【Git】Branchの削除方法とは?具体例付きでわかりやすく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔このような疑問をお持ちの方へ

「git branchの削除はどうやっておこなうのだろう?」
「git branchの削除について、正確なコマンドが知りたい」
「git branch削除をおこなった場合、その具体的な結果が見てみたい」

✔当記事で解説する内容

  • git branch削除の基本的な方法
  • git branch削除に関する具体的なコマンドの記述方法
  • git branch削除に関する実際の事例

当記事では、わかりやすくgit branch削除の基本から、さまざまなオプションを活用した詳しい操作法まで、具体的な例を交えながら詳細に説明します。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitとその使い方の基本情報

こちらでは、Gitとその使い方の基本情報について詳しく解説します。

Gitの基本概念を理解することで、その後の操作がスムーズに進むことでしょう。

  • Gitの役割と仕組み
  • ローカルとリモートリポジトリの理解

Gitの役割と仕組み

Gitは、プロジェクトのソースコードや文書の変更履歴を管理するための分散型バージョン管理システムです。

リポジトリと呼ばれるデータ保存場所に、ファイルやディレクトリの状態を「コミット」という単位で保存していきます。

この仕組みにより、いつ何が変更されたかを誰でも確認できるのです。

ローカルとリモートリポジトリの理解

Gitでは、リポジトリをローカルとリモートの2つに分けて管理します。

ローカルリポジトリは、個々のユーザーのマシン上にあり、ユーザーが直接編集やコミットをおこなう場所です。

一方リモートリポジトリは、ネットワーク上に存在し、複数のユーザーが共有するためのリポジトリです。

ユーザーはローカルでの作業後に、その結果をリモートリポジトリに「push」することで共有します。

Git Branchの必要性と理解

こちらでは、GitのBranchとその必要性について解説します。

複数の開発者が同時に作業する際に、Branchを効率的に使用することで作業をスムーズに進められるのです。

  • Branchの概要と利用の理由
  • Branchの活用シナリオ

Branchの概要と利用の理由

BranchはGitにおける重要な概念で、異なる開発作業を同時並行でおこなうための仕組みです。

Branchにより、元のコードに影響を与えることなく、新たな開発やバグ修正をおこなえます。

作業が完了したら、そのBranchを「master」Branchに統合(マージ)することで、新たな機能や修正を反映させるのです。

ここでいう「master」ブランチとは、メインのブランチのこと。

最終的に完成したコードは、全てこちらに統合されます。

Branchの活用シナリオ

実際の開発プロジェクトでは、作業内容に応じて複数のBranchを作成します。

  • 新機能の開発
  • バグ修正
  • 実験的な試み

例えば新機能の開発では「feature」Branchを、バグ修正では「fix」Branchを作成するなど、作業内容を明確に分けることで作業の進行状況が一目瞭然です。

また実験的な試みをおこなう際には、「experiment」Branchを作成し、結果が良ければmaster Branchにマージするのも方法のひとつ。

以下、より具体的な例を示します。

  1. 「feature/login」Branchを作成し、ログイン機能の開発をおこなう
  2. 開発が完了したら「master」Branchにマージする
  3. バグを発見した場合、「fix/login-error」Branchを作成し、バグ修正をおこなう
  4. 修正が完了したら「master」Branchにマージする

Git Branch操作チュートリアル

こちらでは、GitのBranch操作について具体的なチュートリアル形式で解説します。

具体的なコマンドを使用して、Branchの作成や削除を体験しましょう。

  • Branchの作成方法
  • Branchの削除方法ガイド

Branchの作成方法

新しいBranchを作成するには、以下のコマンドを使用します。

git branch [branch-name]

例えば、「feature/login」Branchを作成する場合は、以下のようにします。

git branch feature/login

新しく作成したBranchに切り替えるには「checkout」コマンドを使用します。

git checkout feature/login

これら二つのコマンドを一度に実行するショートカットもあります。

git checkout -b feature/login

詳しくは以下の記事でも解説しています。

Branchの削除方法ガイド

Branchの削除には「branch -d」コマンドを使用します。

git branch -d [branch-name]

ただしこのコマンドは、そのBranchの変更が他のBranchにマージされていることを確認した上で実行しましょう。

なぜならもしマージされていない変更がある場合、削除は拒否されるからです。

例えば「feature/login」Branchを削除する場合は、以下のようにします。

git branch -d feature/login

一方、マージされていない変更を無視して強制的に削除するには、「branch -D」コマンドを使用します。

git branch -D [branch-name]

強制的におこなう方法は、本当に削除して大丈夫かを必ず確認しましょう。

Git Branch削除失敗】その対処法とは

こちらでは、そのような状況についてと、それにどのように対処すべきかについて説明します。

開発を重ねていれば、Branchの削除が失敗するときもあるでしょう。

  • 削除に失敗する主な理由
  • 削除失敗時の対応策

削除に失敗する主な理由

GitでBranchの削除に失敗する主な理由は、そのBranchに未マージの変更が存在する場合です。

デフォルトでは、Gitはこれらの変更を失うことを防ぐためにBranchの削除を拒否します。

この挙動は、変更を誤って失うリスクを低減するためのものです。

削除失敗時の対応策

未マージの変更が存在するBranchを削除する場合、まずその変更が本当に不要なものであるか確認することが重要です。

必要な変更であれば、別のBranchにチェックアウトして変更をコミットするか、適切なBranchにマージすべきです。

それが不要な変更であれば、強制的にBranchを削除も可能。

以下のコマンドを使用して強制的にBranchを削除します。

git branch -D [branch-name]

Git Tagとその活用方法

こちらでは、GitのTagとその活用方法について説明します。

Tagは、特定のコミットを識別しやすくするためのマーカーです。

  • Tagの役割と使い道
  • Tag操作チュートリアル

Tagの役割と使い道

GitのTagは、特定のコミットを識別するためのマーカーです。

Tagは通常、ソフトウェアのリリース時にコミットに付けられ、そのリリースバージョンを識別します。

Tagを利用することで、後から特定のバージョンのコードに簡単にアクセスできるのです。

Tag操作チュートリアル

新しいTagを作成するには以下のコマンドを使用します。

git tag [tag-name]

例えば、バージョン1.0のリリースに対応するTagを作成する場合、以下のようにします。

git tag v1.0

Tagはデフォルトでローカルリポジトリにのみ存在します。

Tagをリモートリポジトリにも共有するには以下のコマンドを使用しましょう。

git push origin [tag-name]

すべてのTagをリモートリポジトリに共有するには以下のコマンドを使ってください。

git push origin --tags

Git Commitの書き換えとその必要性

こちらでは、GitのCommitの書き換えとその必要性について見ていきましょう。

誤ったコミットメッセージを訂正や、作業内容をきれいに整理するのに、必要な知識です。

  • コミットを書き換える場面と方法
  • コミット書き換えチュートリアル

コミットを書き換える場面と方法

コミットを書き換える場面は、主に2つあります。

  • コミットメッセージが間違っていたり、改善の余地がある場合
  • 特定のコミットでの変更を取り消したい、または変更内容を修正したい場合

コミット書き換えチュートリアル

最新のコミットメッセージを修正するには、次のコマンドを使用します。

git commit --amend

これにより、テキストエディタが開き、既存のコミットメッセージを修正できます。

また特定のコミットでの変更を取り消す方法は、git revertコマンドです。

例えば、コミットIDがabc123のコミットを取り消すには、次のようにしてください。

git revert abc123

新しいコミットが作成され、そのコミットはabc123での変更を打ち消す効果があります。

詳しい取り消し方や各方法の良し悪しは以下の記事で詳しく説明しています。

Gitの更なる利用法

Gitの基本的な使い方を把握したら、より高度な利用法について学ぶことが有益です。

ほかのバージョン管理ツールと比較して、Gitがどのように優れているのかを理解しましょう。

  • ほかのバージョン管理ツールとの比較
  • Git活用の紹介リンク

ほかのバージョン管理ツールとの比較

Gitは分散型バージョン管理システムであり、SVNやCVSなどの中央集権型バージョン管理システムとは異なる利点があります。

Gitでは、全てのリポジトリが全ての履歴を保持しているため、ネットワーク接続がなくても作業が可能であり、また一部のデータ損失があっても他のリポジトリから復旧可能です。

Git活用の紹介リンク

更にGitの知識を深めるためには、以下のリソースが役立つでしょう。

  • Pro Git: Gitの使用方法を詳しく解説した書籍です。
  • 当サイトのGit記事集:Gitについて細かく解説している記事を多数用意しています。

まとめ

本記事ではGitの多様な機能を解説しました。

  • Gitの基本操作
  • BranchやTagの使い方
  • さらにはコミットの書き換え

GitのBranch機能は、複数の機能や修正を同時に進める際に非常に役立つものですが、Branchの管理はその重要な一部です。

「git branch 削除」は、不要なBranchを整理し、リポジトリを清潔に保つための重要なコマンド。

今後もGitのスキルを磨き続けるためには、実際に手を動かしてGitを使ってみてください。

また、様々なリソースを活用することで、より深くGitを理解し、より効率的に使用することができるようになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました