【保存版】Git Cloneの基本から応用まで丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は以下のような疑問を持つ方へ向けて書かれています

「git cloneコマンドってなんだろう?」

「git cloneコマンドの使用方法を学びたい」

「git cloneコマンドの具体的な使い方を知りたい」

✔当記事で得られる情報

  • git clone コマンドの基本的な理解
  • git clone コマンドの正しい使い方とそのバリエーション
  • git clone コマンドの活用例

当記事では、git clone コマンドの基本的な部分から、その派生形まで具体例を引きながら詳細に説明します。

是非最後までご覧いただき、git clone コマンドをマスターしましょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Git Clone:一体何?

ここでは、「Git Clone」についてお伝えしていきます。

「Git Clone」の基本概念を理解し、その重要性を掴みましょう。

  • エッセンス:Git Cloneとは
  • その重要性:Git Cloneの意義

エッセンス:Git Cloneとは

Git Cloneとは、既存のリモートリポジトリをローカルマシンに複製する操作を指します。

git clone <リポジトリURL>

リポジトリの全てのファイル、ブランチ、履歴情報をローカルにコピーします。

その重要性:Git Cloneの意義

Git Cloneの意義は、他人が作成したプロジェクトを自分のローカル環境で操作できるようにすることです。

これにより、プロジェクトに参加する際や、オープンソースのコードを学びたいときなどに、手軽に必要なデータを取得できます。

以下はDjangoというフレームワークのチュートリアルで使用した著者のリモートリポジトリをクローンする例です。

git clone https://github.com/Yulikepython/itc-tube.git

Git Cloneコマンド:基本のキ

次に、「Git Cloneコマンド」について説明します。

基本から理解のうえ、先へ進みましょう。

  • Git Cloneのシンプルな使い方
  • リモートリポジトリを別の名前で保存する
  • カレントディレクトリ以外にリポジトリを保存する

Git Cloneのシンプルな使い方

Git Cloneの基本的な使い方は非常にシンプルです。

ターミナルやコマンドプロンプトを開き、開発ディレクトリ上で、クローンしたいリポジトリのURLを指定して、git cloneコマンドを実行します。

git clone https://github.com/user/repo.git

リモートリポジトリを別の名前で保存する

リポジトリを別の名前で保存したい場合は、git cloneコマンドの末尾に新しい名前を追加します。

git clone https://github.com/user/repo.git new-repo-name

これにより、”new-repo-name”という名前のディレクトリにリポジトリがクローンされます。

カレントディレクトリ以外にリポジトリを保存する

カレントディレクトリ以外の場所にリポジトリをクローンしたい場合、ファイルパスを指定しましょう。

git clone https://github.com/user/repo.git ~/Documents/my-projects/repo

“my-projects/repo”という名前のディレクトリにリポジトリがクローンされます。

Git Cloneオプション:充実した機能

ここでは、「Git Cloneオプション」について詳しく説明します。

さまざまなオプションを理解し、Git Cloneコマンドをより有効に使いこなすことができます。

  • 特定ブランチの選択用オプション
  • クローン操作のメッセージ非表示オプション
  • origin別名設定オプション
  • 特定コミットのみ取得オプション
  • チェックアウト非実行オプション

詳しくはこちらでも解説しています。

特定ブランチの選択用オプション

Git Cloneでは特定のブランチをクローンすることも可能です。

それには-bオプションを用います。

例えば、developmentブランチをクローンする場合は以下のとおりです。

git clone -b development https://github.com/user/repo.git

クローン操作のメッセージ非表示オプション

クローン操作中のメッセージを非表示にするには、-q(quiet)オプションを用います。

これは、自動スクリプトなどで操作をおこなうときに役立つものです。

git clone -q https://github.com/user/repo.git

origin別名設定オプション

クローン時にリモートリポジトリ(通常は”origin”と呼ばれる)の別名の設定も可能。

これには-oオプションを用います。

git clone -o my_origin https://github.com/user/repo.git

特定コミットのみ取得オプション

特定のコミットまでの履歴のみをクローンするには、--depthオプションを使います。

これにより、リポジトリの大きさを小さく抑えられます。

git clone --depth 1 https://github.com/user/repo.git

チェックアウト非実行オプション

クローン後すぐに作業を始める必要がない場合は、--no-checkoutオプションを使用してチェックアウトをスキップできます。

git clone --no-checkout https://github.com/user/repo.git

実践編:GitHubリポジトリから始めよう

ここで、実際に「GitHubリポジトリからのGit Clone」をおこないます。

具体的な手順を通じて、先ほど学んだ知識を実践的に活用してください。

  • GitHubリポジトリをローカルに持ってくる
  • ソースコードのダウンロードを試す

GitHubリポジトリをローカルに持ってくる

GitHubリポジトリのクローンは非常に簡単です。

まずは、リポジトリのページを開き、「Code」ボタンをクリックし、表示されるURLをコピーします。

その後、以下のコマンドを実行しましょう。

git clone https://github.com/user/repo.git

実際のURLはコピーしたものに置き換えてください。

ソースコードのダウンロードを試す

GitHubリポジトリのソースコードをダウンロードしてみましょう。

そのためには、先ほどのgit cloneコマンドの後に、特定のディレクトリへ移動するコマンドを実行します。

cd repo

ここで、「repo」はクローンしたリポジトリの名前に置き換えてください。

まとめ

当記事では、Git Cloneについて学習してきました。

Git Cloneは、あなたが独自の開発環境で既存のプロジェクトに参加したり、オープンソースのコードを探求したりするための最初のステップです。

今回学んだ機能とオプションを活用すれば、このプロセスをよりスムーズに、より効率的に進められるでしょう。

Gitの学習を続けるために、以下のリソースも参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました