Docker Hubとは?利用するメリットから活用方法までを徹底解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事がは以下のような方に向けて書かれています

「Docker Hubってどんな機能があるのだろうか?」
「Docker Hubの使い方をもっと深く理解したい」
「Docker Hubを活用した具体的な例を見たい」

✔当記事を通じて伝えること

  • Docker Hubの基礎知識
  • Docker Hubの使い方とその応用方法
  • Docker Hubを用いた具体的な事例

当記事では、Docker Hubの基礎からその高度な利用法まで、実際の事例を交えて詳しく紹介しています。

是非、最後までお読みいただき、Docker Hubの全面的な理解にお役立てください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Docker Hubとは

こちらでは、Docker Hubの基本事項について詳しく説明します。

基本を理解することで、より発展した応用を理解できるでしょう。

  • Docker Hubの基本概念
  • Docker Hubのメリット
  • プランの比較:無料プランvs有料プラン

Docker Hubの基本概念

Docker Hubは、Dockerの公式クラウドベースのレジストリサービスです。

Docker Hubでは以下のような役割を担っています。

  • Dockerイメージの管理
  • イメージの配布
  • イメージの変更履歴の追跡

Dockerイメージとは、コンテナ化されたアプリケーションを実行するためのテンプレートです。

これにより開発者は異なる環境で同じアプリケーションを短時間で実行することが可能となります。

Docker Hubのメリット

Docker Hubの主な利点として、以下の3つが挙げられます。

  • コミュニティが提供する数十万のイメージにアクセスできること
  • プライベートとパブリックのリポジトリを作成できること
  • 自動ビルドやWebhooksのような高度な機能を利用できること

これにより、ソフトウェア開発プロジェクトはより効率的で信頼性が高くなります。

プランの比較:無料プランvs有料プラン

Docker Hubは、無料プランと有料プランを提供しています。

無料プランでは、ひとつのプライベートリポジトリと無制限のパブリックリポジトリを利用できます。

一方有料プランでは、プライベートリポジトリの数が増え、高度なコラボレーションツールやセキュリティ分析などの追加機能が利用可能です。

Docker Hubの設定

ここでは、Docker Hubを利用するための基本的な設定方法について説明します。

初めて利用する方は、必ず確認しておきましょう。

  • アカウントの作成
  • DockerのコマンドとDocker Hubの役割

アカウントの作成

Docker Hubを利用するためには、まずアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成は、Webサイト上でおこない、ユーザー名やメールアドレス、パスワードを入力しましょう。

アカウント作成後、認証メールが送られてくるので、指示に従ってアカウントを認証してください。

DockerのコマンドとDocker Hubの役割

Dockerを使う際、docker pullコマンドを使ってDockerイメージをダウンロードします。

このときダウンロードされるイメージは、実はDocker Hubから提供されているのです。

また自身が作成したイメージを他人と共有したい場合、docker pushコマンドでDocker Hubにイメージをアップロードできます。

これらのコマンドを使用するためには、まずdocker loginコマンドを使ってDocker Hubにログインしましょう。

ログイン後、Docker Hubのリポジトリへのアクセスが可能になるからです。

docker login

Dockerイメージとリポジトリの理解

こちらでは、Dockerイメージとリポジトリの概念、それらの使用方法について解説します。

  • Dockerイメージの検索方法
  • ダウンロードから利用までのステップ
  • リポジトリの探索と公式リポジトリの使い方

Dockerイメージの検索方法

Docker Hub上でイメージを検索する方法は、主に以下の2つあります。

  • Docker Hubのウェブインターフェースを使用する
  • コマンドラインからdocker searchコマンドを使用する
docker search ubuntu

ubuntuに関連するイメージが一覧表示されます。

ダウンロードから利用までのステップ

イメージをダウンロードするには、docker pullコマンドを使用します。

docker pull ubuntu

最新のUbuntuイメージがダウンロードされます。

ダウンロードしたイメージを使用してコンテナを起動するには、docker runコマンドを使用しましょう。

docker run -it ubuntu bash

UbuntuイメージをPullし、コンテナを立ち上げます。

-itオプションにより、コマンドライン(bash)が立ち上がるコマンドです。

リポジトリの探索と公式リポジトリの使い方

Docker Hubには、数多くの公式リポジトリが存在し、これらは特定のソフトウェアの最新バージョンを提供します。

これらのリポジトリは、Docker Hubのウェブインターフェースで”Official Images”カテゴリから探索可能です。

公式リポジトリのイメージは信頼性が高く、一般的に安全に使用できるます。

Dockerイメージのデプロイ

イメージをDocker Hubにアップロードするには、まずそのイメージにタグを付け、そのあとでdocker pushコマンドを使用します。

docker tag イメージ名 タグ名

自分が作成したイメージにmyusername/myimage:tagnameというタグを付けるには、次のコマンドです。

docker tag myimage myusername/myimage:tagname

次に、docker pushコマンドを使用してイメージをアップロードします。

docker push myusername/myimage:tagname

イメージはDocker Hub上のmyusername/myimageというリポジトリにアップロードされます。

Docker Hubグループの作成・管理

Docker Hubでは、ユーザーは組織を作成して他のユーザーとリポジトリの共有が可能。

これにより、開発チーム全体でDockerイメージを管理できます。

組織を作成するには、以下の通り。

  1. Docker Hubのダッシュボードから”Organizations”を選択
  2. “Create Organization”をクリック
  3. 組織の名前を入力し、メンバーを追加

メンバーは、リポジトリの管理者や書き込み可能なメンバー、読み取り専用のメンバーのいずれかの役割を持てます。

Docker Hub利用上の注意点

Docker Hubを効果的に利用するために、適切なイメージの選択とバージョン管理は不可欠です。

注意事項と合わせて見ていきましょう。

  • 安全なイメージの選択
  • バージョン管理のヒント

安全なイメージの選択

Docker Hubには無数のイメージがありますが、その中にはセキュリティが確保されていないものもあります。

セキュアなイメージを選択するための一般的なアドバイスは、公式イメージを使用するか、信頼できる供給元から提供されているイメージを選ぶことです。

公式イメージはDocker社によってメンテナンスされ、常に最新のセキュリティパッチが適用されています。

バージョン管理のヒント

イメージのバージョン管理は、イメージの安定性と互換性を維持する上で非常に重要です。

イメージには、具体的なバージョン番号を指定するタグが付けられています。

このタグを使用して、特定のバージョンのイメージをダウンロードおよび使用が可能。

docker pull ubuntu:18.04

Ubuntuの18.04バージョンのイメージをダウンロードできます。

特定のバージョンに依存するソフトウェアを持つ開発者は、そのソフトウェアが予期せぬ方法で壊れることを防げるのです。

まとめ

当記事を通じてお伝えしたことは以下の通り。

  • Docker Hubの基本的な使い方とその主な機能
  • Docker Hubの利用による主な利点
  • 公式およびコミュニティからの広範なイメージへのアクセス
  • イメージの簡単な共有とデプロイ

Docker Hubは、Dockerイメージを公開・共有・探索するための強力なプラットフォームです。

Dockerについての知識はもちろん、Docker Hubについての理解を深めれば、より作業は効率化するでしょう。

この情報が、Docker Hubを使いこなす上での出発点となることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました