【保存版】git addの基本・使い方|実例付きで解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「git addコマンドって何のために使うのだろう?」
「git addコマンドの正確な使い方が知りたい」
「git addコマンドの実装例が見てみたい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • git addコマンドの基本的な概念
  • git addコマンドの便利な使い方や応用例
  • git addコマンドの具体的な操作例

当記事では、git addコマンドの初歩的な理解から、そのオプションを駆使したエキスパートレベルの活用法まで、実際の操作例と共に詳細に解説しています。

最後までご覧いただくことで、git addコマンドの使いこなし方が確実に掴めることでしょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Git入門

こちらでは、バージョン管理システム「Git」の基本操作とその準備についてお伝えしていきます。

  • Gitのインストールと初期化
  • コミットまでの一連の流れ

Gitのインストールと初期化

まず、Gitを使用するためには、あなたのPCにGitをインストールする必要があります。

公式サイトからダウンロード可能で、インストールが完了したら、初期化の手順に進みましょう。

初期化のコマンドは以下をターミナル上で実行します。

git init

これにより、現在のディレクトリがGitリポジトリに変わり、バージョン管理が可能になります。

コミットまでの一連の流れ

Gitの基本的なワークフローは次のとおりです。

ファイルの編集→ステージング→コミット

  1. あなたのファイルを編集する
  2. 「git add」コマンドを使用して、変更をステージングエリアに追加
  3. 「git commit」コマンドで、変更を確定する

これらの一連の流れを繰り返すことで、バージョン管理が可能になります。

ファイルのステージングエリアへの登録「git add」

ここでは、ファイルをステージングエリアへ登録する「git add」について説明します。

  • ローカルリポジトリの確認
  • ファイルの編集と「git add」の使用

ローカルリポジトリの確認

ローカルリポジトリの状態を確認するにはこちらのコマンドです。

git status

このコマンドは、変更がステージングエリアに追加されているか、またはまだ追加されていないかを表示します。

ファイルの編集と「git add」の使用

ファイルを編集した後、その変更をステージングエリアに追加するには以下のとおり。

git add 対象のファイル

方法としては2つあり、特定のファイルだけを追加する方法と、すべての変更を追加する方法です。

git add just_one_file.txt
git add .

「git add .」と最後にドットを入れることで、変更をすべて追加できます。

「git add」の操作取り消し

「git add」の操作を取り消したい場合について説明します。

ステージングエリアに入れたくないファイルを含めてしまった場合に有効です。

  • 「git reset HEAD」によるステージング取り消し
  • 特定のファイルだけの取り消し
  • 「git add」操作取り消しの確認方法

「git reset HEAD」によるステージング取り消し

「git add」の操作を取り消す方法のひとつはこちら。

git reset HEAD

これにより最新のコミットまで戻ります。

特定のファイルだけの取り消し

特定のファイルだけ取り消すには以下2つの方法が使えます。

1.git restore

git restore --staged test.txt

こちらは最新のコミットに戻るコマンド。

コミットしていない場合などはエラーになります。

2.git rm

git rm --cached test.txt

ディレクトリ以下すべてを消す場合はこちらです。

git rm --cached directory/

「git add」操作取り消しの確認方法

「git add」の操作を取り消した後、「git status」コマンドを使います。

操作が正しく取り消されていれば、取り消した変更が「追跡されていないファイル」に表示されるはずです。

追跡されていないファイル:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
	test.txt

【実践】初回コミット前の「git add」取り消し

新規に作成したリポジトリで、まだ何もコミットしていない状態での「git add」の取り消しについて学びましょう。

  • 新規ローカルリポジトリ作成
  • リポジトリ状态の確認
  • 初回「git add」の操作
  • 「git rm –cached」による取り消し操作

新規ローカルリポジトリ作成

初回コミット前の「git add」の取り消しを試すために、新しいローカルリポジトリを作成します。

git init

空のリポジトリを生成します。

リポジトリ状态の確認

git status

新規に作成したリポジトリの状態を確認します。

新規作成直後であれば、特に追跡対象のファイルは存在せず、何も表示されないはずです。

初回「git add」の操作

次に、新しく作成したファイルを「git add」でステージングエリアに追加します。

nano test.txt
git add .

これにより、新しいファイルがGitの追跡対象となります。

「git rm –cached」による取り消し操作

初回コミット前に「git add」を取り消すには、「git rm –cached」を使います。

git rm --cached test.txt

これにより、ステージングエリアから特定のファイルを削除できます。

「git add」を取り消す方法3選

ここでは、2つの異なるシナリオにおける「git add」の取り消し手順について詳しく説明します。

  • git init直後の「git add」取り消し
  • コミット後の「git add」取り消し

git init直後の「git add」取り消し

新規リポジトリ(git init直後)で「git add」をおこなった場合は以下のコマンドを使用します。

git rm --cached ファイル名

このコマンドを使用すれば、ステージングエリアからファイルを削除し、「git add」の操作を取り消すことができます。

前回コミット後の「git add」取り消し

すでに1回以上のコミットがある状態で「git add」を取り消す場合、主に2つの方法があります。

  • 「git restore」を利用する方法
  • 「git reset」を利用する方法

「git restore」を利用する方法

Gitの新しいバージョンでは、以下の方法で特定のファイルをステージングエリアから削除できます。

git restore --staged test.txt

「git reset」を利用する方法

もうひとつの方法として、はこちら。

git reset HEAD

これによりファイルをステージングエリアから取り除けます。

まとめ

当記事では、Gitの基本的な操作「git add」とその取り消し方を学びました。

これらの操作は開発フローにおいて頻繁に使用され、開発作業をよりスムーズに進めるために重要です。

間違ったファイルをステージングエリアに追加した場合などにも対応するため、「git add」の取り消し方法も頭に入れておきましょう。

これらの知識を元に、Gitを使ったバージョン管理を有効に活用してください。

タイトルとURLをコピーしました