【SQL】WITH句の使い方|基本から実例付きでわかりやすく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年5月)

✔以下の疑問をお持ちの方へ向けた記事です

「SQLのWITH句とは何で、どのように使うのだろうか?」
「SQLのWITH句の使い方を学びたい」
「SQLのWITH句の具体的な使用例を見て理解したい」

✔この記事を読むことで得られる知識

  • SQLのWITH句の基本的な使い方
  • WITH句の応用法
  • SQLのWITH句を用いた具体的な使用例

この記事では、SQLのWITH句の基本的な使い方から、その応用法まで、具体的な例を交えて詳細に説明します。
ぜひ最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

SQLのWITH句を理解するための前提知識

こちらでは、SQLとその中の重要な概念であるWITH句についてお伝えしていきます。

  • SQLとは
  • SQLのWITH句の重要性

SQLとは

SQL(Structured Query Language)とは、データベースから情報を取得、追加、更新、削除するための標準的な言語です。

非常に幅広い産業で使われており、データを扱うあらゆる職種にとって重要なスキルとなっています。

例えば、データ分析者はSQLを使ってデータを取得し、意味のあるインサイトを引き出せるのです。

SQLのWITH句の重要性

WITH句はSQLの重要な機能の一つであり、複雑なクエリを書く際に特に役立つ概念です。

WITH句を使用すると、サブクエリの結果を一時的なテーブルとして保存し、その結果を再利用できます。

SQLクエリの可読性が向上し、エラーの可能性が減少するでしょう。

「サブクエリ」とは?

WITH句を理解するためには、「サブクエリ」という概念についても理解しておく必要があります。

  • サブクエリの基本的な定義と用途
  • サブクエリのわかりやすい例
  • サブクエリとWITH句の関連性

サブクエリの基本的な定義と用途

サブクエリとは、SQLのクエリの中に含まれる別のクエリのこと。

サブクエリにより、一度に複数の操作をおこなえるのです。

たとえば、あるテーブルから特定の条件を満たすレコードを検索し、その結果を元に別のテーブルから情報を取得する、といった操作が可能です。

サブクエリのわかりやすい例

次のクエリでは、サブクエリが平均商品価格を計算し、その結果をメインクエリが参照して、平均価格よりも高い商品を抽出します。

SELECT
  product_name,
  price
FROM
  products
WHERE
  price > (
    SELECT
      AVG(price)
    FROM
      products
  );

()内がサブクエリです。

サブクエリとWITH句の関連性

WITH句は、サブクエリの結果を一時的なテーブルとして保存し、その結果を再利用できるものです。

WITH句を使うことで、同じサブクエリを複数回書く必要がなくなり、SQLクエリの可読性が向上します。

WITH句とは

このセクションでは、WITH句の詳細な説明を行います。

  • WITH句の定義
  • WITH句の目的と主な使用ケース

WITH句の定義

WITH句は、SQLの標準的な機能で、一時的なテーブルを作成するためのものです。

これを使うことで、複雑なクエリをよりシンプルに、そして読みやすく書けるようになります。

また、WITH句の中で定義した一時的なテーブルは、同じクエリの中で何度でも参照可能です。

WITH句の目的と主な使用ケース

WITH句の主な目的は、クエリの可読性と再利用性を向上させることです。

複雑なデータ操作を必要とする場合や、同じ結果セットを複数の場所で使用する場合に特に有用です。

WITH句の使い方:基本ルールと構文

このセクションでは、WITH句の具体的な使用方法について説明します。

  • WITH句の基本的な構文と使用法
  • WITH句を用いた簡単なクエリ例

WITH句の基本的な構文と使用法

WITH句の基本的な構文は次のようになります。

WITH temp_table AS (
  SELECT
    column1,
    column2
  FROM
    original_table
  WHERE
    condition
)
SELECT
  *
FROM
  temp_table;

上記の構文では、WITH句でtemp_tableという名前の一時テーブルを定義しています。

その後、SELECT文でこの一時テーブルからデータを取得しています。

WITH句を用いた簡単なクエリ例

以下は、WITH句を使った具体的なSQLクエリの一例です。

WITH sales_2020 AS (
  SELECT
    product_id,
    SUM(quantity) as total_sales
  FROM
    sales
  WHERE
    year = 2020
  GROUP BY
    product_id
)
SELECT
  product_name,
  total_sales
FROM
  products
  JOIN sales_2020 ON products.id = sales_2020.product_id
ORDER BY
  total_sales DESC;

上記の例では、2020年の各商品の総売上を計算する一時的なテーブル(sales_2020)を作成しています。

その後、そのテーブルを元に商品テーブルと結合し、商品名とその総売上を取得しています。

WITH句の具体的な使用例

このセクションでは、さらに具体的なWITH句の使用例を説明します。

  • 実例で使用するテーブルのデータを説明
  • 具体的なクエリ例と結果を用いたWITH句の使用例の解説

実例で使用するテーブルのデータを説明

上記の例で使用したsalesテーブルは、各商品の売上データを持っています。

各行は1つの売上を表し、以下3つの絡むが存在します。

  • product_id(売られた商品のID)
  • quantity(売られた数量)
  • year(売上が発生した年)

また、productsテーブルは、各商品の詳細データを持っています。各行は1つの商品を表し、id(商品のID)、product_name(商品の名前)の2つのカラムがあります。

具体的なクエリ例と結果を用いたWITH句の使用例の解説

以下に、WITH句を使った具体的なクエリの例をもう一つご紹介します。

WITH customers_with_orders AS (
    SELECT customer_id
    FROM orders
    GROUP BY customer_id
)
SELECT customers.name
FROM customers
WHERE customers.id IN (SELECT customer_id FROM customers_with_orders);

このクエリは、注文を行ったことがあるすべての顧客の名前を取得します。

まず、WITH句を使用してordersテーブルから各顧客IDごとにグループ化し、注文を行ったことがある顧客のIDを取得します。

その結果をcustomers_with_ordersという一時的なテーブルとして保存します。

次に、その一時的なテーブルを使用して、注文を行ったことがある顧客の名前をcustomersテーブルから取得します。

WITH句とサブクエリ:どちらが優れているか?

このセクションでは、WITH句とサブクエリの比較、及び、どちらを使用するべきかについて説明します。

  • サブクエリとWITH句の比較
  • WITH句の優位性の理由

サブクエリとWITH句の比較

サブクエリとWITH句は、どちらもSQLクエリ内で別のクエリの結果を使用するための方法です。

しかし、サブクエリはクエリ内で一度しか使用できないのに対し、WITH句を使用すると一時的なテーブルを作成し、その結果をクエリ内で何度でも使用できます。

また、WITH句は、複雑なクエリを分割し、それぞれの部分を個別に説明することが可能です。

WITH句の優位性の理由

WITH句の主な利点は、クエリの可読性と再利用性を向上させることができる点です。

特に、複雑なデータ操作を行う場合や、同じ結果セットを複数の場所で使用する場合には、WITH句の使用が推奨されます。

複数の一時テーブルを作る場合のWITH句の使用法

WITH句を使用して複数の一時テーブルを作成することも可能です。以下に具体的なクエリの例を示します。

WITH table1 AS (
  SELECT
    column1,
    column2
  FROM
    original_table1
  WHERE
    condition1
),
table2 AS (
  SELECT
    column3,
    column4
  FROM
    original_table2
  WHERE
    condition2
)
SELECT
  *
FROM
  table1
  JOIN table2 ON table1.column1 = table2.column3;

この例では、以下のような流れになっています。

  • 2つの一時的なテーブル(table1table2)を作成
  • テーブルをJOIN(結合)するためのクエリを作成
  • 各一時的なテーブルは、それぞれ元のテーブル(original_table1original_table2)から特定の条件を満たす行を選択して作成
  • table1column1table2column3が一致するすべての行を結合

WITH句の注意点と活用例

このセクションでは、WITH句を使用する際に注意すべき点・活用例をあわせて説明します。

活用の際は、注意点を理解のうえ使用しましょう。

  • WITH句の使用時に注意する点
  • 実際の業務でのWITH句の使用例
  • 現場でのWITH句の活用による利点

WITH句の使用時に注意する点

WITH句は非常に便利な機能ですが、適切に使用しないとパフォーマンスに影響を与える可能性があります

。一時テーブルはメモリ上に作成されるため、大量のデータを扱うとメモリを消費する可能性があります。

したがって、大量のデータを一時テーブルに保存する場合は、パフォーマンスの影響を検討することが重要です。

また、WITH句で作成した一時テーブルは、そのクエリが終了すると同時に消去されます。そのため、同じデータセットを複数のクエリで使用する場合は、各クエリで同じWITH句を再定義する必要があります。

実際の業務でのWITH句の使用例

実際の業務では、WITH句は、複雑なデータ分析クエリをより簡単に、可読性を高めて書くためにしばしば使用されます。

たとえば、一部の顧客が特定の期間内にどの商品を購入したかを分析するためのクエリなどです。

現場でのWITH句の活用による利点

WITH句を活用すると、複雑なデータ処理を一連のシンプルなステップに分割することができます。

これにより、コードの可読性が向上し、エラーの可能性が減り、コードの保守も容易になります。

また、WITH句を使用してデータを一時的に保存することで、一部のクエリが再計算を必要としないようにすることができ、パフォーマンスの向上にもつながります。

WITH句を使ったクイズ

このセクションでは、読者がこれまでに学んだ内容を確認するためのクイズを提供します。

  • 知識を確認するためのWITH句に関するクイズ

知識を確認するためのWITH句に関するクイズ

  1. WITH句を使用すると、クエリ内で何度でも使用できる一時的なテーブルを作成することができる。 (真/偽)
  2. WITH句で作成した一時テーブルは、そのクエリが終了した後も存続する。 (真/偽)
  3. WITH句を使用すると、複雑なクエリをより簡単で読みやすい形に分割することができる。 (真/偽)

まとめ

WITH句は、一時的なテーブルを作成し、クエリ内で何度でも使用することができる非常に強力なSQLの機能です。

特に複雑なクエリをシンプルなステップに分割することが可能で、コードの可読性を向上させ、エラーの可能性を減らし、コードの保守性を向上させることができます。

タイトルとURLをコピーしました