【最安値級VPS】DigitalOcean Japanを徹底解説

DigitalOcean

✔こんな方へ向けて書かれている記事をまとめました

「DigitalOceanは安いと聞いたけど本当?」

「DigitalOceanとは?何ができるの?」

「DigitalOceanのサイトを見たけど英語が読めない!日本語の文書が少なくて困ってる」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • DigitalOceanについての基本的な事を全まとめ|記事集
  • 【実例】Digital Oceanを使ってできること

【著者プロフィール】

profile_icon
【Python歴】11年 x 【Django歴】10年
HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

当ブログを通じて、Webアプリの書き方やアプリの公開方法までを解説しています。

☆日報アプリ「D-Repo」(デモ版)→こちら

※Djangoをベースに作成したアプリです。

☆便利ツールアプリ「Tool Station」→こちら

※Django REST frameworkとReactで作成しているアプリです。

Djangoで作成したアプリは全てDigital Oceanを使って公開しています。

DigitalOceanについての基本的な事を全まとめ|記事集

こちらでは、DigitalOceanとは?登録方法、使い方まで解説した記事をご紹介しています。

「DigitalOceanって英語で使いにくい!」という方も、こちらの記事で一つずつ進めていけばウェブサーバーの準備まで完璧です。

「DigitalOceanとは?」を理解する為の5つのポイント
【DigitalOcean】Dropletsを作成する5ステップ
think-old-man-img
【DigitalOceanの使い方】Dropletsへアクセス

【実例】Digital Oceanを使ってできること

DigitalOceanでは様々なことができますが、当記事では主にUbuntu環境を準備した上で、①Djangoアプリを公開する②ファイルサーバーを構築し、オリジナルのクラウドサービスを作成する方法、について解説しています。

【保存版】Apache WebサーバーでDjangoアプリを公開
Linux
【固定費無料!?】Linuxで自作ファイルサーバーを作ろう!

独自ドメインを取得するなら

Webアプリの公開だけが目的なら、DigitalOcean以外のレンタルサーバーは不要です。

ただし、URLとしてアクセスするためにドメインサービスを単独で取得する必要があります。

XServerドメインなら取得費用が1円からで、更新費用も安いのでお得です。

(例)ドメイン「.com」の更新費用

  • お名前.com→1,408円
  • Xserverドメイン→1,298

詳しくはこちら→【公式サイト】XserverドメインXserverドメイン

ただし一般的なホームページの公開なども検討しているなら、レンタルサーバーのスペックやトータルの値段で検討するべきです。下記にて9つのレンタルサーバーを比較しています。ご参考になれば幸いです。

✔オススメの書籍


クラウドVPS入門 運用・構築から高度な利用まで (静岡学術出版理工学ブックス)

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

タイトルとURLをコピーしました