【実例付】APIとは?活用方法や構築の手順まで丁寧に解説

Web

(最終更新月:2022年12月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「APIって何?」

「API連携を具体例付きで説明してほしい」

「APIって自分で開発できるのだろうか?」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • APIで知っておくべき基礎知識
  • APIを活用する方法
  • APIの構築方法・手順

当記事では、APIとは何かについての解説はもちろん、一般的な事例を用いて、活用する方法や、自身で構築する方法までそれぞれ解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

✔当記事の信頼性

当ブログでは、Webアプリを開発・公開する方法をご紹介しています。

その中でご紹介してるWebアプリのひとつは、Django REST Frameworkで自作したAPIを使ったものです。

Fun Tools
ReactとDjangoで作成したWebアプリです。便利なツールを揃えているので、ぜひ立ち寄ってみてください。作り方はブログで紹介しています!

APIの構築を通じて学んだことをこちらでご紹介していきます。

APIについて知っておくべき基礎知識3選

こちらではまず、APIについて知っておくべき基本事項をお伝えします。

APIとはよく聞くけれど、実際の定義などを明確に答えるのはなかなか難しいからです。

  • APIとは?
  • API3つの種類
  • API連携とは?
  • APIの事例

APIとは?

APIとは、Application Programming Interfaceの頭文字を繋いだもので、アプリケーションプログラムとの接点などと訳せます。

アプリケーション利用者と提供者それぞれのソフトウェアをつなぐことで、既存のプログラムが持つ機能を使えるようするのが役割です。

例えば、以下のようなAPIが身近に存在しています。

  • Twitter API
  • Google Map API
  • LINE Messaging API

あるプログラムから、別のプログラムの機能を使いたいときにAPIを活用するのです。

API3つの種類

APIには以下の種類があります。

  • Web API
  • OS API
  • プログラム(ランタイム) API

GoogleやAmazonなどが提供しているのはWeb APIですが、プログラムの機能などにより、異なる種類のAPIが存在するのです。

API連携とは?

API連携とは、実際にAPIを通して、プログラム同士を連携させること。

APIを活用することで、一からプログラムを構築する必要がなく、既存の機能を流用して新しいアプリケーションが作れるのです。

例えば、以下のページではTwitterのAPIを活用し、リアルタイムでトレンドを地域別に取得できるアプリケーションです。

Fun Tools
ReactとDjangoで作成したWebアプリです。便利なツールを揃えているので、ぜひ立ち寄ってみてください。作り方はブログで紹介しています!

詳しくは次章以降で解説していきます。

APIの事例

APIの事例をご紹介します。

APIの事例を理解することで、より具体的にどのように役立っているかがわかるでしょう。

フロントエンドなどの構築を練習するのに以下のような無料APIサービスがあります。

SWAPI - The Star Wars API

スターウォーズに出てくる人や乗り物などがJSON形式のデータで返される簡単なAPIです。

REACTを使っての利用方法は以下の記事でも解説しています。

APIの活用方法

こちらでは、Twitterの出しているAPIを例として、活用方法を見ていきましょう。

実際に使ってみなければ、どのようなものかがわからないからです。

TwitterAPIを使うための手順は以下のとおりです。

  1. Twitter APIサービスへ登録する
  2. APIキーをサービスから取得する
  3. 開発しているプログラムからAPIサービスへアクセスする
  4. 必要な情報や機能を取得する

詳しい登録方法や使い方はこちらでご紹介しています。

✔Twitter APIへの登録方法

✔Twitter APIを実際に使う方法(Python言語)

API開発・構築について知っておくべきこと3つ

APIを開発したい・構築したい方に向けて、知っておくべき事項を3つご紹介します。

作ってみると難しくないものの、前提として必要な知識があるからです。

  • API開発に必要なプログラミングスキル
  • API認証3つの方式
  • APIセキュリティ

API開発に必要なプログラミングスキル

APIを開発するのに使える主な言語は以下の3つ。

  • Python
  • JavaScript
  • PHP

プログラミング言語の知識だけでなく、フレームワークについても知っておく必要があります。

最近ではノーコードで開発できるサービスも出てきているので、プログラミングが苦手な方はノーコード開発プラットフォームを活用するのもおすすめです。

API認証3つの方式

API認証には以下の方式が存在します。

  • HTTP方式:主にパスワードを使う方法
  • APIキー認証:サービスから提供されたキーを使用する方法
  • Form認証・アクセストークン認証:パスワードにより、トークンを取得し使う方法

APIの認証方法により、利便性やセキュリティ性が異なります。

またAPIサービスの提供側で複数のサービスを提供している場合などはアクセストークンによる認証が有効です。

APIセキュリティ

APIセキュリティには、主に以下の2つの側面があります。

  • 利用者側のプログラムにおけるAPIセキュリティ
  • 提供者側のAPIサービスのセキュリティ

APIの利用時には個人情報などを取り扱う場合もあります。

さまざまなリスクを鑑みて、プログラム開発に臨むべきといえるでしょう。

APIの構築手順

こちらでは、Python言語を使ってAPIを構築する手順をご紹介します。

Python言語をベースとしたDjangoフレームワークの「Django REST Framework」を使っています。

  1. APIのエンドポイント(URL)を決定する
  2. どのようなデータを受け取るかを決める
  3. 受け取ったデータの処理をする
  4. 処理をしたデータをレスポンスで返す

詳しいAPIの構築方法はこちらの記事で、サンプルのコードを含めてご紹介しています。

Django REST Frameworkについてはこちらをご覧ください。

まとめ:APIを活用することで、外部のプログラム機能を流用できる

当記事の内容をまとめます。

  • APIとは、プログラムとプログラムを繋ぐ接点のこと
  • APIを活用すれば、さまざまな機能を簡単に実装できる
  • Webアプリを作りたいなら、APIについて詳しくなることは必須

さまざまなWebアプリケーションでは、APIが提供されています。

APIを活用することで、あなた自身のアプリにその機能を実装することができるのがメリットです。

ぜひいろいろな機能を探して、あなたのアプリをより魅力的なものにしてください。

また以下のページでは、自作したAPIプログラムを公開しています。

https://api.itc-app.site/api-practice/plus/

構築方法やそのコードはこちらの記事をご覧ください。

✔当ブログは以下のような方に向けて書かれています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」

「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

✔当ブログ掲載の記事

  • Djangoで作る日報アプリ開発
  • WebアプリをWeb上に公開する方法
  • Webアプリ開発に必要なそのほかの情報
【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

ITCブログにご協力いただける方は、以下もご検討いただけると嬉しいです。

ITCへ投げ銭をする

タイトルとURLをコピーしました