git reset –softとは?その役割や注意点を丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事はこんな疑問を抱えている方にぴったりです

「git reset softって具体的に何ができるのだろう?」

「git reset softの使い方を詳しく知りたい」

「git reset softを用いた実例を見てみたい」

✔当記事で得られる知識

  • git reset softの基礎知識
  • git reset softの使用方法とその応用例
  • git reset softを用いた具体的な事例

当記事では、git reset softの基本的な概念から、そのオプションと組み合わせた応用方法まで、具体的な例を交えて詳細に解説します。

読み終えた時にはgit reset softについての理解が深まっていることでしょう。

ぜひ最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitの基礎と「git reset soft」の位置づけ

こちらでは、Gitの基本概念を理解し、「git reset soft」がどのようにGitの中に位置づけられているかを探ります。

  • Gitの役割とコミットの理解
  • 「git reset」の基本概念

Gitの役割とコミットの理解

Gitは、分散型バージョン管理システムとして広く利用されています。

バージョン管理システムとは、ファイルの変更履歴を記録し、必要に応じて過去のバージョンを復元できるようにするシステムです。

特にプログラムのコード管理には欠かせないツールとなっています。

その変更履歴は、「コミット」という単位で記録。

各コミットは一連の変更を表し、それぞれに一意のハッシュ値が割り当てられます。

このハッシュ値を使って特定のコミットを指定することができます。

# コミットを行うコマンド
git commit -m "commit message"

「git reset」の基本概念

「git reset」は、Gitにおける強力なコマンドのひとつで、主に3つのオプションがあります。

  • hard
  • mixed
  • soft

それぞれ異なる挙動を示し、コミットの状態を変更する際に利用されます。

「git reset soft」はこの中でも特に利用シーンが多いコマンドです。

# git resetの基本的な使用法
git reset --soft <commit-hash>

「git reset soft」の理解と活用法

こちらでは、「git reset soft」の具体的な使用方法とその活用法、さらに他のresetオプションとの比較について詳しく見ていきます。

  • 「git reset soft」の使用方法:基本的なコマンドの解説
  • 主な利用シーンと効果的な活用法
  • 「git reset soft」と他の種類(hard/mixed)の違い

「git reset soft」の使用方法:基本的なコマンドの解説

「git reset soft」は、特定のコミットまでHEAD(現在のブランチ)を戻すコマンドです。

ここで重要なのは、「戻す」という動作がコミット履歴に対してのみにおこなわれ、作業ディレクトリやステージングエリアは影響を受けないこと。

コマンドの基本形は以下の通りです。

git reset --soft <commit-hash>

戻りたいコミットのハッシュ値を指定して実行します。

主な利用シーンと効果的な活用法

git reset –softの主な利用シーンをご覧いただきます。

適切な場面で使用できるようになりましょう。

  • コミットの取り消し方
  • 変更内容全体の取り消し方
  • 「git add」の取り消し方
  • 過去の状態での動作確認方法

コミットの取り消し方

特定のコミットを取り消したい場合には、そのひとつ前のコミットハッシュを指定します。

これにより、指定したコミットの変更がステージングエリアに移されるのです。

必要に応じて再コミットをおこないましょう。

# 最新のコミットを取り消す
git reset --soft HEAD~1

変更内容全体の取り消し方

複数のコミットを一度に取り消す場合も、「git reset soft」が使えます。

この場合取り消したい全てのコミットよりも前のコミットハッシュを指定します。

# 直近3つのコミットを取り消す
git reset --soft HEAD~3

「git add」の取り消し方

「git reset soft」は、「git add」でステージングした内容を取り消すのにも使えます

具体的には、最後のコミットを行った直後の状態に戻すことで、「git add」の影響を打ち消します。

# git addの取り消し
git reset --soft HEAD

過去の状態での動作確認方法

過去のコミットでの動作を確認したい場合、一時的にそのコミットの状態に戻せます。

「git reset soft」を使用すると、過去の状態に戻しても現在の変更が失われることはありません。

# 過去のコミット状態に一時的に戻る
git reset --soft <commit-hash>

「git reset soft」とほかの種類(hard/mixed)の違い

「git reset」には「soft」以外に「hard」と「mixed」のオプションがあります。

  • 「hard」:作業ディレクトリも含めて指定したコミットの状態に完全に戻す
  • 「mixed」:デフォルトのオプションで、指定したコミットまでHEADとステージングエリアを戻すが、作業ディレクトリは変更しない

「soft」はこれらとは異なり、HEADだけを指定したコミットまで戻します。

これにより以降のコミットの変更がステージングエリアに保持され、再度コミットできるのです。

# hardオプションの使用例
git reset --hard <commit-hash>

# mixedオプションの使用例
git reset --mixed <commit-hash>

git操作でのトラブルシューティング

こちらでは、git reset softなどの操作によるトラブルシューティングについて見ていきます。

事前に理解しておけば、いざ問題が起こったときの解決が早まるでしょう。

  • 誤った「git reset soft」の対処法
  • reflogの利用とその限界

誤った「git reset soft」の対処法

「git reset soft」で、誤って想定外のコミットまで戻してしまった場合、「git reflog」を用いて操作前の状態に戻せます

「git reflog」はgitの全ての操作ログを表示するもの。

この中から戻りたい状態のハッシュ値を探し出して、「git reset soft」で戻しましょう。

# git操作ログの確認
git reflog
# 操作ログから戻りたい状態のハッシュ値を見つけ、それにリセット
git reset --soft <commit-hash>

reflogの利用とその限界

「git reflog」はとても便利な機能ですが、あくまで操作ログを元に戻すもの。

一部の操作は戻せない場合があります。

  • 強制的な操作
  • gc(ガベージコレクション)によるクリーンアップ

またreflog自体は一定期間(デフォルトで約30日間)しか保持されないため、それを過ぎると操作ログも削除されます。

そのため、なるべく早く誤操作に気付き、対処することが重要です。

Git操作を便利にするためのヒント

Git操作を便利にするためのヒントをご覧いただきます。

実戦で使う際の参考にしてください。

  • 一時的な変更内容の退避方法
  • aliasの作成方法
  • その他の便利なGit操作ヒント

一時的な変更内容の退避方法

Gitでは、変更内容を一時的に退避させる「git stash」コマンドもあります。

別のブランチに切り替えたいときなどに、現在の変更内容を保存してクリーンな状態に戻せるコマンドです。

「git stash」を使うと、変更内容を一時的にスタックと呼ばれる場所に保存し、あとでその変更を取り出せます。

# 変更内容を一時的に退避
git stash
# 退避した変更を取り出す
git stash pop

aliasの作成方法

頻繁に使うコマンドを短縮形にするalias(エイリアス)を設定できます。

短いコマンドで複雑な操作をおこないたい場合に便利です。

以下に、コミットログを一行で見やすく表示する「git log」のaliasを設定する例を示します。

# aliasの設定
git config --global alias.lg "log --color --graph --pretty=format:'%Cred%h%Creset -%C(yellow)%d%Creset %s %Cgreen(%cr) %C(bold blue)<%an>%Creset' --abbrev-commit"
# aliasを使用してコミットログを表示
git lg

その他の便利なGit操作ヒント

ほかにもGitは多くの便利な機能を提供しています。

  • 特定のファイルの変更履歴を見る「git blame」
  • 変更内容をグラフィカルに表示する「gitk」

これらの機能を上手く活用することで、より効率的なGit操作が可能になります。

Git操作と「git reset soft」マスタリーへの道

以下によりgit reset softをマスターするためのポイントをまとめました。

学習の段階で目を通しておくことが重要です。

  • よくある質問と回答
  • 「git reset soft」使用時の注意点とベストプラクティス

よくある質問と回答

Q:「git reset –soft」と「git reset –hard」の違いは何ですか?

「git reset –soft」は指定したコミットまで戻しますが、それ以降の変更はステージングエリアに保持します。「git reset –hard」は指定したコミットまで完全に戻します、それ以降の変更はすべて破棄されます。

Q: 「git reset –soft」の後、再度変更をコミットするにはどうすればいいですか?

「git reset –soft」の後は、変更がステージングエリアに保持されているため、「git commit」を実行すれば再度コミットすることができます。

Q: 「git reset –soft」を実行した後に、「git stash」を使うことはできますか?

はい、できます。「git stash」は作業ディレクトリとステージングエリアの変更を保存するため、「git reset –soft」の後でも使用可能です。

「git reset soft」使用時の注意点とベストプラクティス

「git reset –soft」は強力なコマンドであり、適切に使用すればGitの利便性を大いに引き立てますが、誤用すると予期しない結果を招くこともあります。

以下に、その使用時の注意点とベストプラクティスをいくつか紹介します。

  1. 「git reset –soft」を使用すると、Gitの履歴が書き換えられます。したがって、他の人と共有しているブランチでこのコマンドを使用すると、混乱を招く可能性があります。
  2. 意図しない状態に戻した場合は、「git reflog」を使用して以前の状態に戻すことが可能です。ただし、reflogは一定期間しか保持されないため、早めの対応が必要です。
  3. よく使うGitのコマンドはaliasとして設定すると、手間を減らすことができます。しかし、複雑なaliasを設定すると混乱を招くことがあるため、シンプルなものに留めることが望ましいです。
  4. 定期的に「git status」や「git log」を使用して、現在の状態を確認することが重要です。

以上のような注意点を頭に入れて、「git reset –soft」を活用してください。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • git reset –softは、特定のコミットまでHEAD(現在のブランチ)を戻すコマンド
  • softオプションでは、作業ディレクトリやステージングエリアは影響を受けない
  • 変更を取り消したい場合は、git reflogが使える

git resetコマンドは、謝った操作をした場合にとても便利なコマンド。

いざというときに必ず役に立つでしょう。

いつでも当記事に戻り、使い方を確認してください。

タイトルとURLをコピーしました