【簡単】Gitにおけるブランチ名の変更方法|コマンド例付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「gitブランチ名変更の仕方がよくわからない」

「gitブランチ名変更の手順を知りたい」

「gitブランチ名変更の具体的な手法が見たい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • gitブランチ名変更の基本概念
  • gitブランチ名変更の具体的な手順
  • gitブランチ名変更の実際の例

記事中では、gitブランチ名変更の基本から上級者向けのテクニックまで、実際の操作例を交えながら分かりやすく解説しています。

ぜひ最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitとブランチの基本

こちらでは、「Git」および「ブランチ」について簡単に紹介します。

  • Gitとは?
  • ブランチの役割

Gitとは?

Gitとは、プログラミングにおけるバージョン管理システムのひとつです。

これは複数の開発者がひとつのプロジェクトに同時に作業する際、作業内容の衝突を避けるために使われます。

またソースコードの歴史を記録し、以前のバージョンに戻したり、どの変更がいつ誰によっておこなわれたかを追跡することが可能です。

ブランチの役割

ブランチとは、開発の異なる部分を同時に進行させるための方法です。

基本的に、新たなブランチはプロジェクトの現状から分岐し、独立した作業を進行します。

これにより、開発者はほかの人の作業に影響を及ぼすことなく新機能を開発したり、バグを修正したりが可能になるのです。

ブランチ名を変更する理由とメリット

ブランチ名の変更には一体何が必要で、それによりどのようなメリットが得られるのでしょうか。

  • 名前変更の必要性
  • 名前変更による利点

名前変更の必要性

ブランチ名を変更する必要性は、主に2つあります。

  • ブランチの目的が変わった時、その名前が反映していない場合
  • 元々のブランチ名が曖昧で、他の開発者が混乱する可能性がある場合

これらの場合、ブランチ名を変更することで、ブランチの目的を明確に伝えられます。

名前変更による利点

ブランチ名の変更は、全体のコードベースの理解と管理を容易にします。

具体的な名前は、ブランチの目的や作業内容を明確に示し、他の開発者がそれを理解するのに役立つでしょう。

ブランチが多くなった場合でも、明確な命名規則に従うことで、管理が容易になります。

ブランチ名の変更手順

ブランチ名の変更は、以下の手順で行うことができます。

  • ローカルブランチ名の変更方法
  • ブランチの変更をリモートに反映させる方式
  • 不要なブランチの削除と管理

ローカルブランチ名の変更方法

Gitでブランチ名を変更するには、以下のコマンドを使用します。

変更したいブランチにチェックアウトしたうえで、実行してください。

git branch -m [新しいブランチ名]

現在のブランチ名が新しいブランチ名に変更されます。

ブランチの変更をリモートに反映させる方式

ローカルでブランチ名を変更した後、その変更をリモートに反映するには、こちらのコマンドです。

git push origin :[旧ブランチ名] [新ブランチ名]

リモートリポジトリの旧ブランチは削除され、新しいブランチが作成されます。

不要なブランチの削除と管理

ブランチ名の変更と並行して、不要になったブランチの削除と管理も重要です。

git branch -d [ブランチ名]

指定したブランチをローカルから削除。

git push origin --delete [ブランチ名]

リモートリポジトリからも削除可能です。

ブランチ名変更ができない場合の対策

ブランチ名の変更中にエラーが生じる一般的な理由は、以下の2つ。

  • ブランチが存在しない
  • 既にその名前のブランチが存在する

これらの問題は、「git branch」コマンドを使用してブランチのリストを確認し、存在するブランチとその名前を確認することで解決可能です。

必要に応じて適切なブランチ名を選択しなおしましょう。

名前変更後のブランチの共有方法

ブランチ名を変更した後、その情報を適切に共有する方法について説明します。

  • ブランチ変更通知の最善方法
  • 他の開発者との連携注意点

ブランチ変更通知の最善方法

ブランチ名を変更した後は、その情報をチームメンバーに通知することが重要です。

直接コミュニケーションツール(例えば、Slackやメール)を用いて、変更があったことを伝えることがひとつの方法です。

メッセージには、旧ブランチ名、新ブランチ名、および変更の理由を含めるとよいでしょう。

他の開発者との連携注意点

ブランチ名の変更はチーム全体に影響を及ぼしますので、とくに注意が必要です。

変更の前には全員に通知し、誰もそのブランチを使用していないことを確認してください。

また名前を変更したら、全員が新しいブランチ名をプルするように指示してください。

git pull origin [新しいブランチ名]

まとめ

当記事では、ブランチ名の変更について学習してきました。

  • ブランチ名の変更は、コードの管理を明確にし、効率を高めるために重要な作業
  • 適切なブランチ名は、ブランチの目的を示し、他の開発者がその作業内容を理解するのに役立つ
  • また、変更プロセス自体が、チーム内のコミュニケーションを強化し、共同作業の透明性を高める

これからは、ブランチ名の変更を適切に行い、その情報をチーム全体で共有することに慣れていくことが重要です。

プロジェクトの効率性と生産性を高め、ソフトウェアの品質を改善することが可能になります。

またGitの機能、例えばマージやリベースなどについても学んでいくと、更に効果的なバージョン管理が可能になります。

タイトルとURLをコピーしました