【簡単!】Djangoの__str__メソッドについて|コード付

Django

(最終更新月:2021年12月)

「アドミンページの保存データ一覧が見にくい!」

「__str__メソッドって聞いたことあるけど、何なのかよくわからない!」

といとお困りのDjango初学者の方へ向けての記事となります

当記事を通じて、__str__メソッドの

  • __str__メソッドって何?
  • どうやって書くの?
  • 実例

を解説、紹介していきます

✔月9,800円でWebデザインが学べる

デザナルは、Webデザインに苦手意識がある方におすすめのサブスク型スクールです。

特徴は以下の通り。

  • 初期費用不要
  • 教材が使い放題
  • 案件で収入も得られる

デザナルは稼ぎながら学べる、格安のWebデザインスクールです。

>>詳細はこちら<<

安いWebデザインスクール「デザナル」を徹底分析

__str__メソッドとは?

保存したオブジェクトに名前をつける

役割だと覚えておきましょう

__str__メソッドを使わないと、

どれがどの日報かわかりません

__str__メソッドを記述すると、

など自由に名前をつけることができます(この場合は「タイトル」をそのまま名前としています)

次章で書き方を解説します

__str__メソッドの書き方

書き方はとてもカンタン!

モデルクラス内で、

def __str__(self):
    return "付けたい名前"

となります

例えば

def __str__(self):
    return "新しい日報です"

とすると、

とすることができます

ただしこれでは、「名前を付ける」という意味では上手くいってません

次章で実際の例をご覧頂き参考にして頂ければと思います

開発中の日報アプリでは、下記の通りとします

class NippoModel(models.Model):
    title = ...
    ....

    def __str__(self):
        return self.title

ブラウザでアクセスすると、

となります

ポイントとしては、モデルクラスのフィールド名を使う場合、

self.フィールド名

と必ず引数で受け取った「self」をつけるようにしましょう

まとめ

__str__メソッドの役割は、

それぞれのオブジェクトに名前をつける

ことです

書き方で気を付けることは、

フィールド名の前に「self」をつける

ことです

しっかりとポイントを押さえればとてもカンタン!

お好きな名前を付けて次へ進みましょう!

さて、次の記事では、いよいよ一般ユーザー向けのページ作りを始めていきます

Pythonをベースとした.pyファイルとこれから作る.htmlファイルを連動して、HTMLファイルを表示する方法についてまずは解説していきます

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

関連書籍

タイトルとURLをコピーしました