Salesforceの導入を検討する|導入時にやるべきことを徹底解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月: 2024年2月)

✔以下の疑問をお持ちの方へ向けた記事です

「Salesforceを導入することのメリットは何か?」
「Salesforce導入のステップはどのように進めるべきか?」
「Salesforce導入後に最大限の効果を得るための戦略は?」

✔この記事を読むことで得られる知識

  • Salesforce導入の主なメリットとその機能概要
  • 効果的なSalesforce導入プロセスのステップバイステップガイド
  • 導入後の活用と継続的な改善に向けたベストプラクティス

Salesforceは、その柔軟性とカスタマイズ性で知られる世界有数のCRMプラットフォームですが、その機能を最大限に活用するためには、計画的な導入と運用戦略が必要です。

当記事では、成功に導くための導入前の準備から、導入プロセス、そして導入後の最適化まで、役立つ情報を提供します。

Salesforceをこれから導入する予定の企業の経営者、プロジェクトマネージャー、IT担当者にとって、このプラットフォームを効率的に利用し、ビジネスの成長を加速させるためのガイドとなるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

Salesforce

定義や属性などは公式ガイドを必ず参考にしましょう。

当記事では、主にその使い方を具体例とともに解説します。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーとして、Apex・Visualforceの開発エンジニアとして、以下のようなプロジェクトに従事してきました

  • 新規事業の立ち上げに伴うビジネスプロセス構築とSalesforceのカスタマイズ
  • SFDXを活用した大規模リリース
  • Visualforce等による一般ユーザー向けサイト・アプリケーションの構築

相談・業務の依頼も承ります。ご質問・ご希望をお問い合わせください。

Salesforce導入の計画

こちらでは、セールスフォース導入の計画に必要なステップを詳しく説明し、成功への道筋を立てる方法をお伝えしていきます。

Salesforce導入は、ビジネス効率化と顧客満足度向上に重要な役割を果たします。

  • 導入前の準備: 目標設定と要件定義
  • チーム構成と役割の割り当て
  • Salesforce製品選定: Sales Cloud, Service Cloud, Marketing Cloudなど

導入前の準備: 目標設定と要件定義

Salesforce導入を成功させるためには、まず明確な目標設定が不可欠です。

目標としては、以下のようなものが挙げられます

  • 売上向上
  • 顧客満足度の改善
  • 業務の効率化

また、要件定義では現在のビジネスプロセスを精査し、どのような機能が必要かをリストアップします。

たとえば、「カスタムオブジェクトを作成して営業データを管理したい」や「特定の条件でリードが生成された際に自動的に通知するワークフローを設定したい」といった具体的な要件を考える必要があります。

チーム構成と役割の割り当て

チームを編成し、メンバーに役割を明確に割り当てることで、各ステップをスムーズに進められます。

各メンバーごとに、データへのアクセス・編集権限などを調整が可能です。

例えば以下のような役職を設けることが一般的です。

  • 「プロジェクトマネージャー」
  • 「システムアーキテクト」
  • 「開発者」
  • 「終端ユーザー代表」

各メンバーはSalesforceの環境、特に彼らの役割に関連する部分について精通していることが望まれます。

役割が異なると、必要なアクセス権や作業項目も変わってきますので、「権限セット」や「プロファイル」を適切に設定して、セキュリティと効率のバランスを取ることが重要です。

Salesforce製品選定: Sales Cloud, Service Cloud, Marketing Cloudなど

Salesforceにはさまざまな製品があり、それぞれ異なる機能を持ちます。

  • 営業チーム向けに最適化された「Sales Cloud」
  • カスタマーサービス体制を整える「Service Cloud」
  • デジタルマーケティング活動を強化する「Marketing Cloud」

ビジネスのニーズに合わせて最適な製品を選ぶ必要があります。

また、Salesforce AppExchangeで提供される追加のアプリや統合機能も検討し、システム全体の機能を拡大も可能。

製品選定は、要件定義でリストアップした機能と経営目標を満たすために重要となります。

Salesforceのカスタマイズと設定

Salesforceをあなたの組織にぴったり合わせるためには、カスタマイズや設定が必要です。

ここでは、ユーザーインターフェイス、ワークフロー、データ移行計画の3つの主要な領域に焦点を当てて説明します。

  • ユーザーインターフェイスのカスタマイズ
  • ワークフローとプロセスの自動化
  • データ移行計画: 既存データのクリーンアップとインポート

ユーザーインターフェイスのカスタマイズ

Salesforceのデフォルトのユーザーインターフェイスは多くの機能を持っていますが、組織特有のニーズを満たすためにはカスタマイズが必要です。

カスタマイズでは、以下のようなことが可能。

  • オブジェクトを追加
  • データフィールドを追加
  • ページレイアウトを変更
  • レポートの作成
  • ダッシュボードの作成

具体的なカスタマイズ例として、レコードのデータフィールドの作成では、「設定」>「オブジェクトマネージャ」>「項目とリレーション」で「新規」ボタンをクリック。

フィールドタイプを選んで設定しましょう。

これにより、ユーザーにとって使いやすい環境を整えられます。

ワークフローとプロセスの自動化

複雑なビジネスプロセスを自動化することで、時間を節約し、ミスを減らせます。

Salesforceの「ワークフロー」や「プロセスビルダー」により、自動化の実現が可能です。

例えば、レコードが更新されたときに自動的にメールアラートを送信したり、特定の基準を満たした場合にタスクを生成したりなどがよく使われます。

ワークフローの設定では、「設定」で「ワークフロールール」を検索し、「新規ルール」を選択。

適用するオブジェクトを選び、トリガ条件を指定してアクションを設定します。

ユーザーが毎回手動で行う必要のある繰り返し作業を減らすことで、全体の効率を大幅に向上させられるのです。

データ移行計画: 既存データのクリーンアップとインポート

Salesforceに既存のデータを移行する前に、データのクリーンアップが必要です。

正確で整合性のあるデータを保持するために、以下を実施してください。

  • 重複したレコードの削除
  • 不完全なデータの補完
  • 不要なデータの除去

データのインポートには、Salesforceの「データインポートウィザード」や「データローダー」が使えます。

例えば、データローダーを用いる場合には、CSVファイルを用意し、「Insert」操作を選んで、マッピングを正しく設定した後にデータをインポートしましょう。

これにより、移行するデータの品質を保ちつつ、新しいシステムへの移行をスムーズにおこなえます。

教育とトレーニング

Salesforce導入後に最も重要なのが、ユーザー教育とトレーニングです。

ここでおこなわれる教育がユーザーの採用度と成功を左右します。

  • ユーザートレーニングの計画と実施
  • 継続的なサポートとリソース
  • コミュニティと追加リソースの活用

ユーザートレーニングの計画と実施

Salesforceの機能を完全に活用するためには、ユーザーに適切なトレーニングを提供することが不可欠です。

トレーニング計画には、以下のようなものが含まれます。

  • 異なるユーザーロールに応じたカリキュラムの設計
  • 適切なトレーニング方法の選択(例:オンサイト研修、オンラインコース、自習マテリアル)
  • 実施スケジュールの作成

Salesforceの「Trailhead」は無料で利用できる学習プラットフォームで、初心者から上級者までが自ら学べます。

トレーニングを行う際は、実際の業務シナリオに即した内容で、ユーザーが自信を持ってSalesforceを使えるよう指導することが重要です。

継続的なサポートとリソース

トレーニングの実施後も、ユーザーが日常的に直面する疑問や問題に対応できるようサポート体制を整えましょう。

例えば、内部の「Salesforceチャンピオン」やITサポートチームが定期的にヘルプデスクやQ&Aセッションを開催し、ユーザーの疑問に答える体制を整え、迅速な問題解決を促進できるはず。

また、Salesforceの「Help & Training」セクションには、豊富な記事やチュートリアル、Webセミナーが用意されており、ユーザーはここから自分で解決策を見つけ出すことも可能です。

コミュニティと追加リソースの活用

Salesforceコミュニティに参加することで、ほかのユーザーや専門家からの支援を受けられるほか、新しいアイデアやベストプラクティスを共有する場となります。

Salesforceの「Trailblazer Community」や「Success Community」は、ユーザー同士が質問をし合ったり、有益な情報を交換したりするためのプラットフォームです。

また、定期的なミートアップやコンファレンスへの参加は、最新のトレンドやアップデートを学び、ネットワーキングの機会を提供します。

Salesforceの運用と管理

Salesforceの運用と管理は、システムのセキュリティ、パフォーマンス、継続的な改善を保証するために欠かせません。

  • ユーザー管理とセキュリティ設定
  • パフォーマンス監視とメンテナンス戦略
  • 継続的な改善とアップデートの適用

ユーザー管理とセキュリティ設定

ユーザーの追加、権限の管理、セキュリティの確保は、Salesforceの安全な運用に不可欠です。

正しいユーザー管理の実施には、「設定」メニューから「ユーザー」セクションにアクセスし、新しいユーザープロファイルの作成や既存ユーザーへのアクセス権限の割り当てをおこないます。

また、パスワードポリシーの設定や二要素認証の導入もセキュリティを強化。

システムへのアクセス制御を適切に設定することで、情報漏洩のリスクを減少させ、コンプライアンスを維持できます。

パフォーマンス監視とメンテナンス戦略

Salesforceシステムのパフォーマンスを定期的に監視し、必要に応じてメンテナンスを実施することが重要です。

人の出入りや役割の追加などで、思ったとおりの権限・セキュリティになっていないことがあります。

例えば、システムの利用状況を確認したり、システムの改善点を自動的に検出したりが可能。

定期的なレビューと調整により、システムのパフォーマンスを最適化し、ユーザーの不満を未然に防ぎます。

継続的な改善とアップデートの適用

システムを最新の状態に保つことも不可欠です。

なぜならSalesforceは、定期的に新しい機能をリリースするからです。

以下を実施してできる限り最新の状態を保ちましょう。

  • リリースノートの確認
  • 新機能のテスト
  • 必要に応じたトレーニングの更新

また、ユーザーフィードバックを収集し、システムの改善のために定期的に検討することで、ビジネスニーズに合わせた最適なSalesforceの環境を維持できます。

成功への道: 導入後の最適化と拡張

Salesforceの実装後、システムを環境に最適化し、機能を拡張することで、長期的な成功を確実にします。

  • ユーザーの採用率とエンゲージメントの向上
  • 拡張機能とアプリケーションの統合
  • ROI分析とビジネスインパクトの測定

ユーザーの採用率とエンゲージメントの向上

Salesforceの利用価値を最大化するために、全ユーザーが積極的にシステムを利用しているかの確認が必要です。

実際に使われている機能のレポートやダッシュボードを分析して、採用とエンゲージメントの問題を特定し、改善策を講じます

例えば、業務上の成功事例を社内で共有したり、ユーザーが直面する日常業務の課題に対する解決策を提供したりすることで、システム採用の促進が可能です。

拡張機能とアプリケーションの統合

Salesforceは高い拡張性を持っており、Salesforce AppExchangeを通じて追加のアプリケーションや拡張機能を統合できます。

これはとくに、特定のビジネスニーズに特化した機能を追加する際に有益。

例えば、以下のようなアプリケーションとSalesforceを統合することで、一元化された管理やデータの同期を実現できます。

  • プロジェクト管理
  • 会計ソフトウェア
  • 外部のサードプラットフォーム

統合を検討する際には、APIや既存の統合ツールを活用して、シームレスなデータフローと業務の効率化を目指すことが大切です。

ROI分析とビジネスインパクトの測定

Salesforce導入の価値を評価するためには、投資収益率(ROI)の分析とビジネスインパクトの測定が有効です。

次のようなビジネス指標を定期的に追跡し、Salesforceがこれらに与えた影響を明らかにすることで、達成できます。

  • 販売データ
  • 市場シェア
  • 顧客満足度

直感的なレポートとダッシュボードを活用して、データ駆動型の意思決定をサポートし、経営戦略にSalesforceのパフォーマンスデータを組み込みましょう。

まとめ

Salesforceの導入は、計画的で段階的なアプローチを必要とします。

以下の手順を参考に、導入を検討しましょう。

  1. 目標の設定
  2. 組織に適したチームを構成
  3. 製品を選定
  4. カスタマイズと設定

ビジネスの特定の要求を満たすことができます。

教育とトレーニングによってユーザーの採用とエンゲージメントを高め、運用と管理を通じてシステムを安定させられます。

最適化と拡張で将来の成功を追求しましょう。

当記事に沿って進むことで、Salesforce導入の複雑さを把握し、効率的にシステムを導入し運用してください。

タイトルとURLをコピーしました