【保存版】git branchの基礎から応用までを丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は以下の疑問を持つ方に向けてまとめたものです

「git branchコマンドの機能を詳しく知りたい」
「git branchの使い方や記述方法を学びたい」
「git branchを使った具体的な事例を視覚化したい」

✔当記事でお伝えするポイント

  • git branchコマンドの基本
  • git branchコマンドを使った書き方とその応用
  • git branchコマンドを使った実際の事例

当記事では、git branchコマンドの基本知識から、さらに応用まで、具体的な例を交えて詳細に解説しています。

最後まで読んで、git branchコマンドの使い方をしっかりとマスターしましょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitとブランチを理解するための前提知識

こちらでは、”Gitとブランチ”を理解するための前提知識について見ていきます。

Gitとそのブランチ機能について理解することは、効率的で成功したソフトウェア開発をおこなうための基礎的なスキルです。

  • Git入門:Gitとは何か?
  • Gitの利点:なぜGitが必要なのか?
  • Gitとブランチ:簡単な概要
  • Gitブランチの重要性:なぜGitブランチを使用するのか?

Git入門:Gitとは何か?

Gitは、規模を問わず、プロジェクトでのコード管理に強力なツールです。

各開発者のローカル環境に全てのコード履歴を保持するため、ネットワーク接続なしで作業を進められます。

この分散型の特性により、一部のデータが失われてもほかの場所から復元できるので、より堅牢なバージョン管理を実現できるのです。

Gitの利点:なぜGitが必要なのか?

Gitの主な利点は、以下のとおり。

  • 開発者が複数人いてもスムーズにコードの変更を追跡し、統合できる
  • ローカル環境に全てのコードの履歴があるため、ネットワーク接続がない場所でも作業を進められる
  • Gitのブランチ機能は、開発者が同じコードベースで並行して作業をおこなうことを可能にする

これらの機能により、Gitは大規模なプロジェクトでの開発作業を効率化する重要なツールとなっています。

Gitとブランチ:簡単な概要

Gitは、ファイルの変更履歴を記録して、いつでも特定のバージョンを参照できるようにするツールです。

ブランチは、Gitでの開発において、開発者が作業を独立させることを可能にします。

たとえば、新しい機能を追加するブランチを作成したり、既存のバグを修正するブランチを作成が可能です。

Gitブランチの重要性:なぜGitブランチを使用するのか?

Gitブランチは、複数の異なる作業を同時におこなうために使います。

タスクを同時進行しても、片方のブランチでの作業が他ブランチに影響を与えません。

またブランチを利用することで、コードの変更を詳細にトラッキングし、特定の機能追加やバグ修正の履歴を把握できます。

Gitブランチの探求

こちらでは、「Gitブランチ」について深く探求します。

ブランチの仕組みと定義を理解することで、Gitの強力な機能を最大限に利用可能です。

  • Gitブランチの定義
  • Gitブランチの仕組み

Gitブランチの定義

Gitブランチとは、独立した開発ラインを作成するための指標。

それぞれのブランチは、特定のコミットを指すポインタとして機能します。

一般的に、ブランチは以下のような特定の目的に対して作成します。

  • 新機能の開発
  • バグ修正
  • 実験的な変更

新たにブランチを作成することで、そのブランチ上で行われる変更は他のブランチに影響を与えず、独立した作業を保証します。

# ブランチの作成コマンド
git branch [branch-name]

Gitブランチの仕組み

ブランチを作成するという行為は非常に高速。

新しいコミットを作成することなく、複数のブランチを瞬時に作成・切り替えできます。

なぜならGitのブランチは、特定のコミットを指すポインタとして動作しているからです。

ブランチは通常、一連のコミットを追跡し、それぞれのブランチは完全に独立しています。

# ブランチの切り替えコマンド
git checkout [branch-name]

あなたの最初のGitブランチの作成

次に、「Gitブランチの作成」について詳しく説明します。

  • ステップバイステップ解説:コマンドラインでのGitブランチの作り方
  • 主要なコマンド:Gitブランチを作るためのコマンド

ステップバイステップ解説:コマンドラインでのGitブランチの作り方

Gitブランチを作成する手順は以下のとおり。

  • ターミナルまたはコマンドプロンプトを開く
  • Gitリポジトリのルートディレクトリに移動
  • そこで以下のコマンドを使用して新しいブランチを作成
# ブランチの作成と切り替え
git checkout -b [branch-name]

上記のコマンドは、「-b」オプションを使用して新しいブランチを作成し、同時にそのブランチに切り替える作業を一度に行います。

主要なコマンド:Gitブランチを作るためのコマンド

Gitブランチの作成や操作には以下のようなコマンドがよく使用されます。

  • ブランチの作成:git branch [branch-name]
  • ブランチへの切り替え:git checkout [branch-name]
  • ブランチの作成と切り替えを同時に行う:git checkout -b [branch-name]
  • 現在のブランチの確認:git branch
  • ブランチの削除:git branch -d [branch-name]

これらのコマンドを使って、ブランチの作成、切り替え、削除などがおこなえます。

Gitブランチを使いこなす:切り替えと削除

こちらでは、「Gitブランチの切り替え」と「削除」について詳しく説明します。

ブランチ間でスムーズに移動し、不要なブランチを適切に削除する方法を学びましょう。

  • ブランチの切り替え方
  • ブランチの削除方法

ブランチの切り替え方

Gitブランチ間の切り替えは、checkoutコマンドを使用します。

# ブランチの切り替えコマンド
git checkout [branch-name]

このコマンドを使用すると、指定したブランチに切り替わります。

また、新しいブランチを作成しながらそのブランチに切り替えるには、checkoutコマンドに-bオプションを使用します。

# ブランチの作成と切り替え
git checkout -b [new-branch-name]

ブランチの削除方法

Gitでは、不要になったブランチを削除も可能。

これにはbranchコマンドに-dオプション(または-Dオプション)を付けます。

# ブランチの削除コマンド
git branch -d [branch-name]

ただし注意点として、そのブランチの変更がほかのブランチにマージされている場合にのみブランチを削除します。

変更が反映され図に消去されることを防ぐためです。

未マージの変更を含むブランチを強制的に削除するには-Dオプションを使用してください。

# 未マージの変更を含むブランチを削除するコマンド
git branch -D [branch-name]

ただし、強制的にブランチを削除する前に、未マージの変更が本当に不要であるかどうかを確認してください。

あなたの努力を統合する:Gitブランチのマージ

次に、「Gitブランチのマージ」について詳しく説明します。

異なるブランチで行った作業を統合する方法を学びましょう。

  • ブランチのマージ方法
  • Gitブランチのマージコマンド

ブランチのマージ方法

Gitでは、2つのブランチをマージすることで、一方のブランチでおこなった変更を他方のブランチに取り込めます。

使用するのは、mergeコマンドです。

# ブランチのマージコマンド
git merge [branch-name]

現在チェックアウトしているブランチに、指定したブランチの変更を統合するもの。

そのため、マージ先のブランチにチェックアウトした状態でコマンドを実行します。

Gitブランチのマージコマンド

Gitブランチのマージには、主に以下のコマンドが使用されます。

  • ブランチのマージ:git merge [branch-name]
  • マージのコンフリクト表示:git diff
  • コンフリクトの解消とコミット:git add . -> git commit -m "commit message"

これらのコマンドを使用して、ブランチをマージし、必要に応じてマージコンフリクトを解決しましょう。

Gitブランチをより効果的に使うための戦略

こちらでは、効果的にGitブランチを使用するための戦略について説明します。

作業効率を上げるためのテクニックと、実際の使用例をご覧ください。

  • Gitブランチを用いた作業効率を上げるためのテクニック
  • 高度な応用:使用例を通じた解説

Gitブランチを用いた作業効率を上げるためのテクニック

Gitブランチを使用する最大の利点のひとつは、作業を分離し、それぞれを個別に管理できること。

ほかの作業に影響を与えることなく、特定のタスクに集中できます。

またブランチを使用することで、変更を小さな単位でコミットし、それぞれを明確に追跡することも可能です。

これは以下のように行います。

# 新しい機能用のブランチを作成
git checkout -b feature/new-feature

# 変更をステージング
git add .

# コミット
git commit -m "Add new feature"

# mainブランチにマージ
git checkout main
git merge feature/new-feature

ブランチを使用することで、コードの変更を組織的に管理し、プロジェクトの効率を大いに向上させられるでしょう。

高度な応用:使用例を通じた解説

Gitブランチを効果的に使用するためのひとつの高度な戦略は、特定の開発ワークフローを採用することです。

最も一般的なものは、”Gitフロー”と”GitHubフロー”。

それぞれの詳細をご覧ください。

Gitフロー

5つのブランチを使用して、プロジェクトを管理します。

  • main
  • develop
  • feature
  • release
  • hotfix

新機能の開発や、リリースの準備、緊急のバグ修正など、プロジェクトの各フェーズを効率的に管理することが可能になります。

GitHubフロー

Gitフローよりシンプルで、mainブランチと、その他の作業ブランチ(新機能やバグ修正等)だけで構成されます。

作業が完了したら、そのブランチはPull Requestを通じてmainブランチにマージ。

ただしどちらの戦略も、コードの管理を効果的におこなうことが目的なのは一緒です。

選ぶべき戦略は、以下のような要素から適切なものを判断してください。

  • プロジェクトの規模
  • チームの大きさ
  • 作業の流れ

まとめ

当記事では、Gitの基礎について学びました。

  • Gitブランチの作成
  • 切り替え、削除、マージなどの基本的な操作
  • 効率的なブランチの利用方法

Gitブランチを使用することで、作業を分離し、効率的にプロジェクトを管理できます。

Gitブランチは単なるツールではなく、開発ワークフローを効果的に管理し、チーム全体の生産性を向上させるための強力な手段であることを認識してください。

当記事が、あなたの開発環境の構築と改善に役立つことを願っています。

これからもGitとそのブランチ機能を使いこなし、より良いコードを書いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました