【入門編】SQLのORDER BYでデータを並べ替える基本スキル

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年5月)

✔以下の疑問をお持ちの方へ向けた記事です

「SQLのORDER BY句とは何で、どのように使うのだろうか?」

「SQLのORDER BY句の使い方を学びたい」

「SQLのORDER BY句の具体的な使用例を見て理解したい」

✔この記事を読むことで得られる知識

  • SQLのORDER BY句の基本的な使い方
  • ORDER BY句の応用法
  • SQLのORDER BY句を用いた具体的な使用例

この記事では、SQLのORDER BY句の基本的な使い方から、その応用法まで、具体的な例を交えて詳細に説明します。

ぜひ最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

SQLとは:概念と基本的な役割

ここでは、SQLの基本概念と役割について解説します。

  • SQLの概念と重要性
  • SQLの基本的な役割と使用方法

SQLの概念と重要性

SQLは、Structured Query Languageの略で、データベースを操作するためのプログラミング言語。

主に、データの抽出、挿入、更新、削除などの操作に使われます。

SELECT * FROM Employees;

“Employees”というテーブルからすべてのデータを抽出するという命令です。

SQLを理解すると、高度なデータ操作を可能にします。

SQLの基本的な役割と使用方法

SQLの主な役割は、データベースの管理と操作です。

  • データの挿入(INSERT)
  • 選択(SELECT)
  • 更新(UPDATE)
  • 削除(DELETE)

テーブルの作成(CREATE TABLE)、変更(ALTER TABLE)なども可能。

これらのコマンドを組み合わせることで、効率的に情報を抽出、整理、分析することが可能です。

SELECT FirstName, LastName FROM Employees WHERE Salary > 50000;

Employees”テーブルから給与が50,000以上のすべての従業員の名前と姓を抽出するという命令です。

このように、SQLはデータ管理の多様なニーズに対応します。

SQLの基本的なコマンド

この節では、SQLの基本的なコマンドについて解説します。

  • SELECT文:データの抽出
  • FROM句:データの取得元指定
  • WHERE句:データのフィルタリング

SELECT文:データの抽出

SELECT文は、データベースからデータを抽出するためのコマンドです。

SELECTの後に抽出したい列の名前を記述します。

SELECT FirstName, LastName FROM Employees;

“Employees”テーブルから従業員の名前と姓を抽出しています。

詳しくはこちら。

FROM句:データの取得元指定

FROM句は、データを取得するテーブルを指定するためのコマンドです。

FROMの後にはデータを取得したいテーブル名を記述します。

SELECT FirstName, LastName FROM Employees;

“Employees”というテーブルから従業員の名前と姓を抽出することを指定しています。

WHERE句:データのフィルタリング

WHERE句は、特定の条件を満たすデータのみを抽出するためのコマンドです。

WHERE句の後には、データをフィルタリングするための条件式を記述します。

SELECT FirstName, LastName FROM Employees WHERE Salary > 50000;

給与が50,000以上の従業員の名前と姓だけを”Employees”テーブルから抽出するという命令です。

ORDER BYの紹介:定義と基本的な使用法

この節では、ORDER BYというSQLコマンドについて紹介します。

  • ORDER BYの概念と重要性
  • ORDER BYの基本的な使用方法:昇順と降順
  • 実例を用いたORDER BYの解説:使用するテーブルの紹介

ORDER BYの概念と重要性

ORDER BYは、データを特定の順序で並べ替えるためのSQLコマンドです。

昇順(ASC)または降順(DESC)でデータを並べ替えられます。

このコマンドは、データを一定の順序で表示し、解析やレポート作成を容易にするために非常に重要です。

ORDER BYの基本的な使用方法:昇順と降順

SELECT column1, column2, … FROM table_name ORDER BY column1 [ASC|DESC], column2 [ASC|DESC];

ASCは昇順(小さい値から大きい値)、DESCは降順(大きい値から小さい値)を指定します。

SELECT FirstName, LastName FROM Employees ORDER BY Salary DESC;

給与の高い順に従業員の名前と姓を表示します。

実例を用いたORDER BYの解説:使用するテーブルの紹介

以下の例では、”Employees”テーブルを使用します。

このテーブルには、”EmployeeID”, “FirstName”, “LastName”, “Email”, “Salary”といった列が含まれています。

SELECT FirstName, LastName, Salary FROM Employees ORDER BY Salary DESC;

これにより、給与が高い順に従業員の名前と給与を表示することができます。

ORDER BYの高度な使用方法

この節では、ORDER BYの高度な使用方法について解説します。

  • 複数の列でのソートの方法
  • WHERE句との組み合わせ
  • GROUP BYとの組み合わせ

複数の列でのソートの方法

ORDER BYは複数の列での並べ替えにも対応しています。

複数の列名をカンマで区切って記述し、それぞれに昇順か降順かを指定します。

SELECT FirstName, LastName, Department, Salary FROM Employees ORDER BY Department ASC, Salary DESC;

部門(Department)で昇順に並べた後、それぞれの部門内で給与が高い順に並べる一例です。

WHERE句との組み合わせ

ORDER BYはWHERE句と組み合わせて、特定の条件を満たすデータを並べ替えられます。

SELECT FirstName, LastName, Salary FROM Employees WHERE Department = 'Sales' ORDER BY Salary DESC;

販売部門の従業員を給与が高い順に並べます。

GROUP BYとの組み合わせ

GROUP BYとORDER BYを組み合わせることで、特定のグループ内で並べ替えられます。

SELECT Department, AVG(Salary) AS AverageSalary FROM Employees GROUP BY Department ORDER BY AverageSalary DESC;

門ごとの平均給与を計算し、その結果を平均給与が高い順に並べます。

OFFSETとFETCHを使用した返される行の制限

この節では、OFFSETとFETCHというSQLコマンドについて解説します。

  • OFFSETとFETCHの基本的な使用方法
  • OFFSETとFETCHの応用:返される行数の制限

OFFSETとFETCHの基本的な使用方法

OFFSETとFETCHは、返される行数を制限するためのSQLコマンドです。

  • OFFSET:省略可能なコマンドで、結果セットの最初のいくつかの行をスキップ
  • FETCH:結果セットから返す行数
SELECT * FROM Employees ORDER BY Salary DESC OFFSET 5 ROWS FETCH NEXT 10 ROWS ONLY;

給与が高い順に従業員を並べ、最初の5行をスキップした後の10行を返します。

OFFSETとFETCHの応用:返される行数の制限

OFFSETとFETCHの組み合わせは、特定のページ結果を取得する際に特に役立ちます

ウェブページに結果を表示する際に、一度にすべての結果を表示するのではなく、ページ毎に制限された数の結果を表示できるからです。

これは「ページング」とも呼ばれます。

OFFSETとFETCHを使用すると、SQLレベルでこのページングを実装することが可能です。

順位付け関数でのORDER BYの使用

この節では、順位付け関数とORDER BYの使用について説明します。

  • 順位付け関数の基本的な使用方法
  • ORDER BYと順位付け関数の組み合わせ

順位付け関数の基本的な使用方法

順位付け関数は、結果セット内の各行に一意の順位を付けるための関数です。

主な順位付け関数には以下があります。

  • RANK()
  • DENSE_RANK()
  • ROW_NUMBER()

これらの関数は、結果セットを順序付けし、それぞれの行に順位を付けます。

SELECT RANK() OVER (ORDER BY Salary DESC) AS Rank, FirstName, LastName, Salary FROM Employees;

給与が高い順に従業員にランクを付け、そのランクと共に従業員の名前と給与を表示します。

ORDER BYと順位付け関数の組み合わせ

順位付け関数はORDER BYと組み合わせて使用できます。

この組み合わせは、結果セットの特定の部分を順序付けし、それに基づいてランクを付けるときに有用です。

SELECT RANK() OVER (ORDER BY Salary DESC) AS Rank, FirstName, LastName, Salary FROM Employees ORDER BY Rank;

給与が高い順にランク付けした従業員を、そのランク順に並べ替えて表示します。

ORDER BYのベストプラクティスと制限事項

この節では、ORDER BYのベストプラクティスと制限事項について説明します。

  • ORDER BYのパフォーマンス上のベストプラクティス
  • ORDER BYの一般的なエラーとその解決策

ORDER BYのパフォーマンス上のベストプラクティス

大規模なデータセットでORDER BYを使用する場合、パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

そのため、以下のベストプラクティスを考慮することが重要です。

  • 不要な列を省くことで、ORDER BY操作に必要なリソースを削減
  • インデックスを利用することで、ORDER BY操作のパフォーマンスを改善

インデックスは、列の値に応じて行を高速に検索できるデータ構造で、ORDER BYで頻繁にソートする列に適用すると有効です。

ORDER BYの一般的なエラーとその解決策

ORDER BYの使用中に一般的なエラーの一つに、存在しない列名を指定した場合のエラーがあります。

これは、SELECT文で指定した列名とORDER BYで指定した列名が一致していない場合に発生します。

このエラーを解決するには、正しい列名を使用することが必要です。

また、計算された列または別名を使用する場合は、ORDER BYでその列名または別名を正確に指定することが重要です。

まとめ

当記事では、以下のことを解説しました。

  • SQLの基本的な概念
  • その重要性
  • 基本的な役割と使用方法

ここまで学んだ知識を活かして、更なるSQLスキルの向上を目指しましょう

具体的には、自身でデータベースを作成し、各種コマンドを実際に使用してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました