【Django(エラー処理)】WSGI エラー django.core.exceptions.ImproperlyConfigured: WSGI application ‘**.wsgi.application’ could not be loaded;

Django

(最終更新月:2021年8月)

DjangoとReactでWebアプリを作成しています

【バージョン情報】

  • OS: Ubuntu 20.10
  • Python: 3.8.10
  • Django: 3.1.4
  • PostgreSQL: 12.7
  • React: 17.0.1

Ubuntuのアップデートにより、pipの再インストールなどをした後に、Djangoサーバーへアクセスしたところ、

raise ImproperlyConfigured(
django.core.exceptions.ImproperlyConfigured: WSGI application 'main.wsgi.application' could not be loaded; Error importing module.

というエラーに遭遇

心が折れかけましたが、意外に簡単なところで即解決!しましたので、共有します

cors-headersのインストールを忘れていた!

ということで、

$ pip install django-cors-headers

とすることで、即解決でした!!

同じ場面に遭遇した方のお役に立てれば幸いです

初期費用ゼロ/月9,800円でWebデザインが学べる

デザインを習得するためには、客観的なフィードバックと改善が不可欠です。

以下の記事ではこんなWebデザインスクールをご紹介しています。

  • 初期費用ゼロで、月々9,800円のみ
  • オンラインで、教材が使い放題
  • コンテストや実務案件にチャレンジして報酬もGETできる

デザナルはトップデザイナーからレビューがもらえる、格安のWebデザインスクールです。

>>デザナルに興味がある方はこちらからどうぞ<<

詳細をまとめた記事もございますので、ぜひご覧ください。

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました