Dockerコンテナに入る方法|起動時・起動中の方法をそれぞれ解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は次のような読者に向けて書かれています

「Dockerコンテナにどのように入るのか理解したい」

「Dockerコンテナへの入り方を具体的に知りたい」

「Dockerコンテナへのアクセスの実際の例を見てみたい」

✔当記事を読むことで習得できること

  • Dockerコンテナへのアクセス方法の基本
  • Dockerコンテナへのアクセスの手順とその応用
  • Dockerコンテナに入るための具体的な例

当記事では、Dockerコンテナへのアクセスの基本知識から、さまざまなシチュエーションでの具体的な例まで、詳しく解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

✔手を動かしながら学びたい方向け

「文章で読んでもしっくりこない」という方には、動画での学習もおすすめです。

手を動かして書いたコマンドやコードで、どうなるのかが明確になります。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Dockerとコンテナ技術についての基礎知識

こちらでは、「Dockerとコンテナ技術」についてお伝えしていきます。

  • Dockerの役割と概要
  • コンテナ技術のメリット

Dockerの役割と概要

Dockerは、アプリケーションを容易に配布・実行・移植できるようにするオープンソースプラットフォームです。

コンテナ化されたアプリケーションは、さまざまな環境で一貫して動作します。

コンテナ化することで、開発者のローカルマシンからテスト環境、そして本番環境への移行が非常にスムーズになるのです。

コンテナ技術のメリット

コンテナ技術は、仮想マシンと比べて軽量でとても高速。

仮想マシンと違い、ホストOSのうえにそのままアプリケーションとして乗っかるだけだからです。

また環境の隔離が可能なため、アプリケーション間で依存関係の競合を防げます。

異なるバージョンのライブラリが必要なアプリケーションでも、コンテナ内で個別に実行でき、開発やテストが効率化するのです。

DockerとDocker Composeの基本コマンド

こちらでは、DockerとDocker Composeの基本コマンドについてお伝えしていきます。

  • Dockerの主要コマンド
  • Docker Composeの機能と使用方法

Dockerの主要コマンド

Dockerを使いこなすためには、いくつかの基本的なコマンドを理解する必要があります。

  • docker build:イメージのビルド
  • docker run:コンテナの起動
  • docker ps:実行中のコンテナの一覧を表示

これらのコマンドは、Dockerを操作する上で不可欠です。

Docker Composeの機能と使用方法

Docker Composeは、複数のコンテナを定義し、実行するツールです。

docker-compose.ymlファイルでサービスを定義し、docker-compose upコマンドで一度に起動できます。

例として、フロントエンドとバックエンド、データベースなどを連携させた開発環境を構築する際に非常に役立ちます。

Dockerコンテナへの入り方

こちらではいよいよ、Dockerコンテナへの入り方を見ていきます。

  • コンテナIDで、起動中のコンテナにアクセスする方法
  • 起動と同時にコンテナへアクセスする方法
  • 【Docker Compose】サービス名で、コンテナに入る方法

コンテナIDで、起動中のコンテナにアクセスする方法

Dockerコンテナへのアクセスは、コンテナIDを使用しておこなうことが一般的です。

以下は、その手順です。

  • ワーキングディレクトリの変更
  • コンテナの起動
  • 目的のコンテナIDの検索
  • コンテナへのアクセス実行

ワーキングディレクトリの変更

まず、コンテナの操作をおこないたいディレクトリへ移動します。

cd /path/to/your/project

コンテナの起動

コンテナが停止している場合は、一度起動させましょう。

docker start コンテナID

目的のコンテナIDの検索

docker psdocker container lsでコンテナIDを見つけます。

コンテナへのアクセス実行

起動中のコンテナへは以下の通りアクセスできます。

docker exec -it コンテナID /bin/bash

起動と同時にコンテナへアクセスする方法

起動と同時にコンテナの/bin/bashを開いてみましょう。

以下のコマンドです。

docker run -it イメージ名 /bin/bash

【Docker Compose】サービス名でコンテナに入る方法

Docker Composeを使用する場合、サービス名で直接コンテナに入ることが可能です。

docker-compose exec サービス名 /bin/bash

定義したサービス名でコンテナに入れます。

具体的には、webサービスにアクセスする際は、以下のとおりです。

docker-compose exec web /bin/bash

トラブルシューティング: コンテナ操作で遭遇する問題と解決策

こちらでは、「コンテナ操作で遭遇する問題と解決策」についてお伝えしていきます。

  • 実行エラーメッセージの解読
  • 常見のトラブルとその対処法

実行エラーメッセージの解読

Dockerでエラーに遭遇した際、エラーメッセージをしっかり読み解くことが重要です。

例えば、「Iイメージが見つかりません」のようなエラーは、イメージがローカルに存在しないことを意味します。

このようなエラーには、適切なイメージをダウンロードするかビルドすることで対処しましょう。

常見のトラブルとその対処法

Dockerの操作中によく発生するトラブルの一例として、ポートの競合が挙げられます

同じポートを異なるコンテナで使用しようとすると、競合が発生してしまうのです。

この問題を解決するためには、使用するポートを変更したり、既に使用しているポートを解放する必要があります。

まとめ: Dockerスキルの継続的な向上

当記事では、Dockerコンテナへのアクセスについて学習してきました。

Dockerの学習は決して終わりません。

コンテナのセキュリティ、ネットワーク設定、クラスタリングなど、深掘りすればするほど学ぶべき内容が増えていきます。

自分の関心やプロジェクトのニーズに合わせて、次の学習テーマを計画しましょう。

実際のプロジェクトでDockerを活用することで、理論的な知識だけでなく実践的なスキルも向上します。

小規模なプロジェクトから始め、徐々に複雑なアプリケーションの構築に挑戦することで、Dockerの理解が深まります。

タイトルとURLをコピーしました