【最安値級VPS】DigitalOcean Japanを徹底解説

DigitalOcean

✔こんな方へ向けて書かれている記事をまとめました

「DigitalOceanは安いと聞いたけど本当?」

「DigitalOceanとは?何ができるの?」

「DigitalOceanのサイトを見たけど英語が読めない!日本語の文書が少なくて困ってる」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • DigitalOceanについての基本的な事を全まとめ|記事集
  • 【実例】Digital Oceanを使ってできること

Djangoで作成したアプリは全てDigital Oceanを使って公開しています。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロマネ/システムプランニング

【副業】ブログ(月間7万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

【元】外資系金融機関の営業

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

ChatGPTでLINEボット

【今なら無料】ChatGPTでLINEボットを作りました!

友だち追加

DigitalOceanについての基本的な事を全まとめ|記事集

こちらでは、DigitalOceanとは?登録方法、使い方まで解説した記事をご紹介しています。

「DigitalOceanって英語で使いにくい!」という方も、こちらの記事で一つずつ進めていけばウェブサーバーの準備まで完璧です。

「DigitalOceanとは?」を理解する為の5つのポイント
【DigitalOcean】Dropletsを作成する5ステップ
think-old-man-img
【DigitalOceanの使い方】Dropletsへアクセス

【実例】Digital Oceanを使ってできること

DigitalOceanでは様々なことができますが、当記事では主にUbuntu環境を準備した上で、①Djangoアプリを公開する②ファイルサーバーを構築し、オリジナルのクラウドサービスを作成する方法、について解説しています。

【保存版】Apache WebサーバーでDjangoアプリを公開
Linux
【固定費無料!?】Linuxで自作ファイルサーバーを作ろう!

独自ドメインを取得するなら

Webアプリの公開だけが目的なら、DigitalOcean以外のレンタルサーバーは不要です。

ただし、URLとしてアクセスするためにドメインサービスを単独で取得する必要があります。

XServerドメインなら取得費用が1円からで、更新費用も安いのでお得です。

(例)ドメイン「.com」の更新費用

  • お名前.com→1,408円
  • Xserverドメイン→1,298

詳しくはこちら→【公式サイト】XserverドメインXserverドメイン

ただし一般的なホームページの公開なども検討しているなら、レンタルサーバーのスペックやトータルの値段で検討するべきです。下記にて9つのレンタルサーバーを比較しています。ご参考になれば幸いです。

✔オススメの書籍

✔当ブログは以下のような方に向けて書かれています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」

「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

✔当ブログ掲載の記事

  • Djangoで作る日報アプリ開発
  • WebアプリをWeb上に公開する方法
  • Webアプリ開発に必要なそのほかの情報
【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

ITCブログにご協力いただける方は、以下もご検討いただけると嬉しいです。

ITCへ投げ銭をする

タイトルとURLをコピーしました