【DigitalOceanの使い方】Dropletsへアクセス

think-old-man-imgDigitalOcean

✔当記事はこんな方へ向けて書かれています

「Dropletsまで作れたけど、このあとどうすれば良いの?」

「ターミナルでDropletsにアクセスをできるようになりたい!」

「もしうまく行かなったときの対処法も教えてほしい!」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • 【DigitalOceanの使い方】Dropletsへアクセスする方法を解説
  • パスワードを忘れたり、上手くいかないときは?

ステップバイステップで解説していきます

【著者プロフィール】

profile_icon
【Python・Django歴】10年 x 【営業マン歴】11年
HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

当ブログを通じて、下記アプリの作り方、コード等を公開、解説しています

☆日報アプリ「D-Repo」(デモ版)→こちら

※Djangoをベースに作成したアプリです

☆便利ツールアプリ「Tool Station」→こちら

※Django REST frameworkとReactで作成しているアプリです

DropletsのIPアドレスを取得します

トップページでサーバー名の横にかかれているのがグローバルIPアドレスです

何はともあれ、IPアドレスをきちんと控えておきましょう

Dropletsへパスワードによるアクセスとしてる方

こちらの章ではDropletsへのアクセスをパスワードによる方法で設定している方へ向けてのアクセス方法をお伝えします

IPアドレスを取得後、自身のコンピューターでターミナル(コマンドプロンプト)を立ち上げ、

ssh root@IPアドレス

と打ち込みます

パスワードを入力すれば完了です!

簡単ですね!

もし、パスワードを忘れたら?

Dropletsの詳細ページ→Access→Reset Root Passwordでパスワードを再設定できます

SSHキーによりアクセスする方

SSHキーによるアクセスをする方は、アクセス元のコンピューターのSSHパブリックキーを登録する必要があります

トップページ左下のsettingsへ進みます

①Security→②ADD SSH Keyでパブリックキーを追加すれば完成です

ssh root@IPアドレス

でアクセスしましょう

うまく行かないときは?

リカバリー用のコンソールを立ち上げます

Dropletsの詳細ページ→Access→Launch Recovery Console

Droplets内へアクセスできたら、下記の「authorized_keys」へ自身のコンピュータのパブリックキーをコピペしましょう

ホームディレクトリ > .ssh > authorized_keys

見当たらない場合は自身で作って構いません

.sshフォルダは隠しフォルダのため、lsコマンドでは見れません

ls -la

で探してみよう!

まとめ

アクセスするためには最低限下記のステップが必要です

  1. DropletsのIPアドレスを取得
  2. ターミナルからssh接続

ただし、セキュリティ面を考えてSSHキーによるアクセスとしている場合は、パブリックキーの登録が必要です

方法は、

  1. DigitalOceanのsettingsで登録
  2. Droplets内のauthorized_keysで登録

する方法がありますので頭に入れておきましょう

当記事をご覧の方の中にも「そろそろウェブでアプリを公開してみたいなぁ」「どうやって公開するの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
下記の通り、別記事ではDjangoアプリの公開方法公開までの準備についての解説をしていますのでご覧ください!

「Webアプリを公開したい!」という方へ

【保存版】Apache WebサーバーでDjangoアプリを公開
Djangoが公開できる月500円~のレンタルサーバー
【初心者向け】ムームードメインで独自ドメインを取得する3ステップ
固定IPアドレスのみ単独で契約できる「インターリンク マイIP」Ubuntuコンピューターに固定IPを付与する方法

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました