TypeScriptのPlaygroundで手を動かしながら学習しよう

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年11月)

以下のような疑問をお持ちの方に向けて書かれています

「TypeScript Playgroundで実験的なコーディングをしたいが、どのように利用するの?」

「TypeScript Playgroundの各機能について詳しく理解したい」

「具体的なコード例を使って、TypeScript Playgroundの活用法を学びたい」

当記事でお伝えすること

  • 基本的な概要から便利な機能の使い方
  • プレイグラウンドでのコードテストのコツ
  • TypeScriptで使える実践スキル

当記事を最後まで読んでいただければ、あなたもTypeScript Playgroundを駆使するスキルが身につき、どんなコードも手早くトライアルできるようになるはずです。

それでは始めましょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

TypeScript Playgroundって何?

こちらでは、TypeScript Playgroundについてお伝えしていきます。

TypeScript Playgroundを理解することで、効率的にTypeScriptの学習を進められるでしょう。

  • TypeScriptとは:基本概要
  • Playgroundのできること
  • Playgroundの利用制限
  • Playgroundのアクセス方法

TypeScriptとは:基本概要

TypeScriptは、Microsoftによって開発されたJavaScriptに型を加えたプログラミング言語です。

JavaScriptに静的型付けを導入することで、コードの正確性を高められます。

例えば、以下のように変数に型を指定できるのです。

let message: string = 'Hello, TypeScript!';

初心者にとっても、予期しないエラーを減らし、より安全なコードを書くために役立ちます。

Playgroundのできること

Playgroundは、ブラウザ上で直接TypeScriptのコードを書き、実行結果を確認できるオンラインエディタです。

このツールを使えば、環境構築なしにTypeScriptのテストやデバッグが可能となります。

エラーのインライン表示やコードの自動補完機能が提供され、開発プロセスが一段とスムーズです。

Playgroundの利用制限

TypeScript Playgroundは、とても便利なツールです。

オフラインでの使用はできませんし、大規模なプロジェクトを扱うには適していません。

また、利用者が多い時間帯などでは、レスポンスが遅くなる可能性がある点に注意が必要です。

Playgroundのアクセス方法

Playgroundにアクセスするにはインターネットが繋がっている環境で、WebブラウザからPlaygroundの公式サイトに訪れるだけです。

サイトにアクセスすると、すぐにコードを記述できるエディタが表示されます。

これで準備は完了です。

さあ、TypeScriptの冒険を始めましょう!

Playgroundの活用指南

ここでは、TypeScript Playgroundを活用して、コードの書き方から共有までを習得していきましょう。

これらのスキルは、Playgroundを最大限に利用してTypeScriptの経験を積むために欠かせません。

  • 基本的な関数の作成とテスト
  • コードのシェア方法
  • 簡単なクラスとインターフェイスを試そう

基本的な関数の作成とテスト

Playgroundでは、次のように簡単な関数を書いて、その振る舞いをすぐにテストできます。

例えば、足し算をおこなう関数は以下のように書きましょう。

function addNumbers(a: number, b: number): number {
   return a + b;
}
console.log(addNumbers(1, 2)); // 出力される結果は 3

このコマンドをPlaygroundに貼り付けて実行すると、結果がすぐに確認できます。

初心者でもすぐに試せるので、是非実際にコードを入力し、結果を見て理解を深めてください。

コードのシェア方法

Playgroundでは、コードを書いた後、「Share」ボタンをクリックすることで簡単に他人と共有できます。

共有されたURLを通じて、ほかの人があなたのコードを閲覧したり、編集を加えたりが可能です。

コードレビューを求めたり、チームでのコラボレーションをおこなったりする際に非常に役立ちます。

簡単なクラスとインターフェイスを試そう

TypeScriptの強力な機能の一つに、クラスとインターフェイスがあります。

Playgroundで次の例のように簡単なクラスを作成し、インターフェイスを実装してみましょう。

interface Person {
    name: string;
    age: number;
}

class Employee implements Person {
    constructor(public name: string, public age: number, public jobTitle: string) { }
}

let employee = new Employee('John Doe', 28, 'Web Developer');
console.log(employee); // { name: 'John Doe', age: 28, jobTitle: 'Web Developer' }

このコマンドをPlaygroundに入力すれば、TypeScriptのオブジェクト指向のコーディングスタイルを練習することが可能です。

実践!開発環境を整えてTypeScriptを始めよう

あなたはすでにPlaygroundを通じてTypeScriptを試してきましたが、本格的に開発を始めるにはローカル環境の準備が重要です。

ここでは、ローカルの開発環境をセットアップし、実際にプロジェクトを始める方法について学びます。

  • はじめの一歩:ローカル開発環境のセットアップ
  • Visual Studio Codeでの効率的なTypeScript利用
  • TypeScriptプロジェクトの開始手順

はじめの一歩:ローカル開発環境のセットアップ

ローカル環境でTypeScriptを使うには、以下のステップが必要です。

  • Node.jsをインストール
  • npm(Node Package Manager)をインストール
  • TypeScriptをインストールする

コマンドラインで以下のコマンドを実行するとTypeScriptがインストールされます。

npm install -g typescript

このコマンドにより、グローバルにTypeScriptコンパイラ(tsc)がインストールされます。

これを使って、.tsファイルを.jsファイルにコンパイルできるのです。

Visual Studio Codeでの効率的なTypeScript利用

Visual Studio Code(VS Code)は、TypeScriptを使う開発者にとって最も便利なエディタのひとつです。

このエディタはTypeScriptをネイティブにサポートしており、以下のような便利な機能を備えています。

  • 自動補完
  • コードナビゲーション
  • リファクタリング

VS Codeには、TypeScript Language Serviceが組み込まれており、エラーチェックやコードの提案がリアルタイムでおこなわれます。

これにより、さらに滑らかな開発体験を実現できるでしょう。

TypeScriptプロジェクトの開始手順

新しいTypeScriptプロジェクトを始めるためには、新しいディレクトリを作成し、そこで以下のコマンドを実行して必要なファイルを生成します。

tsc --init

このコマンドはtsconfig.jsonという設定ファイルを生成し、プロジェクトのコンパイルオプションをカスタマイズできます。

その後、.tsファイルを作成し、tscコマンドを実行することでJavaScriptにコンパイルし、プロジェクトを開始しましょう。

より深く使いこなす:Playgroundの実行・確認機能

ここでは、これらの機能を深く理解し、より高度な利用方法を学びます。

実行や確認のための機能が充実しており、プログラミングスキルの向上には欠かせないツール。

TypeScript Playgroundは単なるエディタ以上のものです。

  • 実行結果をチェック
  • コンパイル結果の検証
  • エラー解析の進め方
  • 型の詳細とその確認

実行結果をチェック

Playgroundの右側パネルでは、書かれたコードの実行結果を確認できます。

実行結果はリアルタイムで更新されるため、コードの変更がすぐに反映されるのが特徴。

この機能を使えば、関数やアルゴリズムが予想通りに動作するかを素早く検証することが可能です。

コンパイル結果の検証

TypeScriptのコードはJavaScriptにコンパイルされるため、どのように変換されるかの理解が重要です。

Playgroundでは、書かれたTypeScriptのコードがどのようにJavaScriptに変換されるかをサイドバイサイドで確認できます。

これは、TypeScriptの様々な機能がJavaScriptでどのように実現されているかを理解するのに有用です。

エラー解析の進め方

コードにエラーがあるとき、Playgroundは該当箇所に赤い下線を表示します。

エラーメッセージは、カーソルをエラー箇所に合わせることでポップアップ表示され、具体的な修正方法のヒントも提供されます。

これにより、どのようなエラーが発生しているのか、そして具体的にどう修正するべきかを簡単に把握することが可能です。

型の詳細とその確認

TypeScriptの最大の特徴は静的型システムです。

Playgroundでは、変数や関数の上にマウスカーソルを合わせることで、期待される型情報を確認できます。

これは特に複雑なオブジェクトやカスタム型を使う場合に有用で、どのような値が許可されているのかを瞬時に理解する手助けとなります。

プロジェクトとコミュニティーへのコード共有

こちらでは、作業したコードをどのように共有し、ほかの開発者との繋がりを築いていけるかを探っていきましょう。

あなたのコードはもはや個人のものだけではありません。

Playgroundを通して、世界中の開発者達との共有、コラボレーションが簡単におこなえます。

  • 作業コードの共有
  • 共有オプションの多様性
  • オンラインでのフィードバックとコラボレーション

作業コードの共有

Playgroundで作成したコードは、「Share」ボタンをクリックするだけで簡単に共有できます。

これにより生成されたURLを通じて、他の人があなたのコードを実行したり、編集したりすることが可能。

また、この共有機能はチュートリアルやブログでのコードスニペットの提示にも適しています。

共有オプションの多様性

Playgroundでは、共有オプションも豊富です。

単純なURL共有から、GitHubやCodeSandboxといったプラットフォームへのエクスポートできます。

これにより、異なる環境やコンテキストでの利用が簡単になり、広範囲にわたるコードの発信が可能です。

オンラインでのフィードバックとコラボレーション

共有したコードに対するフィードバックを受けたり、オンラインフォーラムやチャットルームでのディスカッションに参加することで、コラボレーションを深められます。

例えば、Stack OverflowやTypeScriptの公式コミュニティでは、さまざまなスキルレベルの開発者が協力する機会が豊富にあります。

これにより、非常に有意義な学習体験が得られるでしょう。

Playground設定のカスタマイズ

TypeScript Playgroundは、初心者から上級者にまでフィットするように、豊富な設定オプションを提供しています。

自分仕様の開発環境を作るための設定は、生産性向上にもつながります。

次に、いくつかのカスタマイズ可能な設定について解説します。

  • TypeScriptバージョンの調整
  • TS Configのカスタム設定
  • 外部ライブラリと型定義ファイルの利用

TypeScriptバージョンの調整

Playgroundでは、複数のTypeScriptバージョンから選択して実験できます。

画面の右下の「Settings」ボタンをクリックし、「TypeScript Version」のドロップダウンメニューから目的のバージョンを選ぶだけで、簡単に切り替えられます。

これによりさまざまな機能をテストでき、異なるプロジェクト環境に合わせて最適なバージョンの選定が可能です。

TS Configのカスタム設定

TypeScriptプロジェクトでは、tsconfig.jsonを使ってさまざまなコンパイラオプションをカスタマイズできます。

Playgroundも例外ではありません。

右下の「Settings」アイコンから「TS Config」を開き、例えば"noImplicitAny": true"strictNullChecks": trueといった厳格な型チェックを有効にすることで、より堅牢なコードを書く練習ができます。

初心者でも、これらの設定を変更してコードの挙動を観察することで、TypeScriptの理解を深められるでしょう。

外部ライブラリと型定義ファイルの利用

Playgroundでは、人気のあるJavaScriptライブラリやフレームワークを試せます。

@typesとして公開されている型定義ファイルを使えば、ReactやLodashなどのライブラリの安全な使用も可能。

画面上部の「Options」から「Import Type Declaration」を選択すると、使用したいライブラリの型定義をインポートできます。

これにより、外部のコードを活用しつつ、TypeScriptの素晴らしいタイプセーフティを堪能できるでしょう。

まとめ

当記事では、TypeScript Playgroundの使い方について学習してきました。

今後もTypeScriptとPlaygroundを利用することで、より効率的に高品質なコードを書く力が身に付いていくでしょう。

ここまでPlaygroundの基礎から応用まで幅広い機能を見てきました。

初心者向けの基本的なコードの書き方から、共有、コンパイル、カスタマイズ設定、甚だしいエラーの解析まで、さまざまな局面でPlaygroundを活用する技術が手に入りました。

当記事で学んだ内容をさらに掘り下げたい場合、公式のTypeScriptドキュメンテーションや関連のオンラインチュートリアルは貴重なリソースとなります。

また、CodecademyやfreeCodeCampなど、数多くのウェブサイトが無料でTypeScriptのコースを提供しているため、積極的に活用してスキルセットを拡張していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました