git config –global|gitの設定方法を徹底解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています

「git config –globalとは何かを深く理解したい」

「git config –globalの設定方法が知りたい」

「git config –globalの具体的な使い方を学びたい」

✔当記事でお伝えする内容は次のとおりです

  • git config –globalの基本概念
  • git config –globalの設定方法とその応用
  • git config –globalの具体的な使用例

当記事では、git config –globalの基本から詳細設定、その実践的な応用例まで、実際の操作を示しながらわかりやすく解説します。

ぜひ最後まで読み進め、git config –globalの活用法を身につけてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

git config –globalとは?

こちらでは、git config –globalの基本事項をお伝えしていきます。

まずは基本を理解したうえで、より細かい設定方法へ進みましょう。

  • 個人識別情報の設定
  • 好みのエディター設定
  • 設定の確認方法

個人識別情報の設定

git config –gobalというコマンドで、ユーザー登録ができます。

なぜならGitで作業をする際、誰が変更をおこなったかを記録するために個人識別情報の設定が必要だからです。

具体的には、ユーザー名とメールアドレスを設定します。

git config --global user.name "Your Name"
git config --global user.email "your.email@example.com"

好みのエディター設定

Gitでコミットメッセージなどを書く際の、テキストエディタを設定できます。

git config --global core.editor "vim"

お好みのエディターで、Gitでの作業がスムーズにおこなえるようになります。

設定の確認方法

設定が正しくおこなわれたかを確認するために、以下のコマンドを使います。

git config --list

また特定の設定値を確認する場合は、こちらのコマンドです。

git config user.name

必要な設定が適切におこなわれているかを簡単に確かめられます。

Git設定の三段階理解

こちらでは、Git設定の三段階について理解を深めます。

  • Local設定
  • Global設定
  • System設定

Local設定

Local設定は、特定のリポジトリ内でのみ有効な設定です。

これによりプロジェクトごとに異なる設定をおこなえます。

特定のリポジトリでだけ使用するメールアドレスを設定する場合などに活用しましょう。

git config user.email "youremail@example.com"

Local設定は、–globalオプションを付けないで実行してください。

Global設定

Global設定はユーザー全体で有効な設定で、上記の「git config –global」としておこなわれる設定です。

一般的なユーザー名やメールアドレス、エディタの設定などが含まれます。

この設定は、システム全体で共通して使われるため便利です。

System設定

System設定はシステム全体で有効な設定で、すべてのユーザーに適用されるものです。

管理者権限が必要で、一般のユーザーにはあまり関係のない設定が多いですが、企業環境などで一括管理する際に利用されます。

sudo git config --system user.name "System Wide Username"

設定値の確認方法

こちらでは、設定値の確認方法についてお伝えします。

現状の設定がどうなっているのかを確認してください。

  • 設定Keyを特定して確認
  • 全設定値を一括確認

設定Keyを特定して確認

特定の設定Keyを確認するためには、以下のコマンドを実行しましょう。

git config <key>

例えば、ユーザー名を確認するには以下のとおりです。

git config user.name

これにより、特定の設定値が何であるかを素早く調べられます。

全設定値を一括確認

すべての設定値を一覧で確認する方法はこちらです。

git config --list

このコマンドによって、local、global、systemの全設定が一覧で表示されます。

現在の設定状況を一括で確認することが可能です。

設定ファイルの場所探し

設定ファイルの場所を確認しましょう。

Gitの設定は、ファイルにも保存されます。

以下の3つ、それぞれのレベルで設定可能です。

  • システム全体
  • ユーザー固有
  • リポジトリ固有のレベル

以下の一覧表は、Windows・Mac・Linuxにおける設定ファイルの場所を示しています。

設定ファイルの種類設定ファイル名Windowsの場所Mac/Linuxの場所
システム全体の設定gitconfigC:\ProgramData\Git\config/etc/gitconfig
ユーザー固有の設定.gitconfigC:\Users\<username>\.gitconfig~/.gitconfig
リポジトリ固有の設定.git/config<repo_path>/.git/config<repo_path>/.git/config

これらの設定ファイルは、上から下へと順番に適用され、下のレベルの設定が上のレベルの設定を上書きします。

よく使われるgit config –globalの設定

こちらでは、よく使われるgit configの設定についてお伝えします。

具体的な設定例をご覧いただき、良いものがあればぜひ試してみてください。

  • 実運用での設定例
  • コマンドと設定ファイルの比較

実運用での設定例

実際のプロジェクトでよく使用される設定例として、以下が挙げられます。

  • ユーザー名:git config --global user.name "Your Name"
  • メールアドレス:git config --global user.email "your.email@example.com"
  • デフォルトのエディタ:git config --global core.editor "vim"

コマンドと設定ファイルの比較

gitの設定方法は、以下の2とおりです。

  • コマンドで設定する方法
  • 設定ファイル(.gitconfig)で直接設定する方法

コマンドを使用すると、設定ファイルの適切な場所に自動で設定が書かれます。

設定ファイルの編集に馴染みがない方はこちらが良いでしょう。

設定ファイルで直接編集する場合は、構文を正確に書く必要があります。

Gitのブランチとgit config –global

GitのブランチとGitの設定についてお伝えします。

Gitの設定により、ブランチ操作も可能です。

  • ブランチの自動設定:autosetupmerge
  • ブランチの名前の色付け:color.branch auto

ブランチの自動設定:autosetupmerge

Gitでブランチを自動的に設定するためのグローバル設定コマンドがあります。

git config --global branch.autosetupmerge always

このコマンドを使用すると、新しいブランチが作成されるたびに、それに対応する追跡ブランチが自動で設定されます。

  • --global フラグ
    このオプションは、設定がグローバルレベル(ユーザー固有の設定)で適用されることを意味します。その結果、現在のユーザーに関連付けられたすべてのリポジトリに対して、この設定が適用されます。
  • branch.autosetupmerge
    この設定項目は、ブランチが作成される際に、どのように追跡ブランチが設定されるかを制御します。
  • always
    この値を設定すると、新しいブランチが作成されるたびに、自動的に対応する上流ブランチ(通常はブランチ元となるブランチ)との追跡関係が設定されます。つまり、新しくブランチを作成した際に、そのブランチと「origin」の同名ブランチとの間に、追跡関係が自動的に設定されます。

この設定をおこなえば、ブランチを作成する際に毎回追跡ブランチを手動で設定する必要がなくなり、作業効率が向上します。

とくに複数のリポジトリで作業する際や、頻繁に新しいブランチを作成する作業フローにおいて有用です。

ブランチの名前の色付け:color.branch auto

git config --global color.branch auto

Gitのブランチ名に色付けをするための設定です。

これにより、コマンドラインでブランチ名などを表示する際に、見やすくするために色が自動的に付けられます。

以下はこのコマンドの詳細な説明です。

  • --global フラグ: この設定が現在のユーザーの全リポジトリに適用されることを意味します。
  • color.branch: この設定項目は、ブランチ名に対する色付けの動作を制御します。
  • auto: この値は、Gitが端末が色をサポートしている場合にのみ、色付けを行うように指示します。

この設定は、ブランチ名を視覚的に識別しやすくするために役立ちます。

多くのシステムでは、デフォルトで色が使われることが一般的ですが、このコマンドは特定のユーザーまたはシステムで色付けの挙動を明示的にコントロールしたい場合に使用しましょう。

リモートGitサーバーとgit config –global

こちらでは、リモートのGitサーバーとgit config –globalについてお伝えします。

  • リモートリポジトリの追加方法
  • プッシュのデフォルト設定

リモートリポジトリの追加方法

リモートリポジトリを簡単に扱う設定が可能です。

リモートリポジトリのURLを省略するために、以下を設定して見てください。

git config --global url."https://".insteadOf git://

プッシュのデフォルト設定

プッシュのデフォルト動作を設定できます。

git config --global push.default matching

プッシュの挙動をカスタマイズできました。

push.defaultで設定している「matching」により、リモートにあってローカルに存在する全ブランチがプッシュされます。意図しないブランチがプッシュされないかを確認しつつ、状況に合わせて設定しましょう。

分散作業とgit config –global

こちらでは、分散作業とgit config –globalについてお伝えします。

  • 分散リポジトリの取り扱い
  • コンフリクト解決の支援

分散リポジトリの取り扱い

分散リポジトリを効率的に取り扱うための設定も可能です。

git config --global remote.origin.url <URL>

リモートリポジトリのURLを設定できます。

コンフリクト解決の支援

コンフリクトが発生した場合に、マージツールを自動で起動する設定もあります。

git config --global merge.tool vimdiff

コンフリクト解決時にvimdiffを使用できます。

GitHubとgit config global

こちらでは、GitHubとgit config –globalについてお伝えします。

  • GitHubとの認証設定
  • 便利なエイリアス設定

GitHubとの認証設定

GitHubとの連携をスムーズにするための設定もあります。

認証情報のキャッシュは、以下のように設定することで有効化可能です。

git config --global credential.helper cache

便利なエイリアス設定

GitHubでよく使用するコマンドに対して、エイリアスの設定も可能です。

git config --global alias.co checkout

git coで、git checkoutと同じ操作できるようになりました。

Gitの便利ツールとgit config –global

こちらでは、Gitの便利ツールとgit config –globalについてお伝えします。

ツールとの連携を試したい方は、ぜひご覧ください。

  • ツールとの連携設定
  • ツールのカスタマイズ

ツールとの連携設定

Gitと連携可能なツールは多く、設定によってより効率的な作業が可能です。

git config --global difftool.sourcetree.cmd 'sourcetree diff \"$LOCAL\" \"$REMOTE\"\

SourceTreeとの連携が可能です。

ツールのカスタマイズ

各ツールの挙動をカスタマイズする設定も存在します。

git config --global core.pager 'less -R'

lessコマンドの挙動をカスタマイズできます。

Gitカスタマイズの基礎

こちらでは、Gitカスタマイズのコマンド例についてお伝えします。

  • カラーリングの設定
  • エイリアスの基本

カラーリングの設定

コマンドライン上でのGitの出力に色をつけられます。

git config --global color.ui auto

自動的に色付きの出力が可能になります。

エイリアスの基本

コマンドのエイリアス設定によって、よく使うコマンドを短縮形で使用できます。

git config --global alias.st status

git stgit statusを実行できます。

その他システムとGitの連携

その他システムとの連携についても見ていきましょう。

  • システムフックの設定
  • 連携ツールの使用

システムフックの設定

Gitのフックは、特定のイベントが発生したときに実行されるスクリプトを設定できる強力な機能です。

これらのフックは .git/hooks/ ディレクトリ内に配置されます。

コミット前に自動でテストを実行する設定をするには、pre-commit フックを使用します。

以下は、その手順です。

リポジトリの .git/hooks/ ディレクトリに移動します。

cd /path/to/your/repository/.git/hooks/

pre-commit フックスクリプトを作成してください。

このディレクトリ内で pre-commit という名前の新しいファイルを作成します。

これが実際にコミット前に実行されるスクリプトです。

touch pre-commit

スクリプトに実行権限を付与します。

chmod +x pre-commit

スクリプトの内容を編集しましょう。

pre-commit フックスクリプトを編集し、テストのコマンドを含めます。

以下は、シェルスクリプトの例です。

#!/bin/sh

# Run tests
npm test

# Check the exit status
if [ $? -ne 0 ]; then
  echo "Tests failed! Aborting commit."
  exit 1
fi

# If all tests pass, allow the commit
exit 0

これで、コミットの度に npm test が実行され、テストが失敗した場合はコミットが中断されます。

フックをリモートのリポジトリにプッシュしても、他の人がそのフックを自動的に実行するわけではありません。セキュリティの観点から、フックはローカルでのみ実行されます。ほかの開発者に同じフックを使用してもらいたい場合、フックスクリプトをリポジトリの別の場所に保存し、手動で設定する手順を共有する必要があります。

連携ツールの使用

多くのCI/CDツールとGitは連携が可能で、効率的な開発フローを実現します。

以下2つのツールでの例をご覧ください。

  • Jenkins
  • GitLab CI

Jenkins:

JenkinsはGitを始めとする多くのバージョン管理システムと統合が可能です。

これにより、リポジトリの変更を自動的に検知してビルドやテストを実行できます。

Gitリポジトリ(例:GitHub、Bitbucket)からのWebhooksを使用して、コードの変更やプルリクエストの作成時にJenkinsジョブをトリガーします。

またJenkinsfile に定義されたパイプラインを使用して、コードのチェックアウトやビルド、テスト、デプロイといった一連のプロセスを自動的に実行できるのです。

GitLab CI

GitLabには、バージョン管理とCI/CDが統合されており、別途ツールを導入することなく、自動化されたパイプラインを実現できる機能が備わっています。

その設定には、.gitlab-ci.ymlファイルが使われ、ビルドやテスト、デプロイなどのステージとそれに関連するタスクやスクリプトを定義します。

Gitリポジトリへのコミットやマージリクエストの作成時に、自動的にパイプラインが実行されるのが特徴。

これにより、コードの変更が正しく動作することを保証し、品質を維持できます。

またGitLab Runnerは、ビルドやテストを実行するための仮想環境や実機を提供。

これにより、異なる環境や設定での動作を確認できるのです。

Gitの構造を理解する

こちらでは、Gitの構造について、簡単にご紹介します。

実際に内部がどうなっているかを理解すれば、より高度な操作ができるでしょう。

  • 内部構造の理解
  • コマンドの深い解析

内部構造の理解

Gitは、分散バージョン管理システムとして広く使用されているツール。

その内部構造を理解することで、何が背後でおこなわれているのか、またどのようにして高度な操作を実行できるのかを深く把握できます。

  • Objects
  • References
  • Index
  • Head

1. Objects

以下はGitにおける主なオブジェクト。

  • Blob: ファイルの内容を表すオブジェクト。ひとつのBlobはひとつのファイルを指します。
  • Tree: ディレクトリ構造を表すオブジェクト。BlobとほかのTreeへの参照を持てます。
  • Commit: 特定の変更を表すオブジェクト。Treeオブジェクトへの参照、前のコミットへの参照(親)、コミットメッセージなどの情報を持っています。

Gitオブジェクトを直接扱うことで、歴史の改変や特定のBlobやTreeを調査するなどの操作が可能になります。

例えば、git cat-file コマンドを使ってオブジェクトの内容を調査が可能です。

git cat-file -p <ハッシュ>

2. References

Gitでは、名前をつけて参照する機能があります。

  • Branches: 実際のファイルではなく、特定のコミットを指す参照。
  • Tags: 特定のコミットを永続的に名前付けするための参照。

参照を直接編集することで、ブランチを迅速に切り替えたり、過去のコミットに対して新しいタグを付けたりが可能。

git update-ref コマンドを使用すると、参照を手動で更新できます。

git update-ref refs/heads/existing-branch [新しいコミットハッシュ]

ブランチのポインタを別のコミットに移動。

3. Index

Indexは、次のコミットのためのステージングエリアです。

現在のディレクトリの状態と次のコミットの状態の間の差分を保持しています。

git addgit reset のようなコマンドで、ステージングエリアの内容を微調整。

また、git diff --cached コマンドで、ステージングエリアの内容と最後のコミットとの差分を確認できます。

4. HEAD

HEADは、現在チェックアウトしているコミットを指す特別な参照のこと。

通常は、チェックアウトしているブランチの最新のコミットを指します。

git reset コマンドを使うことで、HEADの位置を移動させ、ブランチのポインタやステージングエリアの内容を変更できます。

コマンドの深い解析

コマンドの背後にある動作原理を理解することは、ソフトウェアやシステムを使用する際の非常に重要なアスペクトです。

この理解は、以下の点で利点があります。

  1. トラブルシューティング
    • エラーや問題が発生した際に、単にエラーメッセージを読むだけではなく、問題の根本的な原因を特定しやすくなります。
    • 動作原理を知っていれば、何がうまくいかなかったのか、どの部分が問題を引き起こしているのかを推測するのが容易になります。
  2. 最適化と効率化
    • どのようにしてコマンドやツールが動作しているかを理解することで、最適な使用方法や設定を選択できるようになります。
    • これにより、パフォーマンスの改善やリソースの節約が期待できます。
  3. カスタマイズと拡張
    • 動作原理を理解していれば、ツールやシステムを自分のニーズに合わせてカスタマイズするのが容易になります。
    • また、新しい機能や拡張を追加する際の参考として、既存の動作や構造を利用することができます。
  4. 深い知識の獲得
    • 基本的な使用方法だけでなく、背後の原理や構造を学ぶことで、より深い知識や専門的なスキルを獲得することができます。
    • これは、キャリアの進展や専門的な役割を担う際に非常に役立ちます。

コマンドやツールの背後にある動作原理を理解することは、単なる使用方法を超えて、より深いレベルでの操作や問題解決能力を高めるための鍵となります。

Git環境設定の添削

こちらでは、Git環境設定の添削方法を見ていきましょう。

  • 最適な設定の選定
  • セキュリティ上の注意点

最適な設定の選定

ユーザーの作業スタイルやプロジェクトの要件に合わせた設定の選定が重要です。

例としては以下のようなものが挙げられます。

git config --global core.autocrlf true

改行コードの自動変換を有効にする設定です。

セキュリティ上の注意点

セキュリティを確保するための設定も重要です。

git config --global push.default simple

図しないブランチへのプッシュを防げます。

Gitコマンド一覧

こちらでは、「Gitコマンド一覧」についてお伝えします。

  • 基本コマンド
  • 高度なコマンド

基本コマンド

Gitを使い始める際に必要な基本コマンドを学ぶことができます。

高度なコマンド

より高度な操作に必要なコマンドも存在します。

  • git bisect:バグの原因を特定
  • git rebase:コミット履歴を整理

git rebaseは、覚えると便利です。

以下の記事でも詳しく解説しています。

まとめ

当記事では、Gitのconfig設定について学習してきました。

最適な設定によって、効率的で快適な開発作業が実現可能です。

ただし設定を変更するときは、大きな影響が出ないかを確認のうえ、実行してください。

ローカル設定から試してみるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました