git tagの削除方法|ローカル・リモートそれぞれのコマンド例付

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています

「gitでtagを削除する方法ってどうやるの?」

「具体的なgit tagの削除方法を見てみたい」

「git tagを削除する際のプロセスやコマンドについて知りたい」

✔当記事で得られる知識

  • git tag削除の基本知識
  • git tagの削除指示の具体的な書き方やその応用
  • 実例を通じたgit tag削除のプロセス

当記事では、git tagの削除の基本から、その具体的な手順、さらにはその応用までを、具体例を交えて詳しくご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitにおけるタグの役割

ここでは、Gitのタグの基本的な役割について説明します。

  • タグ作成の基礎
  • タグの推送とその需要

タグ作成の基礎

Gitでは、特定のコミットに名前をつけるためにタグを使用します。

タグで名前を付けると、あとから見返すのが簡単になるからです。

例えば、リリースバージョンを示すのに使えます。

タグを作成するためにはgit tagコマンドを使用します。

タグのpush

作成したタグは、リモートリポジトリに手動でpushする必要があります。

ほかの開発者が同じタグを利用できるようにするためです。

特定のタグをpushするためのコマンドはこちら。

git push origin [tagname]

タグをすべてpushする場合はこちらになります。

git push origin --tags

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

Gitタグのローカル削除

こちらでは、タグをローカルで削除する方法について学びます。

前準備から削除までの手順を詳しく見ていきましょう。

  • タグ削除の前準備
  • ローカルでのタグ削除手順

タグ削除の前準備

削除したいタグがあるかどうかを確認するために、git tagコマンドを使用します。

このコマンドで全てのタグのリストが表示され、削除するタグを見つけられます。

git tag

ローカルでのタグ削除手順と解説

ローカルのタグを削除するコマンドはこちら。

git tag -d [tagname]

例えば、v1.0というタグを削除する場合、次のようにコマンドを入力します。

git tag -d v1.0

成功すると、タグが削除されたことを示すメッセージが表示されます。

Gitタグのリモート削除

こちらでは、タグをリモートで削除する方法について学びます。

  • リモートでタグを削除する事前準備
  • リモートでのタグ削除手順

リモートでタグを削除する事前準備

リモートでタグを削除する前に、削除するタグが存在するか確認する必要があります。

以下のコマンドで確認しましょう。

git ls-remote --tags origin

リモートでのタグ削除手順と解説

リモートのタグを削除できるコマンドはこちら。

git push origin :refs/tags/[tagname]

これは、ローカルの空の参照をリモートのタグにプッシュするもの。

その結果としてタグを削除できるのです。

例えば、v1.0というタグを削除する場合、次のようにコマンドを入力します:

git push origin :refs/tags/v1.0

成功すると、タグが削除されたことを示すメッセージが表示されます。

タグの修正と管理

こちらでは、既存のタグをどのように修正し、適切に管理するかを説明します。

タグ名を変えたいなどというときに使用する方法です。

  • タグの付け直し方法
  • タグ管理のベストプラクティス

タグの付け直し方法

タグを修正するには、まずそのタグを削除し、その後新たなタグを作成しなければなりません。

前述の手順で誤って削除したタグv1.0を例にすると、タグを付け直すためのコマンドは以下のようになります。

git tag -d v1.0
git tag v1.0 [commitID]

ここで、[commitID]は新しいタグを付けたいコミットのIDです。

タグ管理のベストプラクティス

タグはリリースの重要なマイルストーンを示すために使用されます。

意味のある名称を付け、それが何を表すかを正確に理解できるのが重要です。

タグは不変であるべきで、一度リリースした後は変更しない方が良いでしょう。

またセマンティックバージョニング(メジャー.マイナー.パッチ)の原則に従ってタグを作成することを推奨します。

よく出るトラブルと解決策

こちらでは、Gitタグの削除でよく起こるトラブルとその解決策についてご紹介します。

Gitのタグの管理を正しくするために、事前に理解しておくことが重要です。

  • 削除時の一般的なエラーとその対策
  • 誤削除時の解決策

削除時の一般的なエラーとその対策

タグ削除時によく出るエラーのひとつはこちら。

リモートに存在しないタグを削除しようとした

原因となるコマンドは以下になります。

git push origin :refs/tags/[tagname]

この場合、タグが実際にリモートに存在しているかを確認してください。

git ls-remote --tags origin

誤削除時の解決策

誤ってタグを削除した場合でも、慌てずに対処しましょう。

なぜなら特定のコミットへのリファレンスがなくなるわけではないため、タグを再作成できるからです。

以下の手順でおこなってください。

  1. タグを再作成
  2. 対象のコミットにタグを付与

まとめ

当記事では、Gitのタグの使い方について学習してきました。

  • Gitのタグの役割、タグの作成、削除、修正、そしてトラブルシューティングについて
  • タグ管理のベストプラクティスとして、意味のある名称を付け、それが何を表すかを正確に理解できるようにすること
  • タグは不変であるべきで、一度リリースした後は変更しないこと

Gitタグの管理は、ソフトウェア開発においてとても重要。

学んだ知識を活かすためには、実際のプロジェクトで試してみることが重要です。

とく複数人で開発するプロジェクトでは、タグを使って各バージョンのリリースを明示することで、メンバー全員が開発状況を一目で理解できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました