【簡単】Dockerのimageを削除する方法|コマンド例付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は、次のような疑問を持つ方におすすめです

「docker imageを削除する方法はどうすればいいのだろうか?」
「docker image削除の手順を具体的に知りたい」
「docker image削除の一連の流れを実例と共に確認したい」

✔当記事で学べることは以下の通りです

  • docker image削除の基本的な知識
  • docker imageを削除する具体的な手順とその高度な使い方
  • docker image削除の実際の例

当記事では、docker imageの削除方法の基本から、その高度な用途や応用方法まで、具体例を交えて丁寧に解説しています。

最後まで読んでいただくことで、安心してdocker imageを削除するスキルを身につけられるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Dockerイメージの取り扱い

ここでは、「Dockerイメージの取り扱い方」について解説します。

  • 動作しているイメージの確認方法
  • 使用しなくなったイメージの確認方法

動作しているイメージの確認方法

Dockerを使用する上で、最初に知るべきことは現在動作しているイメージをどのように確認するかです。

なぜなら長期間Dockerを使用していると、不要なイメージも増えていってしまうから。

これを確認するにはdocker imagesコマンドを使用しましょう。

ローカルのDocker環境に存在する全てのイメージのリストが表示されます。

$ docker images

使用しなくなったイメージの確認方法

使用しなくなった、いわゆるダングリング状態のイメージは、適時削除することでディスクスペースを有効活用できます。

これらのイメージを確認するには、以下のコマンドを使用します。

$ docker images -f "dangling=true"

このコマンドを実行すると、使用されていないダングリング状態のイメージがリスト表示されます。

Dockerイメージの削除:ステップバイステップガイド

ここでは、「Dockerイメージの削除方法」についてステップバイステップで説明します。

  • 個々のイメージの削除方法
  • 複数のイメージを一度に削除する方法

個々のイメージの削除方法

イメージの削除はdocker rmi [イメージID]コマンドを使用します。

このイメージIDはdocker imagesコマンドで確認できます。

$ docker rmi [イメージID]

イメージIDは、以下のコマンドで出力される、「89ea2f33f502」などのハッシュ値です。

$ docker images -f "dangling=true"
REPOSITORY   TAG       IMAGE ID       CREATED        SIZE
<none>       <none>    89ea2f33f502   6 months ago   261MB

複数のイメージを一度に削除する方法

複数のイメージを一度に削除する方法について説明します。

まず、使用されていない全てのイメージを削除する方法と、全てのイメージを一括で削除する方法があります。

  • 活用していない全イメージの一括削除
  • 全イメージの一括削除

活用していない全イメージの一括削除

使用されていないイメージを一括で削除するには、docker image pruneコマンドを使用します。

これにより、ディスクスペースを有効に利用できます。

$ docker image prune

全イメージの一括削除

全てのイメージを一括で削除する場合、次のコマンドを使用します。

$ docker rmi $(docker images -q)

注意:この操作は取り消せませんので、使用する前には十分注意が必要です。

Dockerイメージ削除が上手くいかない時の対策

ここでは、「Dockerイメージの削除がうまくいかない時の対策方法」を提供します。

  • 強制的にイメージを削除する方法
  • 参照中のコンテナを先に削除する方法

強制的にイメージを削除する方法

場合によっては、イメージが削除できないことがあります。

その場合、docker rmi -f [イメージID]コマンドを使用すると、強制的にイメージを削除できます。

$ docker rmi -f [イメージID]

参照中のコンテナを先に削除する方法

特定のコンテナがイメージを参照している場合、そのイメージは削除できません。

その場合、先にdocker rm [コンテナID]コマンドを使用してコンテナを削除し、その後でイメージを削除します。

$ docker rm [コンテナID]
$ docker rmi [イメージID]

コンテナIDは、以下のコマンドで取得可能です。

docker ps -a

まとめ

Dockerイメージの管理は、システムの適切な運用の観点から、とても重要です。

ディスクスペースを無駄に消費することを防ぐためには、定期的に不要なDockerイメージの削除は必須。

ただしDockerイメージを削除する際の注意すべき点も確認しておきましょう。

とくに全イメージの一括削除は取り返しのつかない操作ですので、何が削除されるか確認した上で実行してください。

今後もDockerを効率的かつ安全に使用するために、適切なイメージ管理を心掛けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました