【Python List】使い方まとめ 値の取得、追加、削除、他

Python

(最終更新月:2021年12月)

☆こんな方へ向けての記事となります

「Pythonでリストの使い方で困っていることがある」

「一般的なリストの操作方法をまとめて知りたい!」

「そもそもリストはどんな時に使うのかよくわかっていない」

☆当記事でお伝えすること

  • Python listの使い方まとめ  値の取得、追加、削除、書き換え
  • リストの使い方【脱初心者】変換、結合
  • リストを使用するべき4つの場面

当記事を読めば、Pythonのリストについて基本をマスターできます

profile_icon

【Python歴】10年 x 【営業マン歴】11年

HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

Pythonベースのフレームワーク 「Django」を使って下記のようなサイトを作っています!

日報アプリ
当ブログで一から開発方法を解説している日報アプリ(デモ版)です
ツールアプリ
当ブログで紹介したPythonアプリのWeb版です。DjangoAPIとReactで開発。随時更新中です。

Python listの使い方まとめ 値の取得、追加、削除、書き換え

下記のリストを使って説明していきます

lang_list = ["Python", "JavaScript", "Go", "PHP"]

①取り出し

要素一つを取り出すとき

リスト[オフセット]

オフセットとは、リスト内での左からの距離(要素の順番)を表します

「距離」なので、一番左側が「0」になります!

>>> lang_list[0]
'Python'
>>> lang_list[2]
'Go'

複数の要素を取り出すとき

オフセットを応用して、まとめてリストから取り出します

リスト[スタート位置:終わり位置:何個置きに]

オフセットは空欄にする(指定しない)方法もあります!

>>> lang_list[2:4]
['Go', 'PHP']

下記のようにオフセットを省略することもできます

>>> lang_list[:4] #最初のオフセットを指定しない(0になります)
['Python', 'JavaScript', 'Go', 'PHP']

2つ置きに要素を取り出します

>>> lang_list[::2]
['Python', 'Go']

②追加

append()

リストの末尾へ追加する方法です

リスト.append(追加したい要素)

>>> lang_list.append("Swift")
>>> lang_list
['Python', 'JavaScript', 'Go', 'PHP', 'Swift']

insert()

オフセットを指定した追加方法です

リスト.insert(オフセット, 追加したい要素)

>>> lang_list.insert(1, "html")
>>> lang_list
['Python', 'html', 'JavaScript', 'Go', 'PHP', 'Swift']

③削除

del

オフセットを指定する方法です

del リスト[オフセット]

>>> del lang_list[-1]
>>> lang_list
['Python', 'html', 'JavaScript', 'Go', 'PHP']

remove()

値を指定し削除する方法です

リスト.remove(削除したい値)

>>> del lang_list[-1]
>>> lang_list
['Python', 'html', 'JavaScript', 'Go', 'PHP']

pop()

オフセット指定した要素を削除しつつ、取り出します

リスト.pop(オフセット)

>>> el = lang_list.pop(-1)
>>> el
'PHP'
>>> lang_list
['Python', 'JavaScript', 'Go']

④書き換え

オフセットによる書き換えが可能です

>>> lang_list[-1] = "C++"
>>> lang_list
['Python', 'JavaScript', 'C++']

リストの使い方【脱初心者】変換、結合

他のデータ型からの変換

list()メソッドを使う

list(リスト化したい文字列もしくはタプル)

>>> str_obj = "abcdefghijk"
>>> list(str_obj)
['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f', 'g', 'h', 'i', 'j', 'k']

一文字ずつのリストが完成しました!

split()

文字列型オブジェクト.split(要素を分割する基準となる文字)

>>> str_obj = "サッカー、バスケット、野球"
>>> str_obj.split("、")
['サッカー', 'バスケット', '野球']

他のデータ型へ変換

join()

(要素同士をつなげる文字).join(リスト)

>>> list_obj = ['サッカー', 'バスケット', '野球']
>>> ("、").join(list_obj)
'サッカー、バスケット、野球'

split()の逆バージョンだとイメージすればわかりやすいです

tuple()

tuple(リスト)

>>> list_obj = ['サッカー', 'バスケット', '野球']
>>> tuple(list_obj)
('サッカー', 'バスケット', '野球')

別のリストとの結合

extend()

リスト1.extend(リスト2)

>>> list1 = ["programming", "blog"]
>>> list2 = ["sales", "reading", "studying"]
>>> list1.extend(list2)
>>> list1
['programming', 'blog', 'sales', 'reading', 'studying']

+=

>>> list1 = ["programming", "blog"]
>>> list2 = ["sales", "reading", "studying"]
>>> list1 += list2
>>> list1
['list', 'tuple', 'dictionary', 'sales', 'reading', 'studying']

どちらも新たなリストが作られるのではなく、最初にもってきたリストに上書き保存されます

リストを使用するべき4つの場面

あらたゆるデータ型が存在する中で、リストを使用する場面は主に下記の4つです

  1. 要素が複数あるとき
  2. 要素を順番に管理したいとき
  3. 要素を入れ替える可能性があるとき
  4. リスト内に同じ値が入る可能性があるとき

覚えておきましょう!

まとめ

リストには様々な機能が用意されていました

  • 値を取り出すときや書き換える場合には、オフセットを使います
  • 追加するには、appendとinsert
  • 削除するには、del、remove、pop
  • 他のデータ型からリスト型へ変更する方法として、list()、split()があります
  • リスト型を他のデータ型へ変更するには、join()、tuple()を使います
  • 別のリストと結合するには、extend()、+=の2通りの方法をご紹介しました

そんなリストを使うのは下記の場合です

  1. 要素が複数あるとき
  2. 要素を順番に管理したいとき
  3. 要素を入れ替える可能性があるとき
  4. リスト内に同じ値が入る可能性があるとき

Pythonでホームページが作れるのをご存知でしょうか?

当ブログでは、PythonをベースとしたDjangoフレームワークを使って一からホームページを作成、公開するまでを解説しているブログになります

最終的には、下記リンク先のような日報アプリを開発、公開できるように進めていきます

https://nippo.itc-app.site/
ようこそ!簡易日報アプリ「D-Repo」へ!こちらは無料で使える日報アプリのデモサイトになります!「Webアプリはとてもカンタンで便利!」を感じてみよう!

興味のある方はシリーズの記事が一覧となっている↓のページをご覧ください

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました