【Gitの基本】git cloneでブランチ指定|コマンド例付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事が対象としている読者

「git cloneでブランチを指定する方法が知りたい」

「git cloneでブランチ指定ってメリットがあるの?」

「git cloneでブランチを指定する具体的な実例を見たい」

✔当記事で掘り下げる内容

  • git cloneの基礎理解
  • git cloneでブランチを指定する手順と応用的な使い方
  • git cloneでブランチを指定する実例

当記事では、「git clone ブランチ指定」の基礎から応用まで、具体的な実例と共に分かりやすく解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただければと思います。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitの基本知識

こちらでは、Gitの基本知識について解説します。

具体的には、Gitの全体像とバージョン管理の理念について説明します。

  • Gitの全体像理解
  • バージョン管理の理念

Gitの全体像理解

Gitは、ソフトウェア開発でよく使用されるバージョン管理システムです。

ファイルの変更履歴を保存し、必要に応じて以前の状態に戻したり、変更内容を追跡したりできます。

Gitの全体像を理解するためには、リポジトリという概念を理解しましょう。

リポジトリはファイルやディレクトリの変更履歴を保存する場所で、Gitによって管理されるもの。

ローカルリポジトリとリモートリポジトリがあり、それぞれ異なる役割を持ちます。

またブランチやコミット、マージなどの操作もGitの重要な要素です。

これらについては、次のセクションで詳しく見ていきましょう。

バージョン管理の理念

バージョン管理の理念は、ソフトウェア開発過程での変更を追跡し、必要に応じて以前の状態に戻せるようにすることです。

複数の開発者が共同で作業を進める場合、各開発者の変更を統合し、競合を解決する手段も提供します。

Gitはこのバージョン管理の理念を体現しているのです。

  • コミット:コードの変更を小さな単位で保存
  • ブランチ:異なる作業を隔離
  • マージ:これらを統合

このプロセスにより、安全にソフトウェアの開発を進められます。

このバージョン管理の理念を理解することで、Gitの各操作がどのような目的で、どのように役立つのかを理解できるでしょう。

Git branchの理解

こちらでは、Gitの「branch」について深く解説します。

具体的には、「branch」の基本的な概念と機能についての説明です。

  • Branchの概念と機能
  • git branchの使い方

Branchの概念と機能

Gitの「branch」は、開発作業を分岐させるための機能です。

ひとつのリポジトリ内で、異なる作業内容やバージョンを同時に進行させられるのです。

例えば、以下のようなことを別の場所で同時にできます。

  • ひとつのブランチで新機能の開発をする
  • 別のブランチでバグ修正をおこなう

それぞれの作業が終了し、問題がないことが確認できたら、メインブランチ(主に「master」または「main」)にマージ(統合)します。

「branch」は、開発作業を効率的かつ安全に進めるための重要なツールです。

git branchの使い方

git branchの基本的な使い方は非常に簡単。

新しいブランチを作成するには、以下のようにgit branchコマンドにブランチ名を指定します。

git branch [新ブランチ名]

既存のブランチを表示するには、git branchコマンドを引数なしで実行します。

git branch

これは現在のリポジトリに存在するブランチ一覧を表示します。

なお現在作業中のブランチは、その名前の前にアスタリスク(*)が表示されます。

$ git branch
* BLOG1500-9--
  main

これらはgit branchコマンドの基本的な使い方ですが、ほかのさまざまなオプションを活用することで、より詳細なブランチ操作が可能になります。

Git cloneの理解

こちらでは、「Git clone」について深く理解を深めていきます。

Git cloneの基本的な役割と操作法、そしてその上級者向けの活用法について学んでいきましょう。

  • Cloneの役割
  • Cloneの基本的操作法
  • 高度なclone活用法

Cloneの役割

Gitの「clone」は、既存のリポジトリを複製するためのコマンドです。

cloneにより、その全バージョンの管理情報が、新たなリポジトリにコピーされます。

既存のプロジェクトに参加する際や、ほかの人のプロジェクトをベースに新しいプロジェクトを始めるときに使える方法です。

Cloneの基本的操作法

git cloneの基本的な使い方は非常にシンプルです。

以下のコマンドを使用して、既存のリポジトリを複製(クローン)できます。

git clone [リポジトリのURL]

このコマンドを実行すると、現在のディレクトリに新しいディレクトリが作成され、その中にリポジトリの全ての情報が複製されます。

高度なclone活用法

Git cloneは、基本的な使い方だけでなく、より高度な活用法もあります。

例えば、以下のようなオプションを付ける方法です。

git clone -b [ブランチ名] [リポジトリのURL]

このコマンドを使うと、リポジトリ全体ではなく特定のブランチだけをcloneできます。

Git cloneは柔軟な操作が可能で、さまざまなシチュエーションで活用できるのです。

git clone時のブランチ指定

こちらでは、「git clone」を使用した際のブランチ指定について、その意義と具体的な方法について解説します。

ブランチ指定によってどのようにgit cloneの挙動が変わるのか、そしてそれがどのように役立つのかを理解しましょう。

  • ブランチ指定の意義と使い方
  • 特定のブランチのclone作成法

ブランチ指定の意義と使い方

通常、git cloneを使用するとリポジトリの全ブランチを複製します。

しかし特定のブランチだけをcloneしたい場合や、初めてcheckoutするブランチを指定したい場合は、ブランチ指定オプション -b を使ってください。

git clone -b [ブランチ名] [リポジトリのURL]

このようにして指定されたブランチだけがcloneされ、それがチェックアウトされた状態でcloneが作成されます。

特定のブランチの作業を開始する際や、リポジトリの容量が大きい場合に、時間が節約できる方法です。

チェックアウトとは、ブランチを切り替えること。

作業台を変更するようなイメージをもっておくと良いでしょう。

特定のブランチのclone作成法

特定のブランチだけをcloneする具体例です。

ブランチ名 “feature-branch” のみをcloneします。

git clone -b feature-branch https://github.com/user/repo.git

“feature-branch” だけがcloneされ、そのブランチがチェックアウトされた状態でcloneが作成されます。

特定の開発やテストをおこないたいときや、リポジトリ全体ではなく特定のブランチだけに興味がある場合に役立つでしょう。

git cloneのオプション紹介

ここでは、「git clone」のさまざまなオプションについて詳しく説明していきます。

これらのオプションを利用することで、「git clone」の挙動をより具体的に制御でき、より効率的に作業を進められます。

  • ブランチ指定
  • メッセージ非表示
  • Originの別名指定
  • オプション使用時の上級テクニック

ブランチ指定

以前に説明したように、ブランチを指定する -b オプションは特定のブランチのみをクローンする際に役立ちます。

git clone -b [branch-name] [repository-url]

メッセージ非表示

-q または --quiet オプションを使用すると、進行状況やエラーメッセージを表示せずにクローンを作成できます。

これは大量のリポジトリをクローンする際に有用です。

git clone --quiet [repository-url]

Originの別名指定

-o または --origin オプションを使用すると、リモートの名前を “origin” ではなく別の名前にできます

同じリポジトリを複数のリモートとして管理する際に有用です。

git clone -o [new-origin-name] [repository-url]

オプション使用時の上級テクニック

複数のオプションを一度に使用することも可能です。

特定のブランチを指定してクローンを作成し、その際にリモートの名前を変更してみましょう。

git clone -b [branch-name] -o [new-origin-name] [repository-url]

これらのオプションは、あなたの作業をより具体的に制御し、効率化するための強力なツールです。

そのほかのclone活用法

こちらでは、一般的なclone以外の方法を見てみましょう。

Gitの多機能性と多様性をさらに理解できるはずです。

  • cloneの別名保存
  • cloneの保存場所変更

cloneの別名保存

デフォルトでは、git cloneはリポジトリのURLの最後の部分をフォルダ名として使用します。

しかし、これは必ずしも理想的な名前ではない場合があります。

git cloneのオプションで、クローンの名前を指定しましょう。

[custom-name]を新しいディレクトリ名として使用するものです。

git clone [repository-url] [custom-name]

cloneの保存場所変更

デフォルトでは、git cloneは現在の作業ディレクトリに新しいディレクトリを作成します。

しかしリポジトリを異なる場所にクローンしたい場合もあります。

それには、クローンのパスを指定してください。

git clone [repository-url] [directory-path]/[custom-name]

ここで、[directory-path]はクローンを保存するディレクトリへのパスを、[custom-name]は新しいディレクトリの名前を示します。

以上の方法で、git cloneコマンドをさらに細かく制御できるのです。

Q&A:よくある質問3選

以下によくある質問をまとめました。

事前に把握しておけば、トラブル時の解決が早まるでしょう。

Q: git cloneとは何ですか?

git cloneは、既存のリポジトリを複製するためのコマンドです。

これにより、他の人が作成したリポジトリの完全なコピーをローカルに持つことができます。

Q: git clone時にブランチを指定する方法は?

git clone -b [branch-name] [repository-url]

[branch-name]の部分にはクローンしたいブランチ名を入力します。

Q: クローンの名前や保存場所を変更する方法は?

以下のコマンドで、クローンの名前を指定できます。

git clone [repository-url] [custom-name]

保存場所の変更も可能です。

git clone [repository-url] [directory-path]/[custom-name]

[custom-name][directory-path]の部分には自分の希望する名前やパスを入力します。

まとめ

当記事では、Gitのcloneとbranchについて学習してきました。

  • Gitの基本概念とバージョン管理の理念
  • git branchの概念と機能、その具体的な操作方法
  • git cloneの役割と基本的な使用方法

とくに重要な部分は、git cloneを使用してブランチを指定する方法と、その際のオプションの利用方法でした。

それぞれのオプションがどのような目的で使用され、どのように振る舞うかを学ぶことで、より効果的にGitを利用できるようになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました