Git Squashで複数のコミットをひとつにまとめる方法|実例付

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています

「git squashの機能について知りたい」

「git squashの正しい使い方を教えてほしい」

「具体的なgit squashの使用例を確認したい」

✔当記事でお伝えする情報

  • git squashの概念と基本的な使い方
  • git squashの効果的な活用方法
  • git squashの実際の適用例

当記事内では、git squashの基礎からさらに深みへと進むための応用方法まで、具体的な例を交えて詳しく解説します。

最後までお読みいただき、git squashを活用した開発作業の効率化に役立ててください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

git squashを理解するための前提知識

こちらでは、「Git」について説明します。

Gitの基本的な概念を理解のうえ、Git Squashの使い方を覚えましょう。

  • Gitとは
  • Gitのコミットとは
  • コミットハッシュとは

Gitとは

Gitは分散型バージョン管理システムであり、複数人での開発作業を容易にするためのツールです。

主な機能としては、以下のとおり。

  • 変更の記録
  • 変更のロールバック
  • ブランチの作成と統合
  • 変更のマージ

Gitを使うことで、ソースコードの変更履歴を一元的に管理でき、開発チーム全体での作業の効率化が図れます。

Gitのコミットとは

Gitのコミットは、Git上に記録している、変更履歴の単位のことです。

コードの修正や追加、削除など、操作をまとめたコミットが、履歴として残ります。

コミットにはコメントを残したり、タグをつけたり、どの時点でどのような変更を加えたが後で追跡できるような機能も備わっています。

コミットハッシュとは

コミットハッシュとは、コミットを特定するために、各コミットに一意に割り振られた文字列です。

特定のコミットに対して操作をしたい場合に、コミットハッシュでその対象を特定します。

コミットハッシュが以下のコマンドで、そのほかのコメントなどと一緒に確認が可能です。

git log

Git Squashとは

ここでは、「Git Squash」についての基本をご覧いただきます。

まずはその概要をつかみ、どのようなものかをイメージできるようになりましょう。

  • git squashとは
  • Git Squashの役割と利点

Git Squashとは?

Git Squashは、複数のコミットをひとつにまとめられる機能です。

Git Squashにより、一連のコミットをまとめて、履歴を簡潔に保てます。

例えば、アプリの機能を開発する際、細かい修正により、数十のコミットをおこなった場合など、それらをひとつにまとめてコミットの履歴をスッキリさせることが可能です。

Git Squashの役割と利点

Git Squashの主な役割は、複数のコミットをひとつにまとめることです。

これにより、コードの変更履歴が簡潔に保たれ、過去のコミットを追いやすくなります。

リモートのリポジトリにプッシュする前に不要なコミットを整理できるため、ほかの開発者がコードを理解しやすくなります。

Squashの実践方法

次に、「Squashの実践方法」について解説します。

Git Squashの使用手順とコマンド紹介を通じて、具体的な操作方法を学びましょう。

  • Git Squashの使用手順
  • Git Squashのコマンド紹介

Git Squashの使用手順

Git Squashを使用する基本的な手順は以下の通りです。

  1. コミットをsquashしたいブランチにチェックアウトする
  2. git rebase -i HEAD~nコマンドを使用して、最新のn個のコミットを選択
  3. テキストエディタが開き、スクウォッシュしたいコミットを選択
  4. 保存してエディタを閉じると、選択したコミットが1つにまとまる

Git Squashのコマンド紹介

ここでは、Git Squashを使用する際によく使うコマンドをいくつか紹介します。

  • git rebase -i HEAD~n: 最新のn個のコミットを選択するもの
  • squashまたはs: 選択したコミットを前のコミットと統合するもの
  • git commit --amend: 統合したコミットのメッセージを編集するもの

実例によるSquashの解説

ここでは、「実例によるSquashの解説」をおこないます。

実際の使用事例を通じて、Git Squashの活用法を具体的に理解しましょう。

  • 実践編: Git Squashの活用事例
  • Git Log、Rebase、Pushと組み合わせる

実践編: Git Squashの活用事例

新しい機能を追加するブランチで、10のコミットがあったとしましょう。

しかし、これらをそのままメインブランチにマージすると、変更履歴が複雑になってしまいます。

Git Squashを使い、これら10のコミットをまとめ、変更履歴をスッキリ保てるのです。

Git Log、Rebase、Pushと組み合わせる

Git Squashは、以下のような場面で役立ちます。

  • git logでコミットの履歴を確認
  • git rebaseでブランチの歴史を書き直す
  • git pushで変更をリモートリポジトリに反映する

コミットをまとめることで、これらのコマンドの使い方がより直感的で理解しやすくなります。

Squashを使う上での注意

Git Squashを使用する際には、いくつかの注意点があります。

ひとつ目は、公開されているブランチに対してSquashを行うと、ほかの開発者に混乱を招く可能性があること。

これは、Squashによってコミットの履歴が改変されるためです。

そのため、Squashは基本的にローカルのブランチで使用し、作業が完了したらその結果をプッシュするのが良いでしょう。

またGit Squashを使用すると、元の個々のコミットに含まれていた詳細な情報が失われます。

このため、個々のコミットの内容が後から参照できるように、Squash後のコミットメッセージには詳細な情報を含めることが重要です。

よくある質問とその解答

以下にgit squashでよくある質問をまとめました。

事前に把握しておくことで、トラブル時の解決が早められるでしょう。

Q: Squash後のコミットメッセージはどのように書くべきですか?

Squash後のコミットメッセージは、Squashによってまとめられた変更内容を具体的に説明するべきです。

また、可能であれば各コミットで行った変更の要点も含めると良いでしょう。

Q: 公開されているブランチに対してSquashを行った場合、どのような問題が発生しますか?

公開されているブランチに対してSquashを行うと、そのブランチを既にチェックアウトしている他の開発者のリポジトリとの間に矛盾が生じます。

これは、Squashによってコミットの履歴が改変されるためです。

そのため、基本的にSquashはローカルのブランチで使用し、その結果をプッシュするのが良いでしょう。

Q: Squashはどのような場面で使うべきですか?

A: Squashは、主に複数の関連するコミットをひとつにまとめて、コミットの履歴を簡潔に保つために使います。

例えば、新しい機能の開発やバグの修正に関する一連のコミットをまとめる際などに有効です。

Q: SquashとRebaseの違いは何ですか?

A: RebaseとSquashはどちらもコミット履歴を整理するためのツールですが、その使い方と結果には大きな違いがあります。

  • Rebase:特定のブランチのコミットを別のブランチに適用するための操作で、既存のコミット順序を保持
  • Squash:複数のコミットをひとつにまとめ、結果として新しいシングルコミットを生成

これにより、コミット履歴が簡潔になり、レビューやデバッグが容易になります。

Q: Squashの操作が失敗した場合、どのように対処すればいいですか?

Squash操作が失敗した場合、まずはGitのエラーメッセージを確認しましょう。

エラーメッセージは問題の手がかりを提供します。

その上で、再度Squashを試みる前に、正しく操作を行っていることを確認してください。

具体的な問題については、オンラインのGitコミュニティやフォーラムを利用して情報を得ることも有効です。

Q: Squashの操作を間違えたら元に戻せますか?

はい、Squashの操作を間違えた場合、一部の場合では操作を元に戻すことが可能です。

ただし、Squashによる変更を元に戻すには、Squash操作の前にブランチのコピーを作成するなど、予め対策を講じておく必要があります。

Gitのreflogコマンドを使用して、以前の状態に戻ることも可能ですが、操作は慎重に行うべきです。

このようなQ&Aを通じて、Git Squashの基本的な理解とその活用についてさらに深く理解することができました。

これらの知識と経験を活かし、効果的なバージョン管理を行いましょう。

まとめ:Git Squashの力を引き出す

当記事では、Git Squashについて学習してきました。

Git Squashは、適切に使いこなすことでコードベースを簡潔に保ち、他の開発者が作業内容を理解しやすくする強力なツールです。

しかし、Git Squashはその特性上、使用には慎重さが求められます。

特に公開ブランチでの使用や、Squash後のコミットメッセージの書き方などには注意が必要です。

また、Git Squashの操作に慣れるまでは、間違った操作から復元するための方法も理解しておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました