sleep(1)

print("Target time reached, executing the task...")

指定された日時まで1秒ごとに待機し、目標時刻に到達したらタスクを実行します。

猶予時間を持たせての処理実行

外部サービスやリソースへのアクセスを一時的に待たせる必要がある場合、sleep関数を使用してプログラムに猶予時間を持たせることも可能。

import time

try:
    # 外部リソースへのアクセス
    pass
except Exception:
    print("Failed to access the resource, retrying in 5 seconds...")
    time.sleep(5)
    # retry code

このコードは、リソースへのアクセスが失敗した場合、5秒間待ってから再試行します。

sleep関数の実装: 実際のコード

こちらでは、sleep関数の具体的な実装例についてお伝えします。

  • sleep関数の基本的な書き方
  • 周期的な処理を書く方法
  • 予約機能の実装
  • 処理開始の遅延について

sleep関数の基本的な書き方

sleep関数を使用は、以下の手順です。

  • timeモジュールをインポートする
  • time.sleep()関数に秒数を引数を渡す
import time

print("Hello")
time.sleep(3)  # Wait for 3 seconds
print("World")

周期的な処理を書く方法

forループやwhileループを使用して、sleep関数を周期的に呼び出せます。

一定の間隔で処理を繰り返すのです。

import time

# 1秒ごとに1-5の数字を出力する
for i in range(1, 6):
    print(i)
    time.sleep(1)

予約機能の実装

sleep関数を使用して、指定した時間に処理を開始する予約機能を実装できます。

import time
import datetime

# コードを実行する時間を指定する(時、分)
run_at_hour = 14
run_at_minute = 30

# 遅延時間を計算する
current_time = datetime.datetime.now()
run_at_time = current_time.replace(hour=run_at_hour, minute=run_at_minute)
delay = (run_at_time - current_time).total_seconds()

# コードの実行を遅延させる
time.sleep(delay)

# 指定した時間にコードを実行する
print("指定した時間にコードを実行しています!")

処理開始の遅延について

コードの実行を遅らせることは、外部サービスのレート制限を回避するためや、同期の問題を解消するために有用です。

import time

# 処理の開始を10秒遅らせる
time.sleep(10)

# 遅延後に実行するコード
print("処理が開始されました...")

sleep関数について深掘り: よくある質問

こちらでは、sleep関数に関するよくある質問についてお伝えします。

トラブルがおこるまえに、事前に確認しておきましょう。

  • sleep関数の精度について
  • sleep関数中に例外が起こった場合の対処

sleep関数の精度について

sleep関数の精度は、実行しているオペレーティングシステムやハードウェアに依存します。

一般的に、非常に短い期間(例:1ミリ秒以下)の待機にはsleep関数は最適ではなく、より高精度のタイマーを検討しましょう。

精度が高いとされるperf_counterメソッドの具体例などはこちらをどうぞ。

sleep関数中に例外が起こった場合の対処

sleep関数の実行中に、キーボードの割り込みなどにより例外が発生することがあります。

このような場合、適切な例外処理を記述しましょう。

import time

try:
    time.sleep(10)
except KeyboardInterrupt:
    print("ユーザーによってsleepが中断されました")

ユーザーによるキーボードの割り込みを処理しています。

Pythonとsleep関数: 実用例と応用

こちらでは、Pythonのsleep関数を使用した実用例と応用についてお伝えします。

  • ミリ秒単位でのsleep関数使用例
  • for文と組み合わせたsleep関数の使用

ミリ秒単位でのsleep関数使用例

Pythonのsleep関数は秒単位で動作しますが、小数を引数として渡すことでミリ秒単位での精度も可能です。

import time

# 500ミリ秒待機する
time.sleep(0.5)

for文と組み合わせたsleep関数の使用

for文と組み合わせて、反復ごとに一定の時間待機させることも可能です。

これは、定期的な監視やデータ収集のために役立ちます。

import time

# 2秒の間隔で1から5までの数字を表示する
for i in range(1, 6):
    print(i)
    time.sleep(2)

まとめ: Pythonの待機処理の最適化

Pythonのsleep関数は、コード内でプログラムの一時停止を行うシンプルな方法です。

sleep関数により、以下のようなことが可能です。

  • プログラムを一時的に遅延させる
  • 周期的なタスクを実行する
  • 特定の時刻にコードを実行する

ただし、非常に短い期間の待機や高精度のタイミングが必要な場合には、他の手法を検討する必要があるかもしれません。

またネットワーク通信や外部サービスとのやりとりを含むコンテキストで使用する際には、適切なエラーハンドリングも必要です。

Pythonを使って効率的なコードを書くためには、sleep関数だけでなく、その他の関数やモジュールも理解しておくとよいでしょう。

【保存版】Pythonのtry-except文をマスター|実例付
Pythonのtry-exceptについて知りたいですか?当記事では、Pythonのtry-exceptの基本的な使い方や実践的な例を詳細に解説しています。さまざまなケースに合わせたコードを載せているので、初心者の方でもすぐに使いこなせるはず。初心者の方は必見です。

Pythonとsleep関数を活用して、効果的で洗練されたプログラムを作成しましょう。

タイトルとURLをコピーしました