【便利】git tagでできることやその具体例を丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています。

「git tagって一体何なの?」
「git tagの適切な使い方について詳しく知りたい」
「git tagの操作例を見てみたい」

✔当記事を通してお伝えする内容

  • git tagの基本概念
  • git tagの具体的な使い方とその発展形
  • git tagの操作例

当記事ではgit tagの基本から応用まで、実際の操作例と一緒に分かりやすく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitの基本

こちらでは、「Git」の基本についてお伝えします。

「Git」の基本を理解することで、効率的なバージョン管理が可能です。

  • Gitの基本
  • コマンドの紹介
  • Gitでの作業フロー

Gitの基本

Gitは、分散型のバージョン管理システム(VCS)です。

複数の開発者が同時に同じプロジェクトを扱うことが可能であり、それぞれの開発者は全てのファイルと変更履歴をローカルに保持します。

ネットワーク接続がない場所でも作業でき、その後で変更を同期することが可能です。

コマンドの紹介

Gitではさまざまなコマンドが用意されています。

たとえば「git commit」を使用すると、ステージングエリアに追加された変更をリポジトリに保存できます。

また「git pull」は、リモートリポジトリから最新の変更を取得し、ローカルのブランチにマージするもの。

タグに関しては、「git tag」を用いることでコミットにタグをつけられる機能です。

Gitでの作業フロー

一般的なGitの作業フローは次のようになります。

  1. 「git clone」コマンドで、リモートリポジトリをローカルにコピー
  2. 「git branch」コマンドで新しいブランチを作成
  3. 「git checkout」でそのブランチに移動
  4. その後必要な変更を加え、「git add」でステージングエリアに追加
  5. 「git commit」で変更を記録
  6. 最後に「git push」で、変更をリモートリポジトリに反映

特定のコミットにタグをつける場合に、「git tag」コマンドが使えます。

“git tag”とは

こちらでは、「git tag」についての基本を見ていきましょう。

「git tag」について理解することで、バージョン管理の能力が一段と向上します。

  • git tagの概念と重要性
  • git tagの主な用途
  • git tagと他のバージョン管理方法との比較

git tagの概念と重要性

Git tagは、特定のコミットにラベルを付けることで、そのコミットを簡単に参照できるようにする機能。

この機能は、ソフトウェアのリリースを管理する際に特に役立ちます。

たとえば、v1.0やv2.0などの形でリリースのマイルストーンなど、作成可能です。

git tagの主な用途

git tagは、バージョン管理で主に使用されます。

特定のコミットにタグを付けると、そのコミットを直接指す名前がつくため、ソースコードの特定のバージョンを容易に識別可能です。

古いバージョンにすばやくジャンプしたり、リリースされたバージョン間で変更を追跡したりすることができます。

#タグをつける
git tag -a v1.0 -m "Version 1.0 release"

#タグを確認する
git tag

#特定のタグへジャンプする
git checkout tags/v1.0

git tagとほかのバージョン管理方法との比較

ブランチと比較した場合、タグは一度作成すると変更が追跡されない静的なポイントとなります。

特定のリリースや重要なマイルストーンを示すのに適しているといえるでしょう。

またタグを使用すると、長いコミットハッシュを覚える必要がなく、人間が理解しやすい名前でコミットを参照できるのも、利点のひとつです。

タグの作成と種類

こちらでは、「タグの作成と種類」についてお伝えします。

タグはGitの強力な機能の一つで、コミットに印をつけるもの。

さまざまなタグの作成方法を理解し、適切に活用し、効率的なバージョン管理が可能となります。

  • 注釈付きタグの作成
  • 注釈無しタグの作成
  • 後付けタグの作成
  • 注釈付きタグと軽量版タグの違い
  • タグの名前付け規則

注釈付きタグの作成

注釈付きタグはメタデータを含むタグで、以下が保存を保存します。

  • タグ作成者の名前
  • メールアドレス
  • タグ作成日時
  • タグメッセージ

タグの作成は以下のコマンドを使っておこないます。

git tag -a v1.0 -m "my version 1.0"

注釈無しタグの作成

注釈無しタグ(軽量版タグ)は、特定のコミットへのポインタのみを保持します。

注釈無しタグの作成には、以下のコマンドを使いましょう。

git tag v1.0-lw

後付けタグの作成

すでにおこなったコミットに、あとからタグを付けることも可能です。

コミットのハッシュを使用してタグを付けましょう。

git tag -a v1.0.1 d8a4a6f -m "my version 1.0.1"

コミットのハッシュは、git logコマンドで取得できます。

注釈付きタグと軽量版タグの違い

注釈付きタグは、特定のリリースやマイルストーンを示すのによく使われ、詳細な情報を保持します。

一方軽量版タグは、一時的なマーカーとして使われることが多く、より簡易的です。

タグの名前付け規則

一般的にタグの名前付けには、セマンティックバージョニングが用いられます。

メジャー.マイナー.パッチ

例を挙げると、このようになります。

v2.3.4

これは、「メジャー.マイナー.パッチ」の形式でバージョンを管理する方法です。

以下のタイミングでそれぞれ数字を増やします。

  • 新機能の追加や互換性のない変更があったときにメジャーバージョン
  • 新機能の追加や互換性のある変更があったときにマイナーバージョン
  • バグフィックスや軽微な変更があったときにパッチバージョン

タグの共有

Gitのタグはリポジトリ間での共有が可能です。

タグを共有することにより、チーム全体で同じコミットを参照することが容易になり、効率的な開発作業が可能となります。

  • リモートリポジトリへのタグのpush
  • リモートリポジトリからのタグのpull
  • タグの共有のベストプラクティス

リモートリポジトリへのタグのpush

タグを作成した後、それをリモートリポジトリにpushし、ほかの開発者と共有できます。

タグのpushは以下のコマンドを使用します。

git push origin v1.0

すべてのタグをリモートリポジトリにpushするには以下のコマンドを使用します。

git push origin --tags

リモートリポジトリからのタグのpull

ほかの開発者が作成したタグを自身のローカルリポジトリに取得するには、以下のコマンドを使用します。

git pull
git fetch --tags

タグの共有のベストプラクティス

タグの共有におけるベストプラクティスは、重要なリリースやマイルストーンごとに注釈付きタグを作成し、それをリモートリポジトリにpushすること。

タグの名前は一意で、明確にバージョンやリリースを表すものにすることが推奨されます。

チーム内で統一しておくと、コミュニケーションがとりやすくなり、おすすめです。

タグの活用

タグの活用方法についても見ていきましょう。

タグはリポジトリ内の特定の状態を指し示す一種のマーカーです。

特定のバージョンへの移動やリリース管理など、多岐にわたる活用例があります。

  • タグの一覧表示
  • 特定のタグの確認方法
  • タグを使ったバージョンのcheckout

タグの一覧表示

リポジトリ内の全てのタグを表示するには、次のコマンドを使用します。

git tag

また、特定のパターンに一致するタグを検索も可能。

例えば、’v1.0’を含むタグを検索するには次のようにします。

git tag -l 'v1.0*'

特定のタグの確認方法

特定のタグに関連付けられた情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

git show v1.0

タグを使ったバージョンのcheckout

タグを使用して、特定のバージョンへのチェックアウトも可能です。

これはリリースやバージョンのテストに非常に便利です。

例えば、’v1.0’のバージョンへ移動するには次のようにします。

git checkout v1.0

タグの削除

こちらでは、「タグの削除」についてお伝えします。

作成したタグが不要になった場合や、間違った情報でタグを作成してしまった場合のために覚えておきましょう。

  • 未公開タグの削除
  • 公開済みタグの削除
  • リモートリポジトリのタグの削除

未公開タグの削除

ほかのユーザーと共有していないタグを削除するには、次のコマンドを使用します。

git tag -d v1.0

ローカルリポジトリから ‘v1.0’ というタグが削除されるコマンドです。

公開済みタグの削除

ほかのユーザーと共有したあとのタグを削除するには、削除操作をリモートリポジトリにも反映させる必要があります。

まず、ローカルリポジトリからタグを削除する方法です。

git tag -d v1.0

次に、その変更をリモートリポジトリに反映します。

git push origin :refs/tags/v1.0

リモートリポジトリのタグの削除

リモートリポジトリから直接タグを削除するには、次のコマンドを使用してください。

git push --delete origin tagName

‘tagName’というタグが、リモートリポジトリから削除されます。

ただし、ほかのユーザーがそのタグをすでに取得している場合、彼らのローカルリポジトリからは自動的には削除されません。

その場合、明示的にユーザーに削除を指示する必要があります。

デプロイ管理とタグの活用

こちらでは、「デプロイ管理とタグの活用」について説明します。

特定のバージョンをデプロイするとき、または以前のバージョンにロールバックするときに、タグを活用することは非常に便利です。

  • バージョン管理にタグを活用する方法
  • リリースとロールバックの実例
  • タグを活用したリリースノートの管理

バージョン管理にタグを活用する方法

リリースが準備できたら、そのコミットにタグをつけると良いでしょう。

バージョン1.0.0のリリースが準備できたとしたら、以下のようにすることがおすすめです。

git tag -a v1.0.0 -m "version 1.0.0 release"

特定のリリースや重要なコミットを、あとで簡単に見つけられます。

リリースとロールバックの実例

もし何か問題が発生し、古いバージョンに戻る必要が生じた場合も、タグがあれば簡単にロールバックできます。

たとえば、バージョン1.0.0に戻るには次のコマンドを使いましょう。

git checkout v1.0.0

コードがバージョン1.0.0の状態に戻ります。

タグを活用したリリースノートの管理

タグは、-aオプションを使って、アノテーション(注釈)付きタグにできます。

注釈付きにすることで、-mで指定するメッセージに加えて、以下のような情報を入れられるのです。

  • タグを作成した人の名前
  • メール
  • 日付け

各リリースに何が含まれているか、どのバグが修正されたかといった情報を簡単に追跡できます。

GitHubやほかのツールとの連携

Gitタグは、単体のツールだけでなく、ほかのシステムやサービスとも連携できます。

それにより、効率的なバージョン管理や開発フローが可能です。

  • GitHubとのタグの連携
  • CI/CDツールとの連携
  • イシュートラッキングシステムとの連携

GitHubとのタグの連携

GitHubでは、リモートリポジトリ上でタグを直接閲覧、管理することが可能です。

タグは自動的に”Releases”セクションに表示され、それぞれのリリースノートとともにアクセス可能となります。

タグをプッシュするのは、以下のコマンドです。

git push origin v1.0.0

CI/CDツールとの連携

CI/CD(Continuous Integration/Continuous Delivery)ツールは、コードの変更を頻繁にビルドしてテストし、問題がなければ本番環境にデプロイするためのシステムです。

例はこちら。

  • Jenkins
  • Travis CI
  • CircleCI

これらのツールはGitのタグを検出し、特定のバージョンに対するビルドやデプロイを自動化できます。

イシュートラッキングシステムとの連携

イシュートラッキングシステム(例えば、Jiraなど)も、Gitのタグと連携することが可能です。

特定のタグがプッシュされたときにイシューを自動的に閉じたり、タグに基づいてリリースノートを自動生成したりできます。

開発フローの一部を自動化し、時間と労力を節約できます。

Gitのカスタマイズ

ここでは、Gitのカスタマイズ方法について詳しく見ていきましょう。

Gitは高度にカスタマイズ可能なツールで、個々のユーザーが必要とする特定の作業フローをサポートします。

  • タグの色や形状のカスタマイズ
  • Git設定のカスタマイズ
  • ワークフローのカスタマイズ

タグの色や形状のカスタマイズ

一部のGitクライアントでは、視覚的な識別を容易にするために、タグの色や形状をカスタマイズが可能です。

この機能は、特に大規模なプロジェクトや、複数のタグを頻繁に使用する場合に有用です。

Git設定のカスタマイズ

Gitの設定ファイル(.gitconfig)上で、多くのパラメータを編集できます。

次のコマンドを実行し、タグ作成時のデフォルトのエディタを設定してみましょう。

git config --global core.editor "vim"

ワークフローのカスタマイズ

Gitは、フレキシブルなワークフローをサポートしています。

そのため、自分のチームやプロジェクトの特定のニーズに合わせたワークフローのカスタマイズが可能です。

例えば、特定のブランチに対してだけ特定のタグを設定する、といったルールを設けることができます。

トラブルシューティング:エラーと対処法

こちらでは、エラーとその対処法について詳しく説明します。

正しい対処法を理解することで問題を迅速に解決できるでしょう。

  • タグの重複エラー
  • タグの削除エラー
  • リモートとの同期エラー

タグの重複エラー

Gitでは、同じ名前のタグを作成できません。

既に存在するタグと同じ名前のタグを作ろうとした場合、エラーメッセージが表示されます。

どうしても作りたい場合は、既存のタグを削除した後に、新しいタグを作成しましょう。

git tag -d <tagname>
git tag <newtagname>

タグの削除エラー

タグの削除でエラーが発生した場合、権限が原因だと考えられます。

これは特にリモートリポジトリのタグを削除しようとしたときに起こります。

この場合、リポジトリの管理者に連絡を取るか、適切な権限を取得してください。

リモートとの同期エラー

リモートリポジトリとの同期に問題がある場合、最初に試すべきは git fetch コマンドを使用してリモートリポジトリの最新の変更を取得すること。

それでも問題が解決しない場合は、ネットワーク接続を確認するか、リポジトリのURLが正しいことを確認します。

まとめ

当記事の内容をまとめます。

  • Git tagの利点は、特定のコミットを記録し、簡単に参照できること
  • ベストプラクティスとしては、リリースごとに注釈付きタグで適切なメッセージを含めること
  • エラー時にはそのメッセージをよく読み、権限などを確認すること

Gitは現在も進化を続けており、その使い方やベストプラクティスも変わり続けています。

今後も新しい機能や改良が予想されるため、最新の情報を得るためには公式ドキュメンテーションやコミュニティに注目を続けることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました