【Ubuntu】アップデート方法からその注意点までわかりやすく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年6月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「Ubuntuのアップデート方法を知りたい」
「Ubuntuアップデート時の注意点は?」
「Ubuntuアップデートの実践的な手順を知りたい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • Ubuntuアップデートの基本知識
  • Ubuntuアップデートの手順と注意点
  • Ubuntuアップデートの実践的な例

当記事では、Ubuntuアップデートの基本から、実践的な手順、さらには注意点まで、具体的な例を用いて詳細に解説しています。

ぜひ最後までお読みいただき、Ubuntuのアップデートを円滑に進めるための知識を身に着けてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

アップデート前の準備

アップデートをスムーズに行うための準備方法について説明します。

  • Ubuntuバージョンの確認方法
  • アップデートリポジトリの設定
  • システムとデータのバックアップ

Ubuntuバージョンの確認方法

アップデートを行う前に、現在のUbuntuのバージョンを確認することが重要です。

これにより、どのバージョンにアップデートするべきか、または特定のアップデートが適用可能かどうかを判断できます。

バージョンの確認は、以下のいずれかでおこないましょう。

lsb_release -a
cat /etc/os-release

アップデートリポジトリの設定

Ubuntuのアップデートをおこなうには、「アップデートリポジトリ」を設定する必要があります。

アップデートリポジトリにより、システムがアップデートを検索し、必要なパッケージをダウンロードできるからです。

「Software & Updates」の設定メニュー > 「Ubuntu Software」タブ >「Download from」のドロップダウンメニューから最も近いリポジトリを選択してください。

コマンドラインからは、以下の場所で設定ファイルを見つけられます。

/etc/apt/sources.list
/etc/apt/sources.list.d/

システムとデータのバックアップ

システムのアップデートは通常、問題なく進行しますが、予期しない問題が発生する可能性もあります。

そのため、重要なデータの損失を防ぐためには、アップデート前にシステムとデータのバックアップを取ることを強くおすすめします。

Ubuntuには、システムのバックアップを簡単に取れる「Backups」アプリケーションが含まれています。

Ubuntuのバージョンアップ

Ubuntuのバージョンアップのメリットと、16.04から18.04へのバージョンアップ方法を具体的に説明します。

  • バージョンアップのメリット
  • 16.04から18.04へのバージョンアップ方法

バージョンアップのメリット

Ubuntuのバージョンアップには、多くのメリットがあります。

  • セキュリティパッチの適用
  • 新機能の追加
  • 性能の向上
  • サポートの継続

バージョンアップは新しいハードウェアのサポートを提供し、システムの全体的な改善を可能にします。

16.04から18.04へのバージョンアップ方法

Ubuntuのバージョンアップは、通常のアップデートとは異なり、新しいバージョンのUbuntuに完全に移行します。

そのため、特定の手順を追っておこないましょう。

  1. ターミナルを開く
  2. すべてのパッケージを最新の状態にアップデート
  3. 「do-release-upgrade」コマンドを実行

このコマンドは新しいリリースが利用可能になったときにシステムをアップグレード。

アップグレードプロセスは自動的に進行し、必要に応じてユーザーの入力を求めるプロンプトが表示されます。

パッケージのアップデート

Ubuntuのパッケージアップデートの重要性と方法について説明します。

  • apt-get updateとapt-get upgradeの違い
  • パッケージを最新にアップデートする方法
  • ブラウザ(Chromeなど)のアップデート方法

apt-get updateとapt-get upgradeの違い

Ubuntuでは、システムのパッケージを管理するために「apt」コマンドを使用します。

この中でも、「apt-get update」と「apt-get upgrade」の違いを理解することは重要です。

  • 「apt-get update」:パッケージリストを更新し、新しいアップデートがあるか確認
  • 「apt-get upgrade」:システム上の既存のパッケージを新しいバージョンにアップデート

パッケージを最新にアップデートする方法

Ubuntuのパッケージを最新に保つことは、システムの安全性と効率性を保つために必要です。

具体的な方法はこちらです。

  • ターミナルから「apt-get update」を実行し、パッケージリストを更新
  • 「apt-get upgrade」を実行し、既存のパッケージを最新の状態にアップデート

これらのコマンドは、システムが最新の状態に保たれることを確認します。

ブラウザ(Chromeなど)のアップデート方法

特定のアプリケーション、たとえばGoogle Chromeのようなウェブブラウザも、安全性とパフォーマンスを維持するために定期的にアップデートする必要があります。

Ubuntuでは、アプリケーションのアップデートは通常、「Ubuntu Software」アプリケーションからおこないます。

一部のアプリケーションは、アプリケーション内から直接アップデートも可能です。

使い方と設定の変更

新しいバージョンのUbuntuでの設定変更と、アップデート後の使い方のポイントについて説明します。

  • 新しいバージョンのUbuntuでの設定変更
  • アップデート後の使い方のポイント

新しいバージョンのUbuntuでの設定変更

新しいバージョンのUbuntuでは、UIの変更や新しい機能の追加がおこなわれます

これらの変更に対応するために、一部のシステム設定を変更する必要があるかもしれません。

新しいバージョンのUbuntuでは、システム設定は「Settings」アプリケーションから簡単に変更が可能です。

アップデート後の使い方のポイント

アップデート後、新しいバージョンのUbuntuでの操作方法に若干の変更があるかもしれません。

例えば、新しいショートカットキーの追加、または新しい機能の追加などがあります。

これらの変更を理解することで、効率的にシステムを操作することが可能になります。

ショートカットキーの確認は、以下でおこないます。

設定 > キーボードショートカット

アップデートがないときの対処法

アップデートがないときの対処法と、次回アップデートまでの注意点について説明します。

  • アップデートを確認する方法
  • 次回アップデートまでの注意点

アップデートを確認する方法

Ubuntuでは、新しいアップデートが利用可能かどうかを確認するために、定期的に「apt-get update」コマンドを実行することを推奨しています。

しかし、それでもアップデートが見つからない場合は、アップデートリポジトリの設定を確認し、必要であれば変更してみると良いでしょう。

リモートのサーバなどであれば、Cronによる自動化もおすすめです。

以下の記事で方法をご覧ください。

次回アップデートまでの注意点

定期的にシステムのチェックを行い、不審な挙動や問題を早期に検出することが重要です。

新しいアップデートがリリースされるまで、システムのセキュリティとパフォーマンスを維持してください。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • Ubuntuのアップデートは、システムのセキュリティを保つだけでなく、最新の機能や改良された性能の利用を可能にする
  • 定期的なアップデートはUbuntuの安全で効率的な利用には不可欠
  • アップデートによる予期しない問題が発生のために、エラー対処の方法を理解しておく

Ubuntuのアップデートには、適切な手順と注意を払い、システムのパフォーマンスとセキュリティを維持しましょう。

当記事が、Ubuntuのアップデートプロセスをより理解し、効果的に適用する手助けとなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました