【便利】git addの取り消し方|サンプル付きで解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています

「git addの取り消し方法について知りたい」
「git addを誤って実行してしまった、どうすればいい?」
「git addの取り消し手順の具体例が見たい」

✔当記事で解説する内容

  • git add取り消しの手順とその基本知識
  • 具体的なgit add取り消しの方法とその適用
  • git add取り消しの実行例

当記事では、git add取り消しの基本から、具体的な操作方法、実例まで詳しく説明しています。

git addを誤った際の対処法についても触れています。

末尾までぜひお読みいただき、git操作の理解を深めてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Git入門(基本操作と準備)

こちらでは、バージョン管理システム「Git」の基本操作とその準備についてお伝えしていきます。

  • Gitのインストールと初期化
  • コミットまでの一連の流れ

Gitのインストールと初期化

Gitを使用するためには、PCにGitをインストールしましょう。

公式サイトからダウンロード可能で、インストールが完了したら、初期化の手順に進みます。

初期化は「git init」というコマンドをターミナル上で実行すれば完了です。

現在のディレクトリがGitリポジトリに変わり、バージョン管理が可能になります。

コミットまでの一連の流れ

Gitの基本的なワークフローは次のとおりです。

編集→ステージング→コミット

  • あなたのファイルを編集
  • 「git add」コマンドを使用して、変更をステージングエリアに追加
  • 変更を確定するために「git commit」を使用

これらの一連の流れを繰り返すことで、バージョン管理がおこなわれるのです。

ファイルのステージングエリアへの登録「git add」

ここでは、ファイルをステージングエリアへ登録する「git add」について説明します。

  • ローカルリポジトリ状态の確認
  • ファイルの編集と「git add」の使用

ローカルリポジトリ状态の確認

ローカルリポジトリの状態を確認するには、「git status」コマンドを使用しましょう。

git status

このコマンドは、変更がステージングエリアに追加されているか、またはまだ追加されていないかを表示します。

ファイルの編集と「git add」の使用

ファイルを編集した後、その変更をステージングエリアに追加するには「git add」を使用します。

特定のファイルのみ追加

git add ファイル名

対象のファイルをすべて追加

git add .

「git add」の操作取り消し

何らかの理由で「git add」の操作を取り消したい場合について見ていきましょう。

  • 「git reset HEAD」によるステージング取り消し
  • 「git add」操作取り消しの確認方法

「git reset HEAD」によるステージング取り消し

「git add」の操作を取り消すにはこちら。

git reset HEAD

これにより最新のコミットまで戻ることができます。

「git add」操作取り消しの確認方法

「git add」の操作を取り消した後、再度「git status」コマンドを使用してローカルリポジトリの状態を確認します。

操作が正しく取り消されていれば、取り消した変更が「Unstaged changes」に表示されているでしょう。

その後はファイルを修正したり、.gitignoreに追加したくないファイルを追記したり、意図したとおりになるよう変更を加えてください。

特定ファイルの「git add」取り消し方法

次に、特定のファイルのみ「git add」の操作を取り消す方法について説明します。

  • 「git reset HEAD」の使用

「git reset HEAD」の使用

特定のファイルの「git add」操作を取り消すには、「git reset HEAD」を使用します。

git reset HEAD ファイル名1 ファイル名2

これにより、特定のファイルのみをステージングエリアから取り除くことが可能になります。

初回コミット前の「git add」取り消し

さて、新規に作成したリポジトリで、まだ何もコミットしていない状態での「git add」の取り消しについて学びましょう。

  • 新規ローカルリポジトリ作成
  • リポジトリの状態確認
  • 初回「git add」の操作
  • 「git rm –cached」による取り消し操作

新規ローカルリポジトリ作成

初回コミット前の「git add」の取り消しを試すために、新しいローカルリポジトリを作成します。

「git init」を使い、空のリポジトリを生成してください。

リポジトリの状態確認

「git status」を使用し、新規に作成したリポジトリの状態を確認します。

新規作成直後であれば、特に追跡対象のファイルは存在せず、何も表示されないはずです。

初回「git add」の操作

次に、新しく作成したファイルを「git add」でステージングエリアに追加します。

これにより、新しいファイルがGitの追跡対象となります。

「git rm –cached」による取り消し操作

初回コミット前に「git add」を取り消すには、「git rm –cached」を使いましょう。

git rm --cached ファイル名

これにより、ステージングエリアから特定のファイルを削除できます。

「git add」の取り消し手順3選

ここでは、2つの異なるシナリオにおける「git add」の取り消し手順について詳しく説明します。

  • git init直後の「git add」取り消し
  • 前回コミット後の「git add」取り消し
  • 「git restore」を利用する方法
  • 「git reset」を利用する方法

git init直後の「git add」取り消し

新規リポジトリ(git init直後)で「git add」を行った場合、先ほど説明した「git rm –cached」を使用します。

git rm --cached ファイル名

このコマンドを使用すれば、ステージングエリアからファイルを削除し、「git add」の操作を取り消せます。

前回コミット後の「git add」取り消し方法2つ

すでに1回以上のコミットがある状態で「git add」を取り消す場合、主に2つの方法があります。

  • 「git restore」を利用する方法
  • 「git reset」を利用する方法

「git restore」を利用する方法

Gitの新しいバージョンでは、「git restore –staged 」コマンドを使って特定のファイルの「git add」を取り消せます。

git restore --staged file1.txt

「git reset」を利用する方法

もう一つの方法として、先述した「git reset HEAD」を利用することも可能です。

git reset HEAD ファイル名

これにより特定のファイルのみをステージングエリアから取り除けます。

まとめ

当記事では、Gitの基本的な操作と、「git add」の取り消し方法について学びました。

これらの操作は開発フローにおいて頻繁に使用され、開発作業をよりスムーズに進めるために重要です。

また、間違ったファイルをステージングエリアに追加した場合などにも対応するための「git add」の取り消し方法を理解することは重要です。

これらの知識を元に、Gitを使ったバージョン管理を有効に活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました