docker imagesを完全マスター|イメージ作成法や具体例付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は以下の疑問を持つ方に向けて作成されています

「Docker Imagesとは何なのか?」

「Docker Imagesの使い方が学びたい」

「Docker Imagesの実用的な活用法を知りたい」

✔当記事を通じてお伝えする内容

  • Docker Imagesの基礎知識
  • Docker Imagesの操作方法とその応用
  • Docker Imagesの具体的な使用例

当記事では、Docker Imagesの基本概念から、それを使った具体的な事例まで、詳細にわたり解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

はじめに: Docker Imagesとその重要性

こちらでは、Dockerとそのイメージについてお伝えしていきます。

Dockerを理解するためにも、イメージについての理解は必須です。

  • Dockerとは何か
  • Docker Imagesの定義と役割

Dockerとは何か

Dockerは、コンテナ型の仮想化技術です。

物理マシンのOS上(あなたのPC等)で動作し、アプリケーションとその依存関係をコンテナとしてまとめます。

パッケージ化し、開発環境を統一することで、開発者間の「うちのPCでは動く」問題を解消できるのがその大きなメリットです。

Docker Imagesの定義と役割

Docker Imagesは、コンテナを起動するためのテンプレートです。

テンプレートには以下が含まれます。

  • オペレーティングシステム
  • ソフトウェア
  • アプリケーションコード

例えばウェブサーバーのイメージは、OSとApacheなどのサーバーソフトウェアを組み合わせたものです。

Imagesの重要性は、一貫性のある環境を迅速に構築する能力にあります。

Docker Imagesの操作方法と基本的なコマンド

こちらでは、Docker Imagesの操作方法と基本的なコマンドについてお伝えします。

この部分を理解することで、Docker Imagesで以下の操作が可能になります。

  • Dockerイメージのダウンロード方法
  • ダウンロード済のImagesの一覧表示
  • イメージの詳細情報と履歴表示
  • イメージの更新、削除と管理方法

Dockerイメージのダウンロード方法

Dockerのイメージは、Docker Hubなどのリポジトリからダウンロードできます。

docker pull [image_name]

指定したImageがダウンロードされます。

例として、Ubuntuのイメージがダウンロードしてみましょう。

docker pull ubuntu

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

ダウンロード済のImagesの一覧表示

ダウンロード済のImagesを一覧表示するには、以下のコマンドです。

docker images

これによって、Imageの名前やタグ、ID、作成日時などが一覧で表示されます。

イメージの詳細情報と履歴表示

イメージの詳細情報を表示するにはこちら。

docker inspect [image_name]

履歴を表示するには以下のコマンドです。

docker history [image_name]

これにより、Imageのメタデータや構築履歴などの詳細が表示されます。

イメージの更新、削除と管理方法

Imagesの更新は、docker pullコマンドで最新のImageをダウンロードし直します。

削除するためには、こちらのコマンドを使いましょう。

docker rmi [image_name]

どちらもイメージを管理するためには必須のコマンドです。

Docker Imagesの具体的な利用ガイド

こちらでは、Docker Imagesの具体的な利用方法についてお伝えします。

  • Imagesからコンテナの作成・実行
  • Imagesのシステムと操作オプション
  • シチュエーションに合わせたImagesの利用例

Imagesからコンテナの作成・実行

Docker Imagesからコンテナを作成するには、こちら。

docker run [image_name]

例として、MySQLサーバーのコンテナを作成する場合は以下のように入力しましょう。

docker run mysql

これにより、MySQLのImageからコンテナが作成され、実行されます。

Imagesのシステムと操作オプション

docker imagesコマンドは、ローカルに保存されているDockerイメージの一覧を表示するためのコマンドです。

以下は、このコマンドの主要なオプションを一覧表にまとめたものです。

オプション名説明
-a, --allすべてのイメージを表示します(デフォルトでは中間イメージは非表示)。docker images -a
--digestsイメージのダイジェストを表示します。docker images --digests
-f, --filter指定した条件に一致するイメージのみを表示します。docker images -f "dangling=true"
--format出力を指定したフォーマットで表示します。docker images --format "{{.ID}}: {{.Tag}}"
-q, --quietイメージIDのみを表示します。docker images -q
--no-truncすべての情報を切り取らずに表示します。docker images --no-trunc

詳細や最新の情報については公式のDockerドキュメントまたはコマンドラインでdocker images --helpを実行することをおすすめします。

シチュエーションに合わせたImagesの利用例

シチュエーションに応じたDocker Imagesの利用は非常に幅広いです。

  • 開発環境を統一したい場合
  • CI/CDパイプラインを構築したい場合

各シチュエーションで適切なImagesの選択と設定が求められます。

Docker Imagesの一覧表示に関する詳細操作

こちらでは、Docker Imagesの一覧表示に関する詳細操作についてお伝えします。

  • 最新のImages一覧表示
  • 特定の名前やタグによるイメージの表示
  • 具体的なIDによる全詳細表示
  • イメージのdigest値の表示法

最新のImages一覧表示

Docker Imagesの最新一覧を表示するには、docker imagesコマンドです。

最新のImages一覧表示は、以下のような場面で役立ちます。

  • 現在のDocker環境の管理
  • 特定のイメージを操作する前の確認作業

さらに、-aオプションを追加すると、中間イメージも含めて表示します。

docker images -a

この一覧から、Imagesの名前、タグ、ID、作成日時などが確認できます。

特定の名前やタグによるイメージの表示

特定の名前やタグに一致するImagesを表示するには、以下のコマンドを使用します。

docker images [repository]:[tag]

具体例として、Ubuntuのバージョン18.04を表示するには以下のようにしてください。

docker images ubuntu:18.04

具体的なIDによる全詳細表示

特定のImage IDによる詳細表示は、inspectコマンドを使います。

docker inspect [image_id]

例えば以下は、IDが7a86f8ffcb25の詳細情報を取得する方法です。

docker inspect 7a86f8ffcb25

イメージのdigest値の表示法

イメージのdigest値は、特定のバージョンを一意に識別するために使用されます。

docker images --digests

Imageの名前やタグ、ID、digest値などが一覧で表示されます。

Docker イメージのフィルタリング方法

こちらでは、Docker Imagesのフィルタリング方法についてお伝えします。

  • タグのないイメージの表示方法
  • ラベル、時間、リファレンスによるフィルタリング
  • 出力形式の操作

タグのないイメージの表示方法

タグのないイメージを表示するには、こちらを使います。

docker images -f "dangling=true"

このコマンドは、未使用の、タグがないImagesを一覧表示します。

ラベル、時間、リファレンスによるフィルタリング

Imagesのフィルタリングは、以下に基づいておこなえます。

  • ラベル
  • 時間
  • リファレンス

ラベルによるフィルタリングは以下のように実行してください。

docker images --filter "label=custom_label"

出力形式の操作

出力形式をカスタマイズするには--formatオプションを使用します。

docker images --format "{{.ID}}: {{.Repository}}"

IDとリポジトリ名だけが表示されます。

Dockerイメージの仕組みとその構造

こちらでは、Docker Imagesの仕組みと構造について詳しくお伝えします。

この部分の理解によって、以下の点について深い理解が得られます。

  • Dockerのイメージとコンテナの違い
  • Dockerのイメージ作成とコンテナへの適用方法

Dockerのイメージとコンテナの違い

イメージとコンテナの違いは以下のとおり。

  • イメージ:コンテナのテンプレート(設計図)
  • コンテナ:イメージからインスタンス化される実行中のオブジェクト

イメージは静的な存在であるのに対し、コンテナは動的であり、その実行状態の変更が可能です。

Dockerのイメージ作成とコンテナへの適用方法

Dockerのイメージは、Dockerfileから作成されます。

docker build -t [tag_name] [path_to_dockerfile]

my-appという名前のイメージを作ってみましょう。

docker build -t my-app .

現在のディレクトリのDockerfileからmy-appという名前のImageが作成されます。

Dockerファイルを使いこなすことで、Dockerでの作業がより効率化するでしょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Docker公式イメージの活用方法

Dockerの公式イメージは、安定性とセキュリティが保証されたイメージです。

例えば、PostgreSQLの公式Imageがダウンロードできます。

docker pull postgres

これらを利用することで、迅速に信頼性の高いコンテナ環境を構築できます。

詳しくはDockerHubについてまとめた記事で解説しています。

まとめ

当記事では、Dockerイメージについて解説してきました。

Dockerのイメージは、アプリケーション開発の効率化と一貫性の保証に欠かせないツールです。

当記事を通じて、その概念と操作方法についての基本的な理解を深められたはず。

今後は、Docker Composeのようなほかのツールと連携した使用や、クラウドとの統合などを学び、できることの幅をさらに広げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました