【初心者向け】GitのHEADとは?具体例付きでわかりやすく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「git headコマンドってなんだろう?」

「git headコマンドの使い方を学びたい」

「git headコマンドの実際の使用例を見てみたい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • git headコマンドの基本
  • git headコマンドの使い方とその応用
  • git headコマンドの実例

当記事では、git headコマンドの基本知識から応用的な使い方まで、具体的な例を交えて丁寧に解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Git の基本

次に、Gitの基本要素、すなわち、HEAD、ブランチ、ファイル管理について深く掘り下げていきます。

  • HEADの役割
  • ブランチの概念
  • ファイル管理の理解

HEADの役割

Gitでは、HEADは現在チェックアウトしているコミットを指すポインタとして機能します。

HEADは、我々が現在どのコミットにいるのかを示してくれるもの。

コードベースをナビゲートするとき、ブランチを切り替えるとき、またはコミットを作成するときなど、HEADは常に重要な参照点です。

「コードベース」とは、ソフトウェアプロジェクトのソースコードの集合体を指します。具体的には、プロジェクトに含まれるすべてのファイルやディレクトリ、ソースコード、設定ファイル、ドキュメントなどです。

ブランチの概念

Gitにおけるブランチは、コードベースの異なるバージョンを作成し、それぞれで作業するための方法です。

ブランチは、プロジェクト内で新しい機能を追加したり、バグを修正したりする際に非常に役立ちます。

それぞれのブランチが独立して動作するため、あるブランチでの作業がほかのブランチに影響を与えることはありません。

ファイル管理の理解

Gitは、ファイルの変更履歴を詳細に管理するためのシステムで、その機能を理解することは極めて重要といえるでしょう。

ファイルは完成するまでに、追加や削除、変更など、さまざまな状態を通過するからです。

これらの状態を理解して、それらがGitリポジトリの全体的な状態にどのように影響を与えるかを理解しましょう。

より効果的なバージョン管理に繋がります。

HEADを自在に操る

ここでは、HEADを自在に操る方法について解説します。

ブランチとの関係性やHEADの活用法、そして特殊な”@”との比較についても取り上げます。

  • ブランチとの関係性
  • 実例で理解するHEADの活用法
  • @との比較

ブランチとの関係性

Gitでブランチを切り替えると、HEADはそのブランチの最新コミットを指すようになります。

HEADは、現在のブランチまたは現在のコミットを常に指しているからです。

新機能追加の目的でブランチを作成した場合、そのブランチをチェックアウトすると、HEADはその新しいブランチの最初のコミットを指すようになります。

実例で理解するHEADの活用法

HEADの活用法を理解するための、具体例を見てみましょう。

ある時点でバグが発生し、どのコミットで導入されたかを調査します。

HEADを過去のコミットに移動させてコードを調べ、バグが存在するかどうかを確認する例です。

1. 現在のHEADの位置を確認

まず、現在のブランチとHEADの位置を確認します。

$ git log --oneline

出力例

a123456 (HEAD -> main) Fix some minor issues
b234567 Add new feature
c345678 Initial commit

2. 過去のコミットにHEADを移動

b234567というコミットIDのコミットにHEADを移動します。

$ git checkout b234567

この操作により、ワーキングディレクトリはb234567の状態になります。

3. コードの調査

この状態で、コードをエディタで開いてバグの存在を確認。

必要に応じてテストの実行も可能です。

4. HEADを元の位置に戻す

調査が終わったら、HEADを元のmainブランチに戻します。

$ git checkout main

これで、ワーキングディレクトリはa123456の状態、すなわち最新のコミットの状態に戻ります。

注意事項

git checkoutの代わりにgit switchコマンドの使用も可能です。

これはGitの新しいバージョンで推奨される方法。

過去のコミットに移動すると、”detached HEAD”の状態になり、ブランチに関連付けられていないため、後でアクセスするのが難しくなる可能性があります。

必要な変更をおこなう場合は、新しいブランチの作成がおすすめです。

@との比較

HEADと@はどちらもGitで使用される参照ですが、それぞれ異なる用途があります。

  • HEAD:現在のチェックアウトの位置を示す
  • @:直前のチェックアウトの位置を示す

したがって、コードを探索する際や、特定のコミット間で移動する際に、これらの参照はそれぞれ異なる役割を果たします。

高度なコミット管理

ここでは、チルダ〜とキャレット^の使い方などをご覧いただきます。

  • チルダ〜とキャレット^の使い方
  • ^と~の実例:1つ前と3つ前のコミット履歴の参照方法
  • コミット

チルダ〜とキャレット^の使い方

チルダ(~)とキャレット(^)は、コミット履歴を参照する際に使用される特別な記号です。

  • チルダ:現在のコミットから数えて特定数の親コミットを参照。HEAD~3は現在のコミットから3つ前のコミットを示します。
  • キャレット:親コミットを示すために使用。マージコミットの場合には特定の親を選択するために使います。HEAD^2は現在のマージコミットの2番目の親を示します。

^と~の実例:ひとつ前と3つ前のコミット履歴の参照方法

ここでは、チルダとキャレットを用いた実例を見ていきましょう。

以下はひとつ前のコミット履歴を参照する方法です。

git checkout HEAD^

HEAD~はひとつ前のコミットを指すようになります。

git checkout HEAD~1

3つ前のコミット履歴を参照するにはこちらです。

git checkout HEAD~3

これにより、HEADは3つ前のコミットを指すようになります。

コミット履歴の指定方法一覧

以下に、コミット履歴を指定するための方法をいくつか示します。

  • 現在のコミット:HEAD
  • ひとつ前のコミット:HEAD~1またはHEAD^
  • 2つ前のコミット:HEAD~2
  • マージコミットの第一親:HEAD^1またはHEAD^
  • マージコミットの第二親:HEAD^2

これらの指定方法は、Gitで作業する際に役立つ多くのコマンドで使用できます。

HEADの特殊性

次に、HEADの特殊な側面、すなわち、Detached HEADについて詳しく解説します。

  • Detached HEADとは?
  • Detached HEADの起こし方と戻し方

Detached HEADとは何か?

Detached HEADは、HEADが特定のブランチではなく特定のコミットを直接指している状態のこと。

これは通常、特定の過去のコミットを確認するために使用されます。

Detached HEAD状態で新たにコミットを作成すると、それはブランチに関連付けられていないため、通常の操作に戻ると変更が失われる可能性があります。

Detached HEADの起こし方と戻し方

Detached HEAD状態は、特定のコミットをチェックアウトすることで発生します。

git checkout abc123

特定のコミットハッシュを指定してチェックアウトすると、Detached HEAD状態になります。

この状態から元に戻るには、再びブランチをチェックアウトすることで可能です。

git checkout master

HEADはmasterブランチの最新のコミットを指すようになり、Detached HEAD状態は解消されます。

Q&A:よくある質問

GitのHEADに関するよくある質問を見ていきましょう。

事前に理解しておけば、スムーズにHEADを使いこなせるはず。

Q: GitのHEADとは何ですか?

GitのHEADは、現在チェックアウトしているコミットを指すポインタとして機能するもの。

現在作業中のブランチ、または特定のコミットを示します。

Q: Detached HEADとは何ですか?

Detached HEADとは、ブランチではなく、特定のコミットを直接指すHEADの状態をいいます。

過去のコミットを確認したい場合などにこの状態が発生。

このまま新たにコミットを作ると、ブランチに関連付けられていないため、あとで参照できなくなる可能性があります。

Q: チルダ(~)とキャレット(^)の違いは何ですか?

チルダとキャレットは、コミットの親を指定するための記号です。

チルダは現在のコミットから数えて特定の数の親コミットを参照します。

HEAD~3

一方キャレットは、マージコミットの場合に、特定の親を指定するために使用されるものです。

HEAD^2

まとめ

当記事では、GitのHEADとその役割について学習してきました。

  • HEADは現在のチェックアウトの位置を示し、我々がどのコミットにいるのかが常にわかる
  • チルダやキャレットを使って過去のコミットを指定する方法
  • Detached HEAD状態の理解を深めることで、より効果的にGitを操作できる

しかし、Gitの学習はここで終わりではありません。

リモートリポジトリの管理、リベースの使用、高度なマージ戦略など、まだ学ぶべき多くのトピックがあります。

これらのトピックを探求することで、より強力なバージョン管理の技術を手に入れることができるでしょう。

一歩一歩、確実に理解を深めていくことで、開発プロジェクトをスムーズに進める力が身につきます。

これからも自信を持ってGitの学習を続けましょう。

タイトルとURLをコピーしました