【実例多数】git checkout -bの基本・使い方を徹底解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています

「git checkout -bって具体的に何をするの?」
「git checkout -bの正しい使用方法について知りたい」
「git checkout -bの具体的な実例を探している」

✔当記事で得られる知識

  • git checkout -bの基本的な理解
  • git checkout -bの適切な使い方とその拡張性
  • git checkout -bの実例と応用方法

当記事では、単にgit checkout -bの基本的な使い方を説明するだけでなく、具体的な事例を通じてそのオプションの活用法を深掘りしています。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitの基本理解

Gitの基本について簡単に解説します。

基本をおさえたうえで、主題へ進みましょう。

  • なぜGitを使うのか?
  • ブランチの存在意義
  • git checkout -bとは

なぜGitを使うのか?

Gitはソースコードのバージョン管理を行うツールで、特にチームでの開発において有用です。

ソースコードの変更履歴を記録しておくことで、以下のようなことが可能になります。

  • 過去の任意の時点に戻れる
  • 同時に複数の開発者が別々の作業をおこなえる

これにより、開発作業が効率的かつ安全に進行します。

ブランチの存在意義

Gitのブランチはプロジェクトの異なるバージョンを表します。

新機能の開発やバグ修正など、複数の作業を同時並行でおこなうための仕組みです。

ブランチを切ることで、ほかの作業に影響を与えることなく自由に変更を加えられます。

開発者が安心してコードを改変でき、エラーが起きても元のブランチに戻せる安全性を提供しているのです。

Gitと「git checkout -b」の体系的な理解へ

Gitは多数のコマンドを提供していますが、その中でも「git checkout -b」は特に頻繁に使用されます。

このコマンドは、新しいブランチを作成し、その新ブランチへチェックアウト(移動)するためのものです。

以下より詳しく、この「git checkout -b」コマンドの詳細な挙動とその活用方法について詳しく解説します。

コマンド解析:「git checkout -b」

こちらでは、「git checkout -b」コマンドの動作について詳しく解説します。

  • ブランチ名を指定した場合の挙動
  • ファイル名を指定した場合の挙動

ブランチ名を指定した場合の挙動

「git checkout -b」コマンドは、以下の2つを同時におこなうものです。

  • ブランチの作成:git branch [ブランチ名]
  • ブランチの移動:git checkout [ブランチ名]

これにより、効率的に新しいブランチで作業を開始することが可能です。

「feature/add-new-feature」というブランチを作りたい場合、以下のコマンドになります。

$ git checkout -b feature/add-new-feature

ファイル名を指定した場合の挙動

なおファイル名を指定した場合には、注意が必要です。

なぜならファイル名の指定では、「git checkout -b」コマンドは期待する動作をしないから。

‘git checkout -b’は新しいブランチを作成するためのコマンドであり、ファイルに対しては操作をおこないません。

「/」の挙動検証

こちらでは、gitコマンドでよく出くわす「/」の挙動について詳しく見ていきます。

ここで理解しておけば、トラブルなどを回避しやすくなるはずです。

  • 「/」の存在理由と機能
  • ‘git checkout origin ブランチ名’と「/」

「/」の存在理由と機能

Gitのコマンドラインでは、「/」はパスを表すためのもの。

リポジトリ内の特定のディレクトリやファイルを指定する際に使用されます。

git checkout master/myfile.txt

こちらは、masterブランチの’myfile.txt’というファイルをチェックアウトするという意味になります。

‘git checkout origin ブランチ名’と「/」

以下のコマンドでは、ローカルにそのブランチが存在しなければエラーになります

git checkout origin/ブランチ名

なぜならGitは、ローカルでの作業を前提としているからです。

‘git checkout origin/ブランチ名’のように、リモートブランチを直接チェックアウトは不可。

チェックアウトの前にローカルにブランチを作成するか、’git checkout -b’を使用して新しいブランチを作成のうえ、チェックアウトを試みましょう。

ベストプラクティス:「git checkout -b」の最適な使い方

こちらでは、「git checkout -b」の最適な使い方についてのベストプラクティスをお伝えします。

「git checkout -b」の使い方を理解し、より効率的なブランチ戦略を立てましょう。

  • ブランチ戦略での活用
  • ステップバイステップのガイドライン

ブランチ戦略での活用

「git checkout -b」コマンドは、ブランチ戦略の一部として最適化されています。

以下の支店でそれぞれ考えましょう。

  • コードの管理体制
  • ブランチ名の命名
  • ブランチの削除

コードの管理体制

それぞれのタスクや機能を整理して、各開発に対して新しいブランチを作成しましょう。

コードの独立性と管理性を向上させられます。

これはとくに、複数の開発者が一緒に作業する際に役立つはずです。

ブランチ名の命名

「git checkout -b」を使って新しいブランチを作成する際には、ブランチ名を明確に命名することが重要です。

ほかの開発者が見たときに、そのブランチの目的がわかるようにしましょう。

例として、以下のような名前を参考にしてください。

  • feature/add-login: ログイン機能を追加するためのブランチ
  • bugfix/fix-signup-error: サインアップエラーを修正するためのブランチ
  • refactor/cleanup-code: コードを整理・リファクタリングするためのブランチ
  • update/upgrade-dependencies: ライブラリや依存関係を更新するためのブランチ
  • docs/update-readme: ドキュメンテーションやREADMEを更新するためのブランチ
  • test/add-unit-tests: ユニットテストを追加するためのブランチ
  • hotfix/correct-typo: 細かな誤字脱字を修正するためのブランチ(主に本番環境用)
  • release/v1.0.0: 特定のリリースバージョンを管理するためのブランチ
  • performance/optimize-load-time: パフォーマンスを向上させるためのブランチ
  • security/patch-xss-vulnerability: セキュリティの脆弱性を修正するためのブランチ

ブランチの削除

以下のようなケースでは、必要な変更をメインブランチにマージした後、ブランチを削除することを忘れないでください。

  • 作成したブランチがもはや必要ない
  • そのブランチでの作業が終了した

不必要なブランチがリポジトリに残存することを防ぎ、管理を容易になります。

ステップバイステップのガイドライン

具体的にgit checkout -bを使う手順をご覧いただきます。

以下の手順を参考に進めてください。

  • ディレクトリの移動
  • ブランチの作成と移動
  • 作成・移動の確認

ディレクトリの移動

ターミナルを開き、Gitリポジトリのあるディレクトリに移動します。

例えば、my_projectという名前のディレクトリがGitリポジトリであるとします。

$ cd my_project

ブランチの作成と移動

新しいブランチ名としてfeature/add-new-featureを使うとします。

$ git checkout -b feature/add-new-feature

上記のコマンドを実行すると、新しいブランチfeature/add-new-featureが作成され、そのブランチに切り替わります。

ターミナルで以下のように表示されればOKです。

Switched to a new branch 'feature/add-new-feature'

作成・移動の確認

最後に、ブランチの作成と切り替えが成功したか確認しましょう。

$ git branch

上記のコマンドを実行すると、現在のブランチが表示されます。

新しいブランチがアスタリスク*で表示されることを確認してください。

  main
* feature/add-new-feature

まとめ

当記事を通じて、「git checkout -b」コマンドが新しいブランチを作成し、そのブランチに切り替える機能を持つことを理解できたはず。

このコマンドは、ブランチの管理とコードの独立性を向上させる役割を果たし、効率的な開発を促進します。

この知識を活用して、あなたの開発作業をより効率的で、スムーズなものにしてください。

タイトルとURLをコピーしました