git cloneのやり方|オプションの実例含め詳しく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔以下のような方に向けて書かれています

「git cloneコマンドの機能がよくわからない」

「git cloneの操作方法の詳しい説明が欲しい」

「git cloneを使った具体的なシーンを知りたい」

✔当記事を通じてお伝えする内容

  • git cloneコマンドのとは
  • git cloneの具体的な操作手順
  • git cloneを用いたさまざまな事例

当記事では、git cloneの基本概念から進んで、そのオプションと絡めた詳細な使い方に至るまで、具体的な視点を通じて深く掘り下げます。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

「git clone」の基本

こちらでは、「git clone」の基本について見ていきます。

「git clone」について理解することで、効率的にコードを管理できるでしょう。

  • git cloneが果たす役割とは?
  • git cloneの基本的な操作方法

git cloneが果たす役割とは?

「git clone」は、あるリポジトリの内容を新たなディレクトリにコピーする役割を果たします。

特定のプロジェクトに参加する際や、他人のコードをローカルで試したいときなどに活用できるものです。

GitHubなどのリモートリポジトリからローカル環境にコードを複製するため、必要な全てのファイルと履歴を取得できます。

git clone https://github.com/Yulikepython/itc-tube.git

git cloneの基本的な操作方法

基本的な「git clone」の操作は非常にシンプルです。

git clone [URL]

URL部分にはクローンしたいリポジトリのURLを指定します。

その後コマンドを実行すると、現在のディレクトリに新しいフォルダが作成され、その中に指定したリポジトリの内容がコピーされます。

具体的な「git clone」の使い方

ここでは、「git clone」のより具体的な使い方を探求します。

実際に手を動かして、理解を深めてください。

  • git cloneの基本コマンド
  • ディレクトリの指定方法
  • その他有用なオプションについて

git cloneの基本コマンド

開発用のディレクトリで以下を実行します。

git clone https://github.com/Yulikepython/itc-tube.git

うえのURLは、著者がDjangoチュートリアルで使用したもの。

クローンしたいリポジトリのURLに置き換えて、任意のプロジェクトをローカル環境に移しましょう。

ディレクトリの指定方法

基本コマンドに加えて、クローン先のディレクトリを指定することも可能です。

git clone [URL] [directory]

directory部分にクローン先のディレクトリパスを指定します。

その他有用なオプションについて

「git clone」にはほかにも多くのオプションが存在します。

以下はgit cloneコマンドのいくつかの主要なオプションの一覧表です。

オプション説明例文
-b, --branch特定のブランチをクローンします。git clone -b my-branch https://example.com/repo.git
--single-branch指定されたブランチのみクローンします。git clone --single-branch https://example.com/repo.git
--depth履歴の特定の深さだけクローンします。シャロークローンと呼ばれます。git clone --depth 1 https://example.com/repo.git
--recursive, --recurse-submodulesサブモジュールもクローンします。git clone --recursive https://example.com/repo.git
--mirrorベアリポジトリとしてミラーします。git clone --mirror https://example.com/repo.git
--quietクローン中の進捗情報の出力を抑制します。git clone --quiet https://example.com/repo.git
--template指定したテンプレートディレクトリを使用します。git clone --template=/path/to/template https://example.com/repo.git
-o, --originクローン時のリモート名を変更します。デフォルトはoriginです。git clone -o my-origin https://example.com/repo.git
--separate-git-dir別のディレクトリに.gitディレクトリを配置します。git clone --separate-git-dir=/path/to/git-dir https://example.com/repo.git
--shallow-since指定された時間以降のコミットのみクローンします。git clone --shallow-since="1 week ago" https://example.com/repo.git

実践!GitHubのリポジトリからのソースコードのダウンロード

Githubのリポジトリからソースコードをダウンロードする手順をお伝えします。

実際に手を動かしてやってみましょう。

  • クローンを使用したダウンロード
  • ZIPファイルとしてダウンロード
  • 特定のブランチやタグからのダウンロード

クローンを使用したダウンロード

GitHubリポジトリからソースコードをダウンロードする最も一般的な方法は、リポジトリをクローンすることです。

以下のコマンドを使用して、リポジトリ全体をローカルマシンにクローンできます。

git clone https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

この方法でダウンロードすると、リポジトリのすべてのファイルと履歴がローカルに保存されます。

ZIPファイルとしてダウンロード

GitHubのウェブインターフェイスを使用して、リポジトリをZIPファイルとしてダウンロードすることも可能です。

この方法では、Gitをローカルマシンにインストールする必要はありません。

  1. GitHubのリポジトリページにアクセスします。
  2. 右上の「Code」ボタンをクリックします。
  3. 「Download ZIP」を選択します。

これでリポジトリの現在のスナップショットがZIPファイルとしてダウンロードされます。

特定のブランチやタグからのダウンロード

特定のブランチやタグからソースコードをダウンロードすることも可能です。

コマンドラインから次のようにしておこなえます。

# 特定のブランチをクローン
git clone --branch ブランチ名 https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

# タグを指定してクローン
git clone --branch タグ名 https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

またGitHubのウェブインターフェイスからも、特定のブランチやタグを選択してZIPとしてダウンロードが可能。

この方法で特定のリリースや開発ブランチのコードを素早く取得できます。

よくあるエラーとその対処法

「git clone」の操作中に遭遇する可能性があるエラーやその解決法を確認します。

エラーを理解し、対処する能力はどんなソフトウェア開発者にも必要です。

  • クローンエラーについて
  • クローンエラーのトラブルシューティング

クローンエラーについて

「git clone」を実行する際には、さまざまなエラーが発生する可能性があります。

“fatal: repository ‘…’ not found”

指定したURLが存在しないときに表示されます。

このようなエラーは、URLを正しく入力していないか、あるいはリポジトリがプライベートでアクセス権がない場合によく見られます。

クローンエラーのトラブルシューティング

エラーの際は、エラーメッセージをご覧ください。

上記の例であれば、まずURLを確認し、正しく入力されていることがわかるでしょう。

その上で、リポジトリがプライベートである場合は、アクセス許可を持つアカウントからクローンを試みるか、リポジトリの所有者にアクセスを求める必要があります。

リポジトリのクローンについて

ここでは、さまざまな種類のリポジトリのクローン方法を探ります。

空のリポジトリをクローンする方法など、細かなケースにも対応するための知識を得ることが重要です。

  • リポジトリをクローンする方法
  • 空のリポジトリをクローンする方法

リポジトリをクローンする方法

既に「git clone」の基本的な使用方法は述べましたが、再度簡単に説明します。

git clone [リポジトリURL]

指定したURLのリポジトリをローカル環境にクローンします。

空のリポジトリをクローンする方法

空のリポジトリも、中身があるリポジトリと同様にクローンできます。

コマンドは同じものです。

ただし、クローン後のディレクトリには.gitという隠しフォルダのみが作成され、その他のファイルは存在しません。

まとめ

当記事では、git cloneについて学習してきました。

  • 「git clone」をマスターすることで、プログラミング作業がよりスムーズになり、効率的なコードの共有や管理が可能になる
  • 「git clone」をマスターすると、GitHubなどのリモートリポジトリから容易にコードを取得でき、新たなプロジェクトに参加する際や他人のコードを試すときに非常に便利
  • 効率的なバージョン管理やコードのバックアップも可能

「git clone」の基本的な使用法を理解した上で、さらに高度な活用法を学べます。

例えば、特定のブランチのみをクローンする方法や、クローン時に特定の設定を適用する方法などです。

以下のページなどを参考に、Gitへの知識をさらに磨きましょう。

Gitの基本まとめ|初心者でも必ずマスターできる
Git/GitHubについて学びたいですか?当サイトでは、現役エンジニアが実体験を元にGitのポイントを丁寧に解説。実際のコマンドなど手を動かしながら学べるので、Git初心者必見です。
タイトルとURLをコピーしました