【完全版】git restoreの基本から応用まで|オプション一覧付

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事はこんな方にオススメです

「git restoreってどういうときに使うの?」

「git restoreの正確なコマンドラインを学びたい」

「git restoreがどのように動作するのか実例を知りたい」

✔当記事で得られる情報はこちら

  • git restoreの基本的な役割と使い方
  • git restoreの適切なコマンドラインの書き方とその応用
  • 実際のgit restoreの使用例

当記事では、git restoreの基本的な使い方から、更に詳細なオプションの活用法についても、具体的な例を交えて紐解きます。

最後までお読みいただくことで、git restoreをスキルフルに使いこなすためのコツが身につきます。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

git restoreとは

こちらでは、「git restore」について説明します。

「git restore」の基本的な概念と効用を理解することで、効率的なGitの作業フローを実現できます。

  • git restoreの概要
  • git restoreの効用

git restoreの概要

git restoreはGitのコマンドのひとつで、作業ディレクトリやステージングエリアの変更を取り消す作業をおこないます。

たとえば、特定のファイルで行った変更をキャンセルしたい場合や、特定の状態に戻したい場合などに使用します。

以下は一般的なコマンドの形式です。

git restore <ファイル名>

このコマンドを実行すると、指定したファイルの変更がワーキングディレクトリから取り消されます。

git restoreの効用

git restoreを使う利点は、一時的な変更を安全に元に戻せるという点です。

これにより、ミスや予期せぬ変更に対する恐怖から解放され、自由にコードを編集することが可能となります。

またgit restoreは、特定のコードの状態を取り出すためにも使用可能です。

git restoreの基本的な操作

こちらでは、git restoreの基本的な操作方法について詳しく解説します。

正確な操作を理解し、適切に実行することで、コードの安全性と効率性を高められます。

  • コードの変更を取り消す方法
  • ステージング前の変更を取り消す方法 (addされる前に戻す)
  • コミット前の変更を取り消す方法 (commitされる前に戻す)

コードの変更を取り消す方法

特定のファイルの変更を取り消すには、git restoreコマンドを使用します。

例えば、index.htmlというファイルで行った変更を取り消したい場合、以下のコマンドを実行してください。

git restore index.html

これにより、index.htmlの変更が元に戻されます。

ステージング前の変更を取り消す方法

ステージングエリアに追加した後(git addを実行した後)の変更を取り消すには、--stagedオプションを使用します。

以下のコマンドで、index.htmlのステージングした変更を取り消すことができます。

git restore --staged index.html

これにより、ステージングエリアの変更が取り消され、ワーキングディレクトリの変更はそのまま保持されます。

コミット前の変更を取り消す方法

直前のコミット状態に戻すには、--sourceオプションと共にHEADを指定します。

以下のコマンドで、未コミットの変更すべてを取り消すことができます。

git restore --source HEAD index.html

これにより、index.htmlの変更が直前のコミット状態に戻されます。

git restoreのオプションの使い方

ここでは、「git restore」のオプションの使い方について詳しく説明します。

これらのオプションを適切に使用することで、より細かい調整ができるのです。

  • -pオプションの使い方と効用
  • その他の主要なオプションの紹介とオプション一覧

-pオプションの使い方と効用

-pオプション(patchの略)は、ファイルの変更を部分的に取り消すのに用いられます。

以下が例です。

git restore -p index.html

index.htmlに対する各変更が表示され、どの変更を取り消すかを選択できます。

これは、特定の行だけを元に戻したい場合などに非常に便利です。

そのほかの主要なオプションの紹介とオプション一覧

git restoreには他にもさまざまなオプションが存在します。

オプション名説明具体例
--source復元するコミットやブランチを指定します。git restore --source HEAD~1 file.txt
--stagedステージングエリアの変更を復元します(ワーキングディレクトリの変更はそのまま)。git restore --staged file.txt
--worktreeワーキングディレクトリの変更を復元します(ステージングエリアの変更はそのまま)。git restore --worktree file.txt

git restoreコマンドは、ワーキングディレクトリやステージングエリアの変更を指定したコミットやブランチの状態に戻すために使用されます。

オプションを組み合わせることで、さまざまなリストアのシナリオを実現できます。

git restoreの活用例

こちらでは、「git restore」の具体的な活用例について詳しく説明します。

これらの事例を通じて、git restoreの利用法をより深く理解できるでしょう。

  • ファイルの変更を一部取り消す例
  • 特定のコミット状態に戻す例

ファイルの変更を一部取り消す例

以下の例は、-pオプションを使用してindex.htmlの変更を一部取り消す場合のものです。

git restore -p index.html

これを実行すると、index.htmlに加えた各変更が表示され、その中から取り消す変更を選択できます。

これは、特定の行の変更だけを取り消したい場合などに有用です。

取り消す場合は以下のメッセージで「y」を選択します。

(1/1) Discard this hunk from worktree [y,n,q,a,d,e,?]? y

特定のコミット状態に戻す例

以下の例は、--sourceオプションを使用して特定のコミット状態にファイルを戻す場合のものです。

git restore --source <commit-id> index.html

このコマンドにより、index.htmlを指定したコミットIDの状態に戻せます。

これは、過去の特定の状態に一時的に戻したいときに使用しましょう。

まとめ

当記事では、git restoreについて学習してきました。

  • git restoreにより、作業ディレクトリやステージングエリアの変更を取り消せる
  • オプションを使うことで、できることの幅が広がる

Gitは強力なツールですが、その機能を最大限に利用するためには、その使い方を正確に理解することが重要です。

当記事が、git restoreコマンドの理解と活用に役立つことを願っています。

タイトルとURLをコピーしました