Git Commitのコメントを変更する方法|実例付きで解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年9月)

✔当記事は次のような疑問をお持ちの方々に向けて書かれています

「git commitのコメントをどうやって変更するのか?」

「git commitのコメントを変更する際の手順は?」

「git commitのコメント変更の実際の例が見てみたい」

✔当記事を通じて皆様に提供できる情報

  • git commitのコメント変更の方法
  • git commitコメントの書き換え手順の詳細な説明
  • git commitコメント変更の具体的な事例

当記事では、git commitのコメント変更方法の基本から、具体的な手順説明と実例に至るまで、実例とともに説明しています。

ぜひ最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロマネ/システムプランニング(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間12万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

【名著】リーダブルコード

Gitの基本

こちらでは、Gitの基本的な操作や概念についてお伝えしていきます。

  • Gitの基本概念
  • Commitとその重要性

Gitの基本概念

Gitは、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムです。

複数人での作業はもちろん、個人開発でも、長期に渡りメンテナンスをする過程などが記録できるもの。

機能追加やバグ修正についても、そのバージョンごとに履歴を管理できます。

Commitとその重要性

Commitは、Gitにおいて変更履歴を記録する重要な操作です。

具体的には、作業の一段階完了ごとにおこない、あとで変更内容を確認するための目印となります。

この機能によって、過去の状態に戻ることや、他の人との共同作業がしやすくなるのです。

コミットコメントの基本作法 — 効果的な書き方へのガイド

こちらでは、効果的なCommitコメントの書き方についてガイドします。

  • Commitコメントの作成
  • Commitコメントの書き方

Commitコメントの作成

Commitコメントは以下のコマンドで記録できます。

git commit -m "コメントをここに書く"

詳しくはこちらの記事でも解説しています。

Commitコメントの書き方

Commitコメントは、その変更が何であるかを簡潔に記述します。

例を挙げると、以下のとおりです。

  • 「修正: ○○バグの修正」
  • 「追加: △△機能の追加」

複雑な機能などであれば、より具体的に書くこともおすすめです。

とくに事実だけでなく、その背景なども書いておくと、あとで見返したときにとてもわかりやすいです。

正確なコメントは後でレビューやデバッグをする際に非常に役立ちます。

直近のCommitコメントの変更方法

直近のCommitコメントの変更方法を見ていきましょう。

書き忘れたときなどに、とても便利です。

  • 操作手順とコード
  • 一度に処理できる変更の範囲
  • 未プッシュのコミットメッセージの書き換え

操作手順とコード

直近のCommitコメントの変更は、以下のコマンドでおこなえます。

git commit --amend -m "新しいコメント"

この操作は直前のCommitを変更するため、慎重におこないましょう。

一度に処理できる変更の範囲

直近のCommitコメントの変更は、一度にひとつのCommitを対象とします。

複数のCommitコメントを変更したい場合は、別の方法を用いてください。

未プッシュのコミットメッセージの書き換え

未プッシュのコミットメッセージを書き換えるには、以下のコマンドが使用されます。

git rebase -i HEAD~n

ここでnは、変更したいコミットの数を表します。

コマンド実行後、エディタが開き、書き換えたい行のpickrewordに変更して保存してください。

複数もしくは過去のCommitコメントの修正

こちらでは、複数のCommitや過去のCommitのコメント変更方法について段階を追って説明します。

  • 初級編: 直前のコメント変更
  • 中級編: 2コミット以上前のメッセージ変更
  • 実践編: 具体的ステップ&コード

初級編: 直前のコメント変更

既に説明した通り、直前のコメント変更は以下のコマンドで行います。

git commit --amend -m "新しいコメント"

初学者にとって最も簡単な方法です。

中級編: 2コミット以上前のメッセージ変更

2コミット以上前のメッセージを変更する際は、リベースを使用します。

以下のコマンドを実行します。

git rebase -i HEAD~n

nは変更したいコミットの数を表します。

実践編: 具体的ステップ&コード

具体的なステップは以下のとおりです。

  • git rebase -i HEAD~nコマンドを実行
  • エディタで変更したい行のpickrewordに変更
  • 新しいコメントを入力して保存

この手順を踏むことで、複数のCommitコメントを効率的に変更できます。

Gitで必要となるその他の操作

こちらでは、Gitの操作で必要となるその他の要点について解説します。

  • 「入力モード」と「コマンドモード」の切替
  • ファイルの上書き保存とエディタの終了方法

Vim:「入力モード」と「コマンドモード」の切替

Gitでコマンドラインエディタ(例: Vim)を使用する際、入力モードとコマンドモードの切り替えが必要です。

  • コマンドモード:コマンドを実行
  • 入力モード:テキストを編集

例えば、Vimでの切替は以下のようにおこないます。

  • 入力モードへの切替: i キーを押す
  • コマンドモードへの切替: Esc キーを押す

この切り替えを理解することが、Gitでの効率的な作業にとって重要です。

ファイルの上書き保存とエディタの終了方法

Gitでコミットメッセージなどを編集する際、ファイルの保存とエディタの終了が必要です。

Vimの場合、以下のコマンドを使用します。

  • 上書き保存: コマンドモードで :w と入力
  • エディタの終了: コマンドモードで :q と入力

これらの操作を組み合わせることで、Git操作がスムーズにおこなえます。

よくある質問とその答え(FAQ)

最後に、GitとCommitコメントに関するよくある質問とその答えを挙げます。

コミットメッセージはどれだけ詳細であるべきですか?

コミットメッセージは変更内容を簡潔に伝えるべきです。

必要に応じて、変更の理由や関連する課題番号などを記載することも有効です。

過去のコミットを変更するのは安全ですか?

未プッシュのコミットを変更するのは一般的な操作ですが、プッシュ後のコミットを変更する際は他の開発者との影響を慎重に考慮する必要があります。

Gitのエディタを変更したい場合はどうすればよいですか?

Gitのエディタは以下のコマンドで変更できます。

git config --global core.editor "エディタ名"

このコマンドで指定したエディタが使用されるようになります。

まとめ

当記事でお伝えした内容をまとめます。

  • よく考えられたCommitコメントは、変更の理由や目的を明確に伝えられる
  • 変更の際は、ほかの人との共同作業を考慮し、注意深くおこなう
  • コメントの書き換えも可能ですが、プッシュ後の変更には特に注意が必要

Gitの使い方は、実際に手を動かしてこそ、身につきます。

当記事の内容を参考にぜひ手を動かして、身につけてください。

タイトルとURLをコピーしました