【Git】リモートリポジトリのブランチを削除する方法|コマンド例付

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は以下のような疑問を持つ方へ向けて書かれています

「gitのリモートブランチの削除方法は何だろう?」

「リモートブランチの削除はどのように行うのか」

「git リモートブランチの削除の具体例が知りたい」

✔当記事で取り扱う主要項目

  • git リモートブランチの削除の基礎知識
  • 具体的な削除方法とその適用
  • リモートブランチの削除の実践例

当記事では、git リモートブランチの削除の基本的な知識から、具体的な削除手順、さらには実例ごとの解説まで詳細に見ていきます。

ぜひ最後まで是非ご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitとリモートブランチ操作の基本

まずは、Gitとリモートブランチ操作の基本についてお伝えしていきます。

基本を確認のうえ、先へ進みましょう。

  • Gitとブランチについて
  • ブランチ作成と切り替えの振り返り
  • リモートブランチ操作が必要なケース

Gitとブランチについて

Gitという分散型バージョン管理システムにおいて、ブランチはとても重要な要素のひとつ。

ブランチとは、同一のソースコードを元に異なる開発を進めるための仮想的な作業領域です。

ブランチがあることで、複数の開発者が並行して作業が可能になります。

ある機能の追加作業に新たなブランチを作り、作業が完了したら元のブランチ(例:master)にマージする、といった使い方が一般的です。

ブランチ作成と切り替えの振り返り

Gitでは、ブランチの作成と切り替えを一行のコマンドでおこなえます。

例えば新たなブランチ”feature”を作成し、そのブランチに切り替える操作は以下のとおりです。

git checkout -b feature

詳しい実例や注意点など、以下の記事でも詳しく解説しています。

リモートブランチ操作が必要なケース

リモートブランチ操作は、開発中のさまざまなケースで必要になります。

  • 共同開発者とのコード共有
  • 異なる環境での作業

ほかの開発者が作成したブランチを、自身のローカル環境に取り込むために、リモートブランチの操作が必要です。

また作業が終了したブランチの削除なども、ブランチ管理の一環として、重要な役割を果たすでしょう。

メイン操作:リモートブランチの削除手順

次に、リモートブランチの削除手順について説明します。

リモートブランチを削除するにあたっての必要なことを確認してください。

  • コマンドラインでリモートブランチを削除
  • リモート追跡ブランチの削除方法
  • 削除時の注意点とエラー対処法

コマンドラインでリモートブランチを削除

リモートブランチの削除は、以下のコマンドでおこなえます。

git push origin --delete <branch_name>

<branch_name>には削除したいブランチ名を入力。

これにより、リモートリポジトリから該当のブランチが削除されます。

リモート追跡ブランチの削除方法

リモート追跡ブランチとは、ローカルのGitリポジトリがリモートのブランチの状態を追跡するためのもの。

git branch -r -d origin/<branch_name>

出力例:origin/mainの場合

Deleted remote-tracking branch origin/main (was 459f97a).

削除時の注意点とエラー対処法

ブランチの削除は、注意が必要な操作です。

例えば誰かが作業中のブランチを削除してしまうと、作業内容が全て無くなる可能性があります。

また削除を試みてエラーが出た場合、そのブランチがまだマージされていない可能性があるため、確認が必要です。

追記:削除ブランチの復活とリモート追跡ブランチの–pruneオプション

削除ブランチの復活や、リモート追跡ブランチの–pruneオプションについても触れていきます。

誤って削除したブランチの復活方法や、–pruneオプションによる追跡ブランチ削除を解説します。

  • 削除したブランチの復活方法
  • –pruneオプションによる追跡ブランチ削除

削除したブランチの復活方法

削除したブランチは、最後のコミットIDを知っていれば復活させることが可能です。

まずgit reflogコマンドで過去のコミット履歴を確認し、復活させたいブランチの最後のコミットIDを見つけ出します。

そのIDを用いて以下のコマンドを実行すると、削除したブランチが復活します。

git checkout -b <branch_name> <commit_id>

–pruneオプションによる追跡ブランチ削除

--pruneオプションは、リモートリポジトリに存在しないリモート追跡ブランチをローカルから削除する際に使用します。

具体的なコマンドはこちら。

git fetch --prune

削除済みのリモートブランチをローカルからも削除できます。

他人が削除したリモートブランチが残っている場合の対処法

こちらでは、他人が削除したリモートブランチが残っている場合の対処法について説明します。

  • 他人が削除したリモートブランチが現れた理由
  • 解決方法と管理上のアドバイス

他人が削除したリモートブランチが現れた理由

Gitでは、他のユーザーが削除したリモートブランチもローカルのリモート追跡ブランチとして残ることがあります。

これは、ローカルのGitがリモートのブランチの状態を自動的に更新しないためです。

解決方法と管理上のアドバイス

この問題の解決策として、先ほど説明したコマンドが有効です。

git fetch --prune

定期的にこのコマンドを実行することで、不要なリモート追跡ブランチを削除し、ローカルの状態を整理することが推奨されます。

まとめ:git fetch時に不要なリモート追跡ブランチを削除

不要なリモート追跡ブランチの削除は以下の手順です。

  • git fetch --prune: リモートに存在しない追跡ブランチを削除
  • git branch -r: リモート追跡ブランチの一覧を確認し、削除が反映されていることを確認

当記事で紹介したコマンドを含み、各操作には注意が必要であり、特にほかのメンバーとの協調作業が含まれる場合は慎重さが求められます。

以下のリンクでは、今回取り上げた内容を更に深く学べるので参考にしてください。

より良いコード管理を目指すために、これらのリソースを活用し、知識を深めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました