【Django】データベースからデータを取得してブラウザに表示する「objects.all」と「objects.get」

データをリストで表示Django

(最終更新月:2021年11月)

✔当記事はこのような方に向けて書かれています

「HTMLページの表示方法は理解した!」

「HTMLファイルとPythonファイルの連携はなんとなくわかってきた!」

✔当記事でお伝えすること

  1. データベースからデータをすべて取得する
  2. データベースから特定のデータを取得する
  3. 取得したデータを表示する

Djangoで言われるCRUDのうちのR(Read:参照)についての記事となります。

  • objects.allで取得した複数の値は「リストビュー」として
  • objects.getで取得した単一の値は「ディテールビュー」として

【著者プロフィール】

profile_icon
【Python歴】11年 x 【Django歴】10年
HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

当ブログを通じて、Webアプリの書き方やアプリの公開方法までを解説しています。

☆日報アプリ「D-Repo」(デモ版)→こちら

※Djangoをベースに作成したアプリです。

☆便利ツールアプリ「Tool Station」→こちら

※Django REST frameworkとReactで作成しているアプリです。

さいしょに

データベースにデータを複数追加します。(目安は4つ!)

Django create 4 objects for nippo

複数用意できましたら先へ進んでください。

データを全て取得する「objects.all」

views.py内の関数で記述していきます。

【nippoListView】

from django.shortcuts import render
from .models import NippoModel

def nippoListView(request):
    template_name = "nippo/nippo-list.html"
    ctx = {}
    qs = NippoModel.objects.all()
    ctx["object_list"] = qs

    return render(request, template_name, ctx)

qs = NippoModel.objects.all()

でNippoModelクラスに保存されているデータを全て取得しています

モデルクラスのインポートも忘れずに!

取得したデータをコンテキストでHTMLテンプレートへ渡し、forループを使って表示していきます

【nippo-list.html】

{% extends "base.html" %}

{% block title %}日報アプリ一覧{% endblock %}

{% block content %}
<div>
    <ul>
      {% for obj in object_list %}
        <li>{{ obj.title }}</li>
      {% endfor %}
    </ul>
  </div>
{% endblock %}

テンプレート内のforループは、以下のように記述します。

{% for 要素 in リスト %} {% endfor %}

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

【一覧ページ】ブラウザでアクセス

http://localhost8000/nippo/

※urls.pyなどの設定方法は説明を割愛しています

特定のデータを取得する「objects.get」

objects.all()とは違い、objects.get()は単一のデータを取り出すメソッドになります。

q = NippoModel.objects.get(pk=pk)

【nippoDetailView】

 def nippoDetailView(request, pk):
     template_name = "nippo/nippo-detail.html"
     ctx = {}
     q = NippoModel.objects.get(pk=pk)
     ctx["object"] = q
     return render(request, template_name, ctx)
objects.get(pk=数値)

とすることでpkが数値と一致しているデータを取り出してくれます

上記のコード例では、URLから受け取ったint型「pk」と一致するpkを持つデータを取り出しています

下記のようにHTMLでは記述しています

{% extends "base.html" %}

{% block title %}pkでオブジェクトを表示します{% endblock %}

{% block content %}
<div>
    {{ object }}
</div>
{% endblock %}

【詳細ページ】ブラウザでアクセス

http://localhost:8000/nippo/detail/1/1

urls.pyのurlpatternsでは、「pk」を受け取れるよう「<int:pk>」の記述が必要です

まとめ:Djangoを使うならobjects.allとgetは必須です

以上で、データベースからデータを取得→HTMLで表示する方法を解説させていただきました。

  • すべてのデータを取り出すには、モデルクラス名.objects.all()
  • 特定のデータを取り出すには、モデルクラス名.objects.get(フィールド名=値)

また、複数のデータを取り出した場合はforループで展開していくことも頭に入れておきましょう。

次回は、CRUDの「C」、データを登録・保存する方法について解説していきます。

✔当ブログは以下のような方に向けて書かれています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」

「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

✔当ブログ掲載の記事

  • Djangoで作る日報アプリ開発
  • WebアプリをWeb上に公開する方法
  • Webアプリ開発に必要なそのほかの情報
【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

公式LINEも始めました。記事更新についてや、当ブログ内の人気記事などの情報を定期的に配信しています。

友だち追加

ITCブログにご協力いただける方は、以下もご検討いただけると嬉しいです。

ITCに投げ銭をする

タイトルとURLをコピーしました