git diff ファイル名で効率よく差分を確認|実例付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔等記事は以下のような疑問をお持ちの方に向けて作成されています

「git diffファイル名とは具体的に何を指すのだろうか?」

「git diffファイル名の正確な使い方を知りたい」

「git diffファイル名の使用例を実際に見て理解したい」

✔当記事で得られる情報

  • git diffファイル名の基本概念
  • git diffファイル名の入力方法とその実践的な活用法
  • git diffファイル名の具体的な使用例

当記事では、git diffファイル名の基本的な理解から、その詳細なオプションの活用法まで、実際的な例を交えて丁寧に解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitの基本: ‘diff’コマンド

こちらでは、「git diff」コマンドの基本を解説します。

  • ‘git diff’: 機能とその動作
  • ‘git diff’によるファイル単位の比較

‘git diff’: 機能とその動作

‘git diff’コマンドは、以下の変更を表示するものです。

  • 作業ディレクトリとインデックス間
  • 作業ディレクトリとステージングエリア間
  • 2つのコミット間
  • 2つのツリー間

これはソースコードの変更を視覚的に理解し、何が変更され、どのように変更されたかを把握するのに役立ちます。

‘git diff’によるファイル単位の比較

‘git diff’コマンドは、ファイル全体または特定のファイルに対して使用できます。

全体の差分を見るのではなく、特定のファイルの変更だけを見たい場合に便利です。

この機能は、とくに大規模なプロジェクトで使えます。

‘git diff ファイル名’の使い方: ステップバイステップ

ここでは、git diffコマンドの使い方をステップバイステップで説明します。

  • ‘git diff ファイル名’コマンドの具体的な使用方法
  • 実践的なユースケース

‘git diff ファイル名’コマンドの具体的な使用方法

git diff ファイル名

以下の手順で入力しましょう。

  1. コマンドラインに’git diff’と入力します。
  2. スペースを空けて、比較したいファイルの名前を入力します。
  3. エンターキーを押すと、そのファイルの差分が表示されます。
$ git diff master1.txt
diff --git a/master1.txt b/master1.txt
index bd2b32f..c8279af 100644
--- a/master1.txt
+++ b/master1.txt
@@ -1 +1,2 @@
 master1
+add new line.

実践的なユースケース

例えば、あなたが「README.md」というファイルの変更を追跡したいとしましょう。

以下のように記述してください。

git diff README.md

結果として、このファイルのステージング前と後の差分が表示されます。

‘git diff ファイル名’を活用した作業フロー

こちらでは、「git diff ファイル名」を活用した作業フローについて説明します。

  • ファイル名のみの差分の表示方法
  • ファイル名のみでの比較

ファイル名のみの差分の表示方法

git diff --name-only

変更されたファイルの名前のみが表示されます。

どのファイルが変更されたかを確認したい場合に役立つコマンドです。

ファイル名のみでの比較

特定のファイル名で比較するためには、以下のコマンド。

git diff ファイル名

特定のファイルに対する変更を詳細に調査する場合に役立ちます。

ファイル限定での’diff’使用

ここでは、’diff’コマンドをファイル名で限定して使用する理由と手順について説明します。

  • ファイル名での比較を限定する理由
  • ファイル名での比較を限定する手順

ファイル名での比較を限定する理由

大規模なプロジェクトでは、特定のファイルに焦点を当てることで、詳細な分析・エラーの特定が可能になります。

なぜならファイル数が多ければ、全ファイルの差分を一度に確認するのは困難だからです。

差分を確認したいファイル名を指定して、効率よくチェックしましょう。

ファイル名での比較を限定する手順

‘git diff’の後にファイル名を追加するだけです。

git diff README.md

指定したファイルのみの差分が表示されます。

まとめおよびベストプラクティス

当記事では、’git diff フイル名’の活用について学習してきました。

  • ‘git diff ファイル名’は、特定のファイルに焦点を当てることができる強力なツール
  • 大規模なプロジェクトでも特定の変更を容易に把握できる
  • ‘git diff –name-only’は、変更があったファイルを速く確認するのに役立つ

ベストプラクティスとしては、頻繁にコミットをおこなうこと。

それぞれのコミットでの変更を’、diff’コマンドで頻繁に確認することがおすすめです。

どの変更がどのコミットによるものかを明確に把握して、問題が発生した際に原因を特定しやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました