DockerでWordPressを立ち上げる方法|具体例・解説付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔ここを訪れたあなたは、おそらく以下の悩みや問いをお持ちかもしれません

「docker wordpressで何ができるのかを知りたい」

「docker wordpressの導入手順を学びたい」

「実際のdocker wordpressの利用法や例を見たい」

✔当記事を通じて伝えたいことは以下の通りです

  • docker wordpressの基本概念
  • docker wordpressの導入の仕方やトラブルシューティング
  • docker wordpressの実用的な運用例

当記事は、docker wordpressについての初歩から始まり、その設置方法や適用例まで、具体的な例を挙げながら詳細に説明しています。

ぜひ記事の最後までお読みいただき、docker wordpressの全貌を把握してみてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Docker とWordPress: 基本概要

こちらでは、Dockerの基本についてお伝えしていきます。

基本を理解のうえ、WordPressイメージやコンテナについてご覧ください。

  • Dockerとは?
  • Dockerのメリット
  • Dockerの活用例

Dockerとは?

Dockerは、オープンソースのコンテナプラットフォーム。

ソフトウェアをコンテナという標準的な単位にパッケージ化するものです。

パッケージ化することで、環境に依存せず、どのシステムでも同じ動作をさせられます。

各コンテナはソフトウェアやライブラリ、依存関係を含み、それぞれが互いに隔離され、複数のアプリケーションを同一システム上で問題なく稼働させられるのです。

Dockerのメリット

Dockerの主なメリットは、一貫性と再現性です。

開発者が作成した環境を、別の開発者や他システムで完全に同じように再現できます。

システムのリソースを最大限に活用しながら、複数のアプリケーションを同時に稼働させられるのです。

Dockerの活用例

Dockerはさまざまな用途で活用されています。

開発環境の構築やテスト、本番環境でのデプロイメントなどが主な使用例です。

実際にマイクロサービスのアーキテクチャでは、以下のように使われています。

  • 各サービスを個別のコンテナとして管理
  • これらを組み合わせてひとつのアプリケーションを構成

DockerでのWordPress: 利点と欠点

こちらでは、DockerでWordPressを扱う利点と欠点についてお伝えしていきます。

両面を理解することで、適切な場面で使えるようになるでしょう。

  • 利用するメリット: 環境構築の容易さとシームレスな移行
  • デメリットと克服方法

利用するメリット: 環境構築の容易さとシームレスな移行

Dockerを用いてWordPress環境を構築するメリットは、環境構築の容易さとシームレスな移行にあります。

なぜならひとつのDocker Composeファイルを作成するだけで、どの環境でも同じ設定でWordPressを実行できるからです。

Dockerを使用したWordPressとMySQLを構築する例です。

version: '3.3'

services:
   db:
     image: mysql:5.7
     volumes:
       - db_data:/var/lib/mysql
     restart: always
     environment:
       MYSQL_ROOT_PASSWORD: somewordpress
       MYSQL_DATABASE: wordpress
       MYSQL_USER: wordpress
       MYSQL_PASSWORD: wordpress

   wordpress:
     depends_on:
       - db
     image: wordpress:latest
     ports:
       - "8000:80"
     restart: always
     environment:
       WORDPRESS_DB_HOST: db:3306
       WORDPRESS_DB_USER: wordpress
       WORDPRESS_DB_PASSWORD: wordpress
       WORDPRESS_DB_NAME: wordpress
volumes:
    db_data: {}

デメリットと克服方法

一方、Dockerにはいくつかのデメリットもあります。

以下のようなハードルがあるからです。

  • 初期の学習曲線が急である
  • 複雑なアプリケーションを管理する際の困難さ

しかしこれらのデメリットは、コミュニティによって作成された多くのリソースを活用することで克服可能です。

例えば、Dockerの公式ドキュメンテーションは、その使い方について詳しく説明しており、初学者でも理解できるようになっています。

Dockerを用いたWordPress環境の設定: ステップバイステップ・ガイド

こちらでは、Dockerを用いたWordPress環境の設定方法についてお伝えしていきます。

ひとつずつ順を追って見ていきましょう。

  • Docker環境の準備
  • WordPressおよびMySQLの配置
  • Docker用フォルダとDocker Composeの準備
  • Docker Composeの実行と操作の確認
  • 環境の削除方法

Docker環境の準備

最初に、DockerとDocker Composeが正しくインストールされていることを確認します。

以下のコマンドを実行して、それぞれのバージョン情報を表示します。

docker --version
docker-compose --version

これらのコマンドが正常に動作し、適切なバージョン情報が表示されれば、Dockerの環境準備は整っています。

WordPressおよびMySQLの配置

先ほどのDocker Composeファイルを用いて、WordPressとMySQLのコンテナをセットアップしましょう。

上述のdocker-compose.ymlファイルを作成し、保存したら次のコマンドを実行してください。

docker-compose up -d

これにより、WordPressとMySQLのコンテナがバックグラウンドで起動します。

Docker用フォルダとDocker Composeの準備

Dockerの環境設定を進めるためには、Docker用のディレクトリ構造を準備することが重要です。

Docker Composeファイルを格納するディレクトリを作成し、その中に各種設定ファイルを配置します。

例えば、次のようなディレクトリ構造です。

/my-wordpress-project
  /docker-compose.yml
  /db_data

ここで、db_dataはMySQLのデータを保存するためのディレクトリです。

Docker Composeの実行と操作の確認

環境が正しく動作しているか確認するために、Docker Composeを実行してください。

以下のコマンドでWordPressとMySQLのコンテナを起動します。

docker-compose up

ブラウザでhttp://localhost:8000にアクセス。

WordPressのインストール画面が表示されることを確認します。

環境の削除方法

使用しなくなったDocker環境は、以下のコマンドで削除できます。

docker-compose down

Docker Composeで作成された全てのコンテナ、ネットワーク、ボリュームが停止し、削除されます。

ただしこの操作は取り消せませんので、注意して実行しましょう。

実践セクション: Docker-WordPress設定の実装

こちらでは、Docker-WordPress設定の実装についてお伝えしていきます。

  • 実際のDocker-WordPress設定の始動
  • ブラウザでの結果確認
  • Docker-WordPress環境の後片付け

実際のDocker-WordPress設定の始動

前述したDocker Composeファイルを用いて、Docker-WordPressの設定を開始しましょう。

次のコマンドを実行してDockerコンテナを起動します。

docker-compose up -d

これで、WordPressとMySQLのコンテナがバックグラウンドで稼働を開始。

ブラウザでの結果確認

コンテナが正常に稼働していることを確認するために、ブラウザでWordPressを開きます。

http://localhost:8000

WordPressのウェルカムページが表示されることを確認します。

Docker-WordPress環境の後片付け

実装が完了したら、Docker-WordPress環境を適切にクリーンアップすることが重要です。

次のコマンドを実行することで、Docker Composeで起動したすべてのリソースが停止し、削除されます。

docker-compose down

このコマンドは、起動したコンテナ、ネットワーク、ボリュームなどをすべて削除します。

しかしこの操作は取り消せないため、慎重におこないましょう。

まとめ:DockerとWordPressの組み合わせ

当記事では、Dockerを使用してWordPress環境を構築する方法について学習してきました。

環境構築の容易さやシームレスな移行など、Dockerの利点を生かすことで、WordPressの運用がより効率的かつ柔軟になるでしょう。

一方でDockerの学習曲線や複雑なアプリケーション管理の難しさなど、一部のデメリットにも触れました。

これらは、適切なリソースと学習意欲により克服可能な問題です。

最後に、どの技術もそれ自体が最終目標ではなく、あくまでより良いプロダクトを生み出すためのツールであることを忘れないでください。

目的に適したツールを選択し、適切に活用することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました