【完全版】git resetの基本からオプションについてを徹底解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は以下のような疑問を持っている方々に対して書かれています

「git resetとは一体何なのだろう?」
「git resetの使用方法について学びたい」
「git resetの具体的な使用例を見つけることができない」

✔当記事から得ることができる情報

  • git resetの基本的な使い方
  • git resetの書き方とその多様な使い方
  • git resetの具体的な実例を見つけることができない

当記事では、git resetの基本的な使い方から進んで、そのオプションの適用方法まで、具体的な例を交えて詳細に解説しています。

最後までしっかりと読んで頂くことで、git resetに関する理解が深まることでしょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitの基本

ここでは、git resetを理解いただくにあたっての、「Git」の基本的な概念について詳しく説明します。

  • バージョン管理システムGitとは?
  • Gitの基本的なコマンド紹介

バージョン管理システムGitとは?

Gitは、プログラムのソースコードなど、ファイルの変更履歴を追跡するための分散型バージョン管理システムです。

ソフトウェア開発のプロジェクトに関わる人々に、広く使用されています。

Gitの主な特徴は以下のとおりです。

  1. 分散型バージョン管理
    すべての開発者は、リポジトリ全体のコピーをローカルに持てます。これにより、ネットワーク接続なしで作業することができ、後で変更を統合することが可能です。
  2. ブランチ管理
    ブランチを使用して、特定の機能や修正を分離して作業できます。これにより、異なる機能を同時に開発可能です。
  3. 速度
    Gitは設計が効率的であるため、操作が高速です。
  4. データの整合性
    Gitは内部でSHA-1ハッシュを使用しており、データの整合性と変更の追跡が保証されています。
  5. 柔軟性
    Gitはさまざまなワークフローに対応しています。小規模プロジェクトから大規模プロジェクトまで、さまざまなニーズに対応可能です。

GitHubやGitLabなどのプラットフォームは、Gitを基盤として構築され、コードの共同作業、コードレビュー、問題追跡などの機能を提供しています。

Gitの基本的なコマンド紹介

Gitにはさまざまなコマンドが存在します。

最も基本的なコマンドは以下のとおりです。

$ git add file.txt         # ファイルをステージングエリアに追加
$ git commit -m "comment"  # ステージングエリアの変更をコミット
$ git push origin master   # リモートリポジトリに変更を反映
$ git pull origin master   # リモートリポジトリの変更を取得

git resetの詳細解説

ここでは、「git reset」コマンドの詳細な使い方について解説します。

  • 「git reset」コマンドの正体
  • git resetで使う3つのオプション

「git reset」コマンドの正体

「git reset」は、コミットを取り消したり、ステージングエリアからファイルを削除するためのコマンドです。

以下のように使用します。

$ git reset HEAD file.txt  # ステージングエリアからファイルを削除

git resetで使う3つのオプション

「git reset」コマンドは、以下の3つのオプションを持っています。

  • –soft
  • –mixed
  • –hard

おおまかに一覧表でまとめると以下のとおり。

オプションHEADステージングエリアワーキングディレクトリ
--soft戻す変更されない変更されない
--mixed戻す戻す変更されない
--hard戻す戻す戻す

詳しくは、以下の各説明をご覧ください。

git reset –soft

「git reset –soft」は、指定したコミットまでHEADを戻しますが、ステージングエリアとワーキングディレクトリの内容は変更されません

以下の例では、HEADをひとつ前のコミットに戻しています。

$ git reset --soft HEAD^

git reset –mixedの動作解説

「git reset –mixed」は、指定したコミットまでHEADとステージングエリアを戻しますが、ワーキングディレクトリの内容は変更されません。

以下の例では、HEADとステージングエリアをひとつ前のコミットに戻しています。

$ git reset --mixed HEAD^

git reset –hardの動作解説

「git reset –hard」は、指定したコミットまでHEAD、ステージングエリア、ワーキングディレクトリの全てを戻します

以下の例では、全てをひとつ前のコミットに戻しています。

$ git reset --hard HEAD^

git resetの実践

次に、「git reset」の具体的な使い方を解説します。

  • コマンド操作前の事前準備
  • 具体的な「git reset」の使用例
  • 一歩進んだリセットの操作法

コマンド操作前の事前準備

「git reset」を使用する前には、現在のブランチの状況を確認してください。

ブランチの確認は以下のコマンドです。

$ git branch

またリセット操作をおこなう前に、ブランチのバックアップを作成することを推奨します。

新たな「backup」などというブランチを作り、現状を保存しておきましょう。

$ git branch backup

具体的な「git reset」の使用例

最新のコミットを取り消したい場合は、「git reset –hard HEAD^」を使用します。

最新のコミットが消去され、そのひとつ前のコミットまで戻すコマンドです。

$ git reset --hard HEAD^

一歩進んだリセットの操作法

「git reset」を用いて、最新から2つ目以降のコミットを指定して戻すことも可能です。

例えば最新から3つ前のコミットまで戻したい場合は以下のように行います。

$ git reset --hard HEAD~3

「git reset」は柔軟な操作が可能で、上手く使いこなすことで効率的なバージョン管理が実現できます。

git resetの危険性と回避策

最後に、「git reset」のリスクとその対策について説明します。

  • git reset操作の落とし穴
  • resetによる誤操作からの復旧手法

git reset操作の落とし穴

「git reset –hard」は強力なコマンドであり、一度おこなった操作は取り消すことが困難です。

特に共有リポジトリでこのコマンドを使用すると、ほかの人の作業を消去してしまう可能性があるため、注意してください。

resetによる誤操作からの復旧手法

もし「git reset –hard」により誤って重要なコミットを消去してしまった場合でも、完全に消えてしまうわけではありません。

以下のコマンドで消去したコミットを確認できます。

$ git reflog

そして、「git reset –hard [コミットID]」で消去したコミットまで戻れます。

$ git reset --hard [コミットID]

ただし、この操作もリスクがあるため、十分な注意が必要です。

まとめ

当記事では、Gitと「git reset」コマンドの基本的な使い方について学びました。

  • git resetの詳細解説
  • 具体的な使用例
  • リスクと回避策

「git reset」は強力なコマンドですが、その力を十分に理解し、注意深く使うことが求められます。

また常にバックアップの重要性を心に留め、安全なバージョン管理を心掛けてください。

この情報が、あなたのバージョン管理の理解とスキル向上に寄与することを願っています。

タイトルとURLをコピーしました