GitでBranchを作成する方法|作成後にやるべきことも丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔このような方へ向けての記事です

「git branchの作成方法について詳しく知りたい」
「git branch作成の手順が把握したい」
「git branch作成の具体例を参照したい」

✔当記事を読むことで得られる情報

  • git branchの概要
  • git branchの作成方法とその適用例
  • git branch作成の具体例

当記事では、git branchの基本的な理解からその作成方法、さらにその応用方法まで、具体的な例を交えて詳細に説明しています。

ぜひ記事の最後までご覧いただき、git branch作成に関する知識を深めてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Git Branch入門

こちらでは、Gitのブランチの基本的な概念とその役割、そしてブランチ操作がどのようにプロジェクト管理を効率化するかについて解説します。

  • Git Branchの役割と重要性
  • Branch操作で効率的なプロジェクト管理へ

Git Branchの役割と重要性

Gitのブランチは、開発の分岐点を作るための強力なツールです。

それぞれのブランチでは独立して作業を進めることができ、これにより複数の開発タスクを同時に効率的に進められます。

Branch操作で効率的なプロジェクト管理へ

ブランチ操作は、複数人が同時に作業を進める場合や、新たな機能を追加する際などに非常に有効です。

作業の衝突を防ぎ、プロジェクトをスムーズに進行させられます。

例えば、以下のように作業を分けて同時進行が可能です。

  • バックエンド開発
  • フロントエンド開発
  • エラーハンドリング

初心者向けチュートリアル1: ブランチの作成と利用

ここでは、具体的なコマンドと共にブランチの作成方法とその利用方法を学んでいきます。

  • まずはブランチを作ってみよう!
  • 基本のブランチ作成方法
  • “checkout”コマンドを使ったブランチ作成
  • リモートリポジトリを元にしたブランチ作成

まずはブランチを作ってみよう!

Gitでブランチを作成するには、「git branch」コマンドを使用します。

まずは、自身のローカル環境でテストブランチを作成してみましょう。

git branch testbranch1

基本のブランチ作成方法

新しいブランチを作成する構文は以下のとおり。

git branch 新しいブランチ名

これにより現在のブランチを元に新たなブランチが作成されます。

“checkout”コマンドを使ったブランチ作成

“checkout”コマンドを使うことで、ブランチの作成とそのブランチへの切り替えを一度におこなえます。

git checkout -b 新しいブランチ名

上のコマンドは、新しいブランチを作り、そこに切り替える、を同時におこなうもの。

リモートリポジトリを元にしたブランチ作成

リモートリポジトリのブランチを元に新たなブランチを作成できます。

git checkout -b 新しいブランチ名 origin/元になるブランチ名

リモートリポジトリがもたらすメリット

Gitとリモートリポジトリをうまく連携させることで得られるメリットと、その具体的な方法について解説します。

  • Gitとリモートリポジトリの連携
  • ブランチのリモートへのアップロード方法

Gitとリモートリポジトリの連携

Gitはローカル環境での作業を主としますが、リモートリポジトリと連携することで作業結果の共有やバックアップが容易になります

特に複数人での開発作業を進める際、リモートリポジトリへのpushやpullによって最新の状況を共有することが重要です。

リモートリポジトリに変更を反映

git push origin ブランチ名

リモートから最新の変更を取得

git pull origin ブランチ名

ブランチのリモートへのアップロード方法

ブランチをリモートリポジトリにアップロードするには、こちらのコマンドです。

git push origin ブランチ名

リモートリポジトリにブランチが作成され、そのブランチの内容がアップロードされます。

Gitタグの活用法

こちらでは、Gitのタグ機能の活用法と具体的な操作方法について学びます。

  • タグの役割と活用方法
  • ハンズオン!自身でタグを作ってみよう!

タグの役割と活用方法

Gitのタグ機能は、特定のコミットにラベルを付けるためのものです。

これを利用することで、特定のバージョンを簡単に参照することができます。

タグの作成方法はこちら。

git tag タグ名

タグの一覧を表示

git tag

ハンズオン!自身でタグを作ってみよう!

まずは、自分の手でタグを作成し、どのように動作するかを体験してみましょう。

ローカルリポジトリで「git tag v1.0」を実行し、その後「git tag」でタグが正しく作成されていることを確認してみましょう。

コミットの上手な書き換え方

次に、コミットの書き換え方とその実践方法について解説します。

  • コミットを書き換える理由とその方法
  • 実践!コミットを書き換えて理解を深める

コミットを書き換える理由とその方法

コミットを書き換える理由として、主なものはこちらです。

  • コミットメッセージの誤りを修正
  • コミットの内容を精緻化

コミットを書き換えるコマンドはこちら。

git commit --amend -m "メッセージ"

実践!コミットを書き換えて理解を深める

自分でコミットを書き換えてみることで、より理解を深めましょう。

git commit --amend -m "新しいメッセージ"

直前のコミットメッセージが新しいメッセージに書き換えられます。

注意点として、公開済みのコミットを書き換えると、他の開発者との整合性が取れなくなる可能性があるので注意が必要です。

ブランチ作成後の操作

こちらでは、ブランチ作成後の操作方法を学びます。

ブランチの作成後には、いくつかの操作が必要です。

  • ブランチの一覧確認方法
  • ブランチの切り替え方法
  • ブランチの削除方法:ローカルとリモート

ブランチの一覧確認方法

ブランチの一覧を確認する方法はこちら。

git branch

このコマンドを使うと、ローカルのブランチ一覧が表示されます。

ローカルのブランチに加えて、リモートのブランチも表示したい場合は以下のコマンドを使いましょう。

git branch -a

ブランチの切り替え方法

特定のブランチに切り替えるには、こちらのコマンド。

git checkout ブランチ名

このコマンドにより、指定したブランチに切り替えられます。

ブランチの削除方法:ローカルとリモート

ブランチを削除するには、git branchに以下のオプションをつけて実行します。

git branch -d ブランチ名

ローカルのブランチが削除されます。

ただしこのコマンドは、未マージのブランチに対しては使用できません。

git branch -D ブランチ名

こちらで未マージのブランチも強制的に削除可能です。

リモートのブランチを削除するには、以下を使いましょう。

git push origin --delete ブランチ名

まとめ

Gitのブランチ操作は、チームでの開発を効率的に進めるために重要なスキルです。

またGitには、ブランチ以外にも多くの機能があります。

  • mergeやrebase:複数のブランチを統合する
  • stash:現在の作業状態を一時保存する

これらのコマンドについて学ぶことで、より高度なGit操作を行うことが可能になります。

タイトルとURLをコピーしました