TypeScriptとJavaScirptの違いとは?実例付きで解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年11月)

✔以下の疑問を持っている方に向けた記事です

「TypeScriptとJavaScriptの違いって具体的に何?」

「TypeScriptはJavaScriptとどう使い分けるの?」

「実際にTypeScriptとJavaScriptのコード例を見てみたい」

✔当記事でお伝えすること

  • TypeScriptとJavaScriptの核心的な違い
  • どのようにしてTypeScriptがJavaScriptと区別されるのか
  • 実践的なコード比較を通じて両者の違いを理解する

当記事では、TypeScriptとJavaScriptの基礎知識だけではなく、両者がプログラミングの世界でどう相互作用しているのかを、実際のコード例を交えて掘り下げていきます。

どちらの言語も開発に役立つ点を、明確にしていきますので、記事を最後までお読みいただき、両言語の違いを正確に把握してください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptの世界

こちらでは、JavaScriptがWeb開発における果たす役割とその基本的な概念についてお伝えしていきます。

JavaScriptを理解することで、ウェブサイトやアプリケーションをよりインタラクティブにする方法を学ぶことができるでしょう。

  • JavaScriptの役割と基本
  • JavaScriptの特徴と利用例
  • クライアントサイドスクリプトとしてのJavaScript

JavaScriptの役割と基本

JavaScriptはウェブページに動きやインタラクティビティをもたらすために用いられるプログラミング言語です。

HTMLで構築されたウェブページ構造に、JavaScriptを通じて動的な機能を追加できます。

たとえば、以下の簡単なコードは、ウェブページ上のボタンをクリックするとアラートを表示させる一例です。

document.getElementById("myButton").onclick = function() {
  alert("ボタンがクリックされました!");
};

このコードによって、ユーザーはページと対話が可能となり、ウェブ体験が向上します。

JavaScriptの特徴と利用例

JavaScriptは「インタプリタ言語」であり、ブラウザが直接実行することができるため高速です。

また、ユーザーイベント処理、フォーム検証、コンテンツの動的な変更など多岐にわたる利用例があります。

例えば、以下はフォーム内のデータが有効かどうかを検証するJavaScriptのコードです。

function validateForm() {
  var x = document.forms["myForm"]["fname"].value;
  if (x == "") {
    alert("名前を入力してください。");
    return false;
  }
}

このように、ウェブページ内で即座にバリデーションを行い、ユーザー体験を改善できます。

クライアントサイドスクリプトとしてのJavaScript

クライアントサイドスクリプトとしてのJavaScriptは、ユーザーのブラウザ上で直接実行され、サーバへの無駄なリクエストを避けられます。

これはページの読み込み速度を高めることにもつながるでしょう。

例えば、ページに動的なメニューを追加する以下のコードは、ユーザーの操作に応じて内容を即座に変更することが可能です。

function toggleMenu() {
  var menu = document.getElementById("myMenu");
  if (menu.style.display === "none") {
    menu.style.display = "block";
  } else {
    menu.style.display = "none";
  }
}

このため、サーバーへの追加的なリクエストを発生させることなく、スムーズなページナビゲーションを実現できます。

TypeScriptの基礎知識

続いて、Microsoftによって開発されたJavaScriptに静的型付けや最新のECMAScript機能を導入するTypeScriptについて見ていきましょう。

TypeScriptの基本を学ぶことで、開発の生産性やコードの安全性を高めることが期待できます。

  • TypeScriptの概要
  • TypeScriptの機能と型システム
  • TypeScriptコードのコンパイル

TypeScriptの概要

TypeScriptはJavaScriptを拡張した言語で、とくに型安全性を重視しています。

開発者はより明確なコードを書くことができ、バグの早期発見にも役立つ言語です。

例として、以下のTypeScriptコードは変数に対する型アノテーションを加える方法を示しています。

let message: string = "Hello, TypeScript!";
console.log(message);

このコードでは、message変数が明示的に文字列型であると宣言しており、TypeScriptのコンパイラによって型チェックが行われるため、より安全な開発が可能になります。

TypeScriptの機能と型システム

TypeScriptの最大の特徴は、その強力な型システムです。

プリミティブ型のほか、列挙型、インターフェース、ジェネリックスなどを利用でき、これによりコードの堅牢性を高められます。

例えば、以下はインターフェースを使ったコード例です。

interface User {
  name: string;
  age: number;
}

function greet(user: User) {
  console.log(`Hello, ${user.name}!`);
}

const newUser = { name: "Alice", age: 30 };
greet(newUser);

Userインターフェースを定義し、greet関数がこの型に合ったオブジェクトを引数として受け取るようになっています。

これにより、引数の構造についてより詳細な指定が可能です。

TypeScriptコードのコンパイル

TypeScriptコードは、JavaScriptにトランスパイル(別の言語へと変換)する必要があります。

これはTypeScriptコンパイラを使っておこなわれます。

以下のコマンドライン操作はTypeScriptファイルをJavaScriptファイルにコンパイルする一例です。

tsc hello.ts

このコマンドでは、hello.tsというTypeScriptファイルから同じ名前のhello.jsというJavaScriptファイルが生成されます。

生成されたJavaScriptは任意のブラウザやNode.js環境で実行可能です。

TypeScript vs. JavaScript: 違いの理解

JavaScriptとTypeScriptは非常に似ていますが、重要な違いがあります。

これらの違いを理解することで、プロジェクトに最適な言語を選択する助けになるでしょう。

  • 型システム:静的対動的
  • 構文の違いと言語機能
  • 開発の利便性とツールのサポート
  • エコシステムとコミュニティ

型システム:静的対動的

JavaScriptでは、動的型付けが用いられており、変数の型は実行時に決定されます。

これに対しTypeScriptでは静的型付けが採用され、コンパイル時に型のエラーの検出が可能です。

例えば、JavaScriptで次のように書かれたコードは実行時にエラーを発生させる可能性があります。

function add(num1, num2) {
  return num1 + num2;
}

これに対し、TypeScriptでは次のように書くことで、引数の型を保証します。

function add(num1: number, num2: number): number {
  return num1 + num2;
}

この場合、引数が数値であることが保証されているため、コンパイル時に型関連のエラーを排除できます。

構文の違いと言語機能

TypeScriptは、JavaScriptに厳格な型の概念を追加し、さまざまな言語機能を持っています。

これにより、よりモダンな開発パターンや設計パターンを利用できるのです。

たとえば、TypeScriptではジェネリックを使用した高度な型推論が可能です。

function identity<T>(arg: T): T {
  return arg;
}

この関数では、<T>によって任意の型Tを受け取り、同じ型の値を返すことができるようになっています。

JavaScriptではこのような高度なパターンはサポートされていません。

開発の利便性とツールのサポート

TypeScriptを用いる最大の利点のひとつが、優れた開発ツールのサポートです。

多くのIDEとエディタがTypeScriptのための強力な補完機能、リファクタリングツール、型情報ヒントを提供しています。

例えば、Visual Studio CodeではTypeScriptファイルを開くと、次のような機能が利用できます。

  • コード補完
  • シンタックスのハイライト
  • 未使用のコードの警告表示
  • コードナビゲーション

これらのツールは効率的なコーディングとエラーの早期発見に役立ちます。

エコシステムとコミュニティ

TypeScriptとJavaScriptのエコシステムは共に成長を続けており、防衛的なコーディング者にとってはTypeScriptの利用が奨励されています。

npmやGitHubなどのプラットフォームでは、数多くのTypeScript製ライブラリが公開されており、コミュニティによるサポートも充実しています。

これは、開発者がTypeScriptを学習し、プロジェクトに統合する際の重要な指針となるでしょう。

TypeScriptの開発利点

TypeScriptを使用することには多くのメリットがあり、とくに大規模プロジェクトやチームでの開発においてその利点は明確です。

  • コードの品質と管理
  • 大規模プロジェクトにおける強み
  • モジュール性と可視性

コードの品質と管理

TypeScriptの型システムは、コードの品質を向上させ、バグの発生を抑制します。

型の不一致によるエラーはコンパイル時に検出されるため、より堅牢なコードベースを維持できるのです。

さらに、TypeScriptは次のようにコードの明文化やドキュメント化も促します。

function calculateDiscount(price: number, discount: number): number {
  return price * (1 - discount);
}

この関数定義は、入出力が数値であることを明示しており、ほかの開発者に対する意図もはっきりと伝わります。

大規模プロジェクトにおける強み

TypeScriptは、以下の機能を通じて、大規模プロジェクトでのコードの管理と組織化を容易にします。

  • モジュールシステム
  • 名前空間
  • インターフェース

このことにより、開発チームはコードの再利用性を向上させ、機能やコンポーネント間での依存関係を明確にできます。

export interface IUser {
  name: string;
  age: number;
}

export class User implements IUser {
  constructor(public name: string, public age: number) {}
}

このように、ユーザーのモデルを定義し、再利用可能でメンテナンスしやすいコードを構築できます。

モジュール性と可視性

TypeScriptはES6のモジュール構文をフルサポートしており、ファイル間でのクラス、関数、インターフェースのやり取りが簡単です。

これにより、コードの分離が容易となり、大きなコードベースでも可視性を維持できます。

// user.ts
export class User {
  //...
}

// main.ts
import { User } from './user';

let user = new User("Alice", 30);
console.log(user);

各ファイルは独立しており、メンテナンスや拡張が容易であることが伺えます。

TypeScriptの学習と環境構築

TypeScriptの学習はJavaScriptの知識をすでに持っている開発者にとっては比較的容易といえるでしょう。

また初心者にとってもアクセスしやすいのも特徴です。

  • 入門者向け学習のステップ
  • 開発環境のセットアップ
  • IDEの選択と設定

入門者向け学習のステップ

初心者がTypeScriptを学ぶ際には、基本的なJavaScriptの知識から始めることが望ましいです。

その後、以下の順番でTypeScript固有の機能を学んでいくことを推奨します。

  1. 基本的な型と型アノテーションの利用
  2. インターフェースとクラスの定義
  3. 関数とジェネリックス
  4. モジュールと名前空間

各ステップを進めることで、TypeScriptの強力な機能を段階的に学び、実践的なコーディングスキルを身に付けられます。

開発環境のセットアップ

TypeScriptを使い始めるには、まず開発環境のセットアップが必要です。

Node.jsをインストールし、それに続いてnpmを通じてTypeScriptコンパイラをインストールします。

以下はその一連のコマンドです。

# Node.jsをインストール
curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_14.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs

# TypeScriptコンパイラをインストール
npm install -g typescript

これで、システムにTypeScriptコンパイラがインストールされ、コマンドラインからtsファイルをjsにコンパイルすることが可能です。

IDEの選択と設定

TypeScript開発を快適にするためには、適切なIDE(統合開発環境)の選択が重要です。

Visual Studio Code(VSCode)はTypeScriptをサポートする有力なIDEで、エラーハイライト、自動コード補完、リファクタリング機能などが組み込まれています。

VSCodeにTypeScriptの言語サポートを有効にするには、以下の拡張機能をインストールすれば良いでしょう。

code --install-extension ms-vscode.vscode-typescript-next

これにより、VSCodeでTypeScriptの開発を行う際のサポートが向上し、初心者でも効率的に学習を進められます。

TypeScriptの課題とそれに対処する方法

TypeScriptを使用する際に直面する可能性のある課題とその解決策を理解することは、開発者としてのスキルを向上させるために不可欠です。

  • コミュニティとリソース
  • 学習曲線の克服
  • デバッグとエラー処理

コミュニティとリソース

TypeScriptを学んでいく上で、オンラインコミュニティやドキュメント、チュートリアル等のリソースは大変役立ちます。

GitHubでアクティブなTypeScriptプロジェクトにコントリビュートする、Stack Overflowで疑問を解決する、TypeScriptの公式ドキュメントを読むなど、学びの場は多岐にわたります。

学習曲線の克服

TypeScriptは、JavaScriptに比べて学習曲線が急であることが認識されています。

これは、具体的な型の理解や高度な機能を習得する必要があるためです。

しかし、小さなプロジェクトから始めて徐々にスキルを積み重ねることで、徐々に克服できます。

また、基本のJSの知識を活かし、進めることが可能です。

デバッグとエラー処理

TypeScriptには優れた型システムとコンパイルエラーがありますが、デバッグは時に挑戦的な作業になります。

開発ツールを用いたブレークポイントの設定や、VSCodeのインタラクティブなデバッグ環境を利用することで、効率的なエラー解決が可能になります。

JavaScriptとTypeScript:どう選ぶ?

JavaScriptとTypeScriptを比較し、プロジェクトや開発者のスキルレベルに応じて最善の選択をすることが、成果を最大化する鍵です。

  • 適切なスキルセットと市場需要
  • 学習パスと効率的な指針
  • プロジェクト要件に基づく言語選定

適切なスキルセットと市場需要

市場の需要やプロジェクトの複雑性を考慮し、適切な言語を選ぶことが重要です。

現代のWeb開発ではTypeScriptの需要が高まっており、特に型安全性や大規模開発が重要なプロジェクトではTypeScriptが推奨される場合が多いです。

学習パスと効率的な指針

JavaScriptの基礎を押さえた上でTypeScriptの学習に進むというパスが一般的です。

既存のJavaScriptの知識を活かしつつ、型システムや静的分析の恩恵を受けて開発プロセスを改善できます。

プロジェクト要件に基づく言語選定

最終的にはプロジェクトの目標と要件に基づき、JavaScriptまたはTypeScriptのどちらを利用するか決定します。

プロトタイピングの速さや短期的なプロジェクトではJavaScriptが向いている場合もありますが、長期間にわたる保守性やスケーラビリティを考慮するとTypeScriptが適している場合もあります。

まとめ

当記事では、TypeScriptとJavaScriptの違いについて学習してきました。

  • JavaScriptとTypeScriptは現代のウェブ開発において非常に重要な技術
  • JavaScriptの柔軟性とTypeScriptの型安全性は、それぞれ異なるシチュエーションにおいて大きな利点となる

個々のプロジェクトのニーズに応じて適切な言語を選択し、資源とコミュニティを活用しながらスキルを磨いていくことが成功へのカギとなります。

タイトルとURLをコピーしました