【実例付】git remote addでリモートリポジトリを追加する

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「”git remote add”ってなに?」

「”git remote add”の使い方を理解したい」

「”git remote add”を使った具体的な操作を知りたい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • “git remote add”の基本的な概要
  • “git remote add”の具体的な記述方法とその適用
  • “git remote add”を利用した具体的な例

当記事では”git remote add”について、基本的な情報から細部の操作法、さらには具体例を交えて詳細にご紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、”git remote add”の全貌を把握してください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

git remote add とリポジトリ

こちらでは、git remote addの基本をお伝えしていきます。

必要な用語などを把握して、どんなものかを理解しましょう。

  • Git リポジトリとは?
  • 「git remote add」の役割と使い方

Git リポジトリとは?

Gitリポジトリは、Gitで管理されているプロジェクトのデータの保存場所です。

Gitリポジトリには以下の二種類があります。

  • ローカルリポジトリ:あなたのローカルコンピュータ上に存在
  • リモートリポジトリ:リモートリポジトリは、ネットワーク上(例えばGitHubなどのホスティングサービス上)に存在

ローカルリポジトリでは、プロジェクトのコードの変更を行い、それらの変更を追跡できます。

一方リモートリポジトリでは、チームのメンバーやパブリックとプロジェクトのコードを共有が可能です。

「git remote add」の役割と使い方

git remote addは、新たなリモートリポジトリをローカルリポジトリに追加するためのコマンドです。

このコマンドは以下のように使用します。

git remote add [リモート名] [リモートURL]
  • [リモート名]:追加するリモートリポジトリの名前
  • [リモートURL]:追加するリモートリポジトリのURLを指定

通常リモート名には「origin」がよく使用されますが、任意の名前を指定できます。

このコマンドを使用することで、ローカルとリモートのリポジトリ間で、変更をプッシュしたりフェッチしたりが可能になります。

リモートリポジトリの追加と管理

ここでは、「リモートリポジトリの追加と管理」について解説します。

リモートリポジトリの効率的な管理法を理解することで、Git操作のフレキシビリティと生産性が向上するでしょう。

  • 新規リモートリポジトリの追加
  • リモートリポジトリ一覧の表示「git remote -v」
  • トラブルシューティング:「リモート配信元が既に存在します」のエラーの解決法

新規リモートリポジトリの追加

新規リモートリポジトリの追加は「git remote add」コマンドでおこないます。

その使用法は以下のとおりです。

git remote add [リモート名] [リモートURL]

例えば、名前が”origin”でURLが”https://github.com/user/repo.git”のリモートリポジトリを追加するには、次のコマンドを使用します。

git remote add origin https://github.com/user/repo.git

これにより、”origin”という名前でリモートリポジトリが追加され、ローカルとリモート間で変更の同期が可能です。

リモートリポジトリ一覧の表示「git remote -v」

リモートリポジトリの一覧を表示するには、「git remote -v」コマンドを使用します。

このコマンドは、現在のローカルリポジトリに設定されているすべてのリモートリポジトリのリストを表示するものです。

git remote -v

実行結果は、リモート名とそれに関連付けられたURLを示します。

これにより、どのリモートリポジトリが存在し、どのURLがそれぞれに関連付けられているかを簡単に確認できるのです。

トラブルシューティング:「リモート配信元が既に存在します」のエラーの解決法

「リモート配信元が既に存在します」というエラーは、同じ名前のリモートリポジトリを二度追加しようとしたときに発生します。

この問題を解決するには、既存のリモートリポジトリを削除し、再度追加します。

その手順は以下の通りです。

git remote rm [リモート名]
git remote add [リモート名] [リモートURL]

既存のリモートリポジトリが削除され、新たなリモートリポジトリが追加されます。

リポジトリURLの変更法とトラブルシューティング

こちらでは、リポジトリのURLを変更する方法と、その際に起こりうる問題についてお伝えします。

リポジトリのURLを適切に管理することで、リモートリポジトリへの接続をスムーズにおこなえるでyそう。

  • URLのSSHからHTTPSへの変更方法
  • URLのHTTPSからSSHへの変更方法
  • トラブルシューティング:「このようなリモート'[name]’はありません」のエラーの解決法

URLのSSHからHTTPSへの変更方法

リポジトリURLの変更は、’git remote set-url’コマンドを使用します。

SSHのURLからHTTPSのURLに変更する場合の例は、次のとおりです。

git remote set-url origin https://github.com/user/repo.git

「origin」という名前のリモートリポジトリのURLを、指定したHTTPSのURLに変更します。

URLのHTTPSからSSHへの変更方法

逆に、HTTPSのURLからSSHのURLに変更するには、次のコマンドを使用します。

git remote set-url origin git@github.com:user/repo.git

「origin」という名前のリモートリポジトリのURLがSSHのURLに変更され、HTTPSの代わりにSSHを使用するようになります。

トラブルシューティング:「このようなリモート'[name]’はありません」のエラーの解決法

「このようなリモート'[name]’はありません」というエラーは、存在しないリモートリポジトリ名を指定した場合に発生します。

この問題を解決するには、「git remote -v」コマンドを使用して、既存のリモートリポジトリの名前を確認します。

git remote -v

このコマンドにより、現在のローカルリポジトリに設定されているすべてのリモートリポジトリのリストが表示されます。

このリストから正しいリモートリポジトリ名を確認し、再度URLの変更をおこなってください。

「このようなリモート'[name]’はありません」のエラーを解消されるでしょう。

リモートリポジトリ名の変更と管理

ここでは、リモートリポジトリの名前を変更する方法と、それに関連するトラブルシューティングについて解説します。

リモートリポジトリの名前管理は、プロジェクトをわかりやすく管理するために必要なスキルです。

  • リポジトリ名の変更方法
  • 「構成セクションの’remote.[古い名前]’を’remote.[新しい名前]’に変更できませんでした」のエラーの解決法
  • 「リモート[新しい名前]は既に存在します」のエラーの解決法

リポジトリ名の変更方法

リモートリポジトリの名前を変更するには、git remote rename コマンドを使用します。

以下のように、まず古い名前を指定し、次に新しい名前を指定しましょう。

git remote rename old_name new_name

old_name という名前のリモートリポジトリの名前が new_name に変更されます。

「構成セクションの’remote.[古い名前]’を’remote.[新しい名前]’に変更できませんでした」のエラーの解決法

「構成セクションの’remote.[古い名前]’を’remote.[新しい名前]’に変更できませんでした」

存在しないリモートリポジトリ名を指定した場合や、すでに新しい名前が他のリポートリに使用されている場合に発生します。

この問題を解決するには、まず git remote -v コマンドを使用して、既存のリモートリポジトリの名前を確認します。

その上で、正しい古い名前を指定し、新しい名前が他のリモートリポジトリで使用されていないことを確認してから、再度名前の変更をおこないましょう。

「リモート[新しい名前]は既に存在します」のエラーの解決法

「リモート[新しい名前]は既に存在します」

新しい名前がほかのリモートリポジトリで既に使用されている場合に発生します。

この問題を解決するには、新しい名前が他のリモートリポジトリで使用されていないことを確認するか、別の名前を選んで再度名前の変更をおこないましょう。

これにより、「リモート[新しい名前]は既に存在します」のエラーを解消できるのです。

リモートリポジトリの削除と管理

こちらでは、リモートリポジトリの削除方法と、それに関連するエラーについて解説します。

リモートリポジトリの削除は、古いプロジェクトを整理したり、非効率的なリポジトリを排除したりするために必要なスキルです。

  • リモートリポジトリの削除方法
  • トラブルシューティング:「構成セクションの’remote.[名前]’を削除できませんでした」のエラーの解決法

リモートリポジトリの削除方法

リモートリポジトリを削除するには、git remote remove コマンドを使用します。

以下のように、削除したいリモートリポジトリの名前を指定してください。

git remote remove repository_name

repository_nameという名前のリモートリポジトリを削除します。

これにより、不要なリモートリポジトリをクリーンアップできます。

「構成セクションの’remote.[名前]’を削除できませんでした」のエラーの解決法

「構成セクションの’remote.[名前]’を削除できませんでした」

存在しないリモートリポジトリ名を指定した場合に発生します。

この問題を解決するには、まず git remote -v コマンドを使用して、既存のリモートリポジトリの名前を確認しましょう。

その上で、正しいリモートリポジトリ名を指定してから、再度削除を行ってください。

まとめ

当記事では、git remote addとリモートリポジトリの管理について学習してきました。

各部分において具体的なコマンドの使用例と共に、エラーに遭遇したときの対処法を理解いただけたはず。

この情報を使って、効率的にGitを使用してください。

なお、今後の学習に役立つ追加のリソースとして、以下の記事集もご覧ください。

Gitの基本まとめ|初心者でも必ずマスターできる
Git/GitHubについて学びたいですか?当サイトでは、現役エンジニアが実体験を元にGitのポイントを丁寧に解説。実際のコマンドなど手を動かしながら学べるので、Git初心者必見です。
タイトルとURLをコピーしました