TypeScriptにおけるDateオブジェクトの取り扱い方法

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年12月)

✔当記事は次のような疑問を持つ方々におすすめです


「TypeScriptで日付を扱うにはどうしたらいいの?」


「TypeScriptでのdateオブジェクトの使い方を学びたい」


「TypeScriptを使った日付操作の具体的な例が見たい」


✔当記事でお伝えする内容

  • TypeScriptにおける日付操作の基礎知識

  • dateオブジェクトの効果的な使い方とテクニック

  • 実際のTypeScriptコードによる日付処理のサンプル


当記事では、TypeScriptにおけるdateオブジェクトの扱い方を初歩から応用まで、豊富なコード例を交えつつ丁寧にご説明します。

プログラミングでの日付操作がこれまでになくスムーズになるよう、さまざまなシナリオを網羅していきますので、ぜひ記事の最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

はじめに: 日付操作の基本

こちらでは、日付操作の基本についてお伝えしていきます。

TypeScript上で日付を効率的に扱う方法を理解することは、開発の効率化やバグの軽減に役立つでしょう。

  • TypeScriptで安全に日付を扱う方法を理解する
  • TypeScriptとJavaScriptの日付処理の違い

TypeScriptで安全に日付を扱う方法を理解する

TypeScriptを使って日付を安全に扱うには、正しいDateオブジェクトの生成と操作方法を知ることが重要です。

例えば、新しい日付オブジェクトを生成するには 以下のように書きます。

const currentDate = new Date();

この基本を押さえることで、TypeScript特有の型の安全性と恩恵を受けながら日付操作ができるようになるでしょう。

TypeScriptとJavaScriptの日付処理の違い

TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットであるため、日付処理の基本的な部分はJavaScriptと共通です。

TypeScriptでは型の安全性を加えられます。

例えば、TypeScriptでは関数に日付を引数として渡す際に型注釈を使用し、型安全を保ちながらの日付処理が可能です。

function addDays(date: Date, days: number): Date { 
  /* ... */ 
}

JavaScriptではこのような型の保証がありません。

この違いを理解することは、TypeScriptを使った開発で非常に役立ちます。

TypeScriptのDateオブジェクト入門

こちらではTypeScriptのDateオブジェクトの基本について紹介します。

これを理解することで、より安全にかつ強力に日付を操作できるようになるでしょう。

  • Dateオブジェクトの簡潔な説明
  • TypeScriptでの型の重要性とDate
  • Dateオブジェクトの利点と可能性

Dateオブジェクトの簡潔な説明

Dateオブジェクトは、JavaScriptで日付と時刻を扱うためのオブジェクトです。

TypeScriptでも同様に使用でき、new Date() のようにして生成できます。

Dateインスタンスを通して、現在の時刻や特定の日付を取得・設定が可能。

具体的なメソッドには .getFullYear().setMonth(month) などがあり、これらを使って日時の詳細な操作をおこないます。

TypeScriptでの型の重要性とDate

TypeScriptでは、Dateオブジェクトを扱う際も型の安全性を保てます。

例えば、関数の引数や戻り値にDate型を明示することで、期待される値がDateオブジェクトであることをコード上で保証できます。

function formatDate(date: Date): string { 
  /* ... */ 
}

ランタイムエラーを回避しやすくなるため、堅牢なアプリケーション開発につながります。

Dateオブジェクトの利点と可能性

Dateオブジェクトを使用する最大の利点は、日付や時刻を統一された方法で簡単に操作できる点です。

また、さまざまなメソッドを駆使して、日時を加算したり比較したりする複雑な処理もスムーズに実行できます。

さらに、Timezoneの変換や、多言語の環境への対応などの可能性もひらけるでしょう。

Dateオブジェクトの生成

日付を扱うにはまずDateオブジェクトを適切に生成する必要があります。

ここではその方法を解説します。

  • 現在日時の取得
  • 特定日時の設定方法
  • 過去や未来の日付オブジェクト

現在日時の取得

現在の日時は、new Date() を使って瞬時に取得できます。

生成したインスタンスは、その時点でのローカル時刻を反映。

例えば、以下のコードは現在日時を変数 currentDate に格納しています。

const currentDate = new Date();

これを基に、現在に関する操作や計算をおこなえます。

特定日時の設定方法

特定の日時を設定するには、Dateオブジェクトのコンストラクタに年、月、日、時、分、秒を指定して渡します。

JavaScriptでの月の指定は0から始まるため、「1月」は0となりますので注意が必要です。

たとえば2023年1月1日を指定する場合、以下のように記述します。

const newYearDate = new Date(2023, 0, 1);

こうして生成されたDateインスタンスは、特定の日時を表現し、それを基準にさまざまな日付操作がおこなえます。

過去や未来の日付オブジェクト

過去や未来の日付のオブジェクトを生成するにも同じコンストラクタを使います。

たとえば、100日後の日付を取得するには、現在日時のミリ秒表現に対して100日分のミリ秒を加算します。

以下のコードはその一例です。

const futureDate = new Date(Date.now() + 100 * 24 * 60 * 60 * 1000);

これによって、期限やスケジュール管理が必要なアプリケーションでの利用が可能です。

日時の取得と設定

Dateオブジェクトが生成された後は、その日時情報の取得と設定が可能になります。

具体的な方法を見ていきましょう。

  • 年の取得と設定
  • 月の取得と設定
  • 日付の取得と設定
  • 曜日の情報
  • 時間の取得と設定
  • 分・秒の取得と設定

年の取得と設定

Dateオブジェクトの getFullYear() メソッドを用いることで、オブジェクトが表す年を取得できます。

const year = currentDate.getFullYear();

currentDate の年を変数 year に格納します。

設定する際には setFullYear() メソッドを使用し、以下のようにすれば、currentDate の年は2024年に更新されます。

currentDate.setFullYear(2024);

月の取得と設定

月は0から始まるため、getMonth() メソッドの結果に1を足す必要があります。

const month = currentDate.getMonth() + 1;

逆に設定する場合は、これを考慮して setMonth() メソッドに0から11までの値を渡します。

日付の取得と設定

日付の取得には getDate() メソッドを使用して、今日の日付が取得できます。

const day = currentDate.getDate();

日付の設定は setDate() メソッドで、以下のようにおこないます。

currentDate.setDate(15);

曜日の情報

曜日は getDay() メソッドで取得でき、このメソッドは0(日曜日)から6(土曜日)の値を返します

そのため、曜日の名前を取得するためには別途処理が必要です。

時間の取得と設定

時間は getHours() で取得し、設定は setHours() でおこないます。

const hours = currentDate.getHours();

もしくは以下などとします。

currentDate.setHours(9);

分・秒の取得と設定

分は getMinutes()、秒は getSeconds() で取得し、同様に設定もそれぞれ setMinutes(), setSeconds() を使います。

秒の精度で時間を設定する例としては 以下のような形です。

currentDate.setMinutes(45);
currentDate.setSeconds(30);

日付の操作と比較

日付オブジェクトを使った計算や、日付間の比較方法について解説します。

  • 日付の加減算
  • 日付の比較テクニック
  • 特定の期間間での日付処理

日付の加減算

日付の加減算は、 Date オブジェクトのミリ秒変換を利用します。

例を挙げると、現在日時に7日を加えたい場合は以下のとおり。

const oneWeekLater = new Date(currentDate.getTime() + 7 * 24 * 60 * 60 * 1000);

この操作はイベントのスケジューリングやリマインダー機能を実装する際にとくに有用です。

日付の比較テクニック

日付を比較する時も、ミリ秒単位の数値に変換してからおこないます

例えば以下は、currentDateanotherDate よりも後かどうかを判断するコードです。

if (currentDate.getTime() > anotherDate.getTime()) {
 /* ... */ 
}

このようにして期限切れの確認や期間の有効性のチェックがおこなえます。

特定の期間間での日付処理

期間を指定してその範囲内の日付を処理する際にも getTime() メソッドが有効です。

期間の開始日と終了日のオブジェクトを取得し、その範囲に所定の日付が含まれているかを判断できます。

例えば、ある日付 someDate が期間内にあるかどうかは、以下の形で確認可能です。

if (startDate.getTime() <= someDate.getTime() && someDate.getTime() <= endDate.getTime()) { /* ... */ }

日付の形式とパース

表示用の日付形式への変換や、文字列から日付への変換方法について説明します。

  • 文字列から日付への変換
  • 日付から文字列への変換
  • 日付フォーマットの注意点

文字列から日付への変換

文字列形式の日付からDateオブジェクトへの変換は new Date(dateString) のようにおこないます。

ただし、文字列のフォーマットが守られていることが前提です。

const meetingDate = new Date('2023-04-30');

指定された文字列をDateオブジェクトに変換します。

日付から文字列への変換

Dateオブジェクトから文字列へは toDateString()toISOString() などのメソッドが利用できます。

const dateString = currentDate.toISOString();

currentDate をISO 8601フォーマットの文字列に変換します。

日付フォーマットの注意点

異なるロケールやフォーマットで日付を解釈する際には注意が必要です。

例えばアメリカでは月/日/年の形式が一般的ですが、多くの他国では日/月/年の形式を採用しています。

また、ISO 8601形式 (YYYY-MM-DD) は国際標準で、プログラム間の日付交換に推奨されるフォーマットです。

適切なフォーマットを選ぶことは、国際的なアプリケーションで重要となります。

タイムゾーンとローカライゼーション

日付と時刻の表示においてタイムゾーンとローカライゼーションは非常に重要です。

ここではこれらの扱い方について説明します。

  • タイムゾーンの基礎知識
  • タイムゾーンによる問題への対応
  • ローカライゼーションのベストプラクティス

タイムゾーンの基礎知識

タイムゾーンは、地理的な場所によって異なる時刻を定義するもの。

世界中で使われている標準時をUTC(協定世界時)といい、それに対するオフセットで地域ごとの時間が決まります。

Dateオブジェクトはデフォルトでローカル時刻を使用しますが、.toUTCString().getTimezoneOffset() のようなメソッドで、UTC時刻へ変換したりオフセット値を取得したりも可能です。

タイムゾーンによる問題への対応

タイムゾーンによる問題に対処するためには、常にUTC時刻で計算することが基本です。

これにより、ローカル時刻の違いによるバグを避けられます

またユーザーインターフェースでローカルタイムゾーンの日時を表示する場合は、ブラウザの機能やライブラリを使用してユーザーのタイムゾーンに適応させます。

ローカライゼーションのベストプラクティス

ローカライゼーションとは、アプリケーションを異なる地域や言語のユーザーに適応させるプロセスです。

日付や時刻のフォーマットは地域によって異なるため、グローバル向けのアプリケーションでは Intl.DateTimeFormat() コンストラクタを利用して、ユーザーのロケールに基づいたフォーマットで日時を表示します。

const formatter = new Intl.DateTimeFormat('ja-JP');
console.log(formatter.format(currentDate));

日本のロケールに基づく日付表記を得られます。

TypeScriptにおけるDateのベストプラクティス

ここのパートではTypeScriptでのDate操作におけるベストプラクティスに焦点を当てます。

  • 日付のバリデーション
  • タイムゾーンの扱い
  • UTCとローカル時刻の変換

日付のバリデーション

型安全性を築くため、TypeScriptでは日付のバリデーションが不可欠です。

日付が有効であることを確認するには isNaN() 関数を用います。

isNaN(new Date(dateString).getTime())

true を返すなら、不正な日付であると判断します。

この手法を使用して、ユーザー入力の検証やAPIからの日付データのチェックをおこないます。

タイムゾーンの扱い

TypeScriptではタイムゾーンを明示的に扱え、通常は第三者のライブラリを使用してタイムゾーンを管理します。

たとえば moment-timezonedate-fns-tz はタイムゾーンを扱う際に有用です。

これらのライブラリを利用することで、時間計算やフォーマット時のタイムゾーンエラーを減らせます。

UTCとローカル時刻の変換

UTC時刻とローカル時刻の変換はよくある処理で、この変換を正確におこなうことはデータの整合性に直結します。

UTC時刻からローカル時刻へは toLocalString() メソッドを用いて変換をおこない、逆のローカル時刻からUTCへはカスタム処理やライブラリを使用可能です。

それぞれ適切なメソッドを選択することでバグや時差の問題を回避できます。

実践例:TypeScriptで予定表アプリを作成

実践的なアプローチを経験するため、TypeScriptで予定表アプリを作成する方法を紹介します。

  • 予定入力のための日付の選択
  • 予定の日時情報の加工
  • アプリ内での日付の表示とフォーマット

予定入力のための日付の選択

予定表アプリでは、ユーザーが日付を選択できるUIコンポーネントが必要です。

DateオブジェクトとカレンダーUIを結びつけることで、ユーザーの選択に応じた予定の日時を設定できるようになります。

例えば <input type="date"> タグを使用し、選択された日付を new Date(event.target.value) でDateオブジェクトへ変換することが可能です。

予定の日時情報の加工

入力された日時情報では、さまざまな処理をおこなう必要があります。

リマインダー機能を追加するには、指定した時刻の数分前に通知を出すなどの加減算が必要です。

また予定の持続時間を表示するには、以下のようにして終了時刻を算出します。

new Date(startDate.getTime() + durationInMilliseconds)

アプリ内での日付の表示とフォーマット

アプリ内での日付表示は、ユーザーが理解しやすいようにフォーマットする必要があります。

これには先述の Intl.DateTimeFormat() が役立ち、ロケールに応じた日時表示が可能です。

さらに、曜日や時間を強調するなど、表示のカスタマイズが求められることもあります。

まとめ:TypeScriptでDateオブジェクトを安全に扱う

当記事では、TypeScriptでのDateオブジェクトについて学習してきました。

  • TypeScriptでのDateオブジェクトの生成
  • 取得と設定の方法
  • 操作と比較
  • 形式とパース
  • タイムゾーンとローカライゼーション
  • 実践的な予定表アプリの開発手法

これらの基本を理解し適用することで、日付と時刻を安全にかつ効果的に取り扱えます。

開発の最終段階では、日付関連の処理に関する以下のチェックリストを参考にしてください。

  • 全ての日付が適切にバリデーションされているか
  • タイムゾーンの扱いが正しいか
  • ユーザーのローカルに合わせた日付フォーマットが利用されているか
  • UTCとローカル時刻の変換が適切に行われているか

これらの点を確認することで、ほとんどの日付関連の問題を未然に防げるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました