【徹底解説!】Webサーバーとは?リクエスト、レスポンスって何?

Webサーバ

(最終更新月:2021年6月)

「Webサーバーって何?」

「Webサーバーの仕組みが知りたい!」

という方はおそらく、下記のようなワードをたくさん見てきたのではないでしょうか?

クライアント Client

リクエスト Request

レスポンス Response

こちらの記事では、「こういったワード自体がそもそもわからない!」という初学者へ向けて、身近な例をあげて、

Webサーバーとはなにか?Webサーバーの仕組み

をできるだけ簡潔に解説していきます

こちらをご理解いただいた上で、↓の記事をご覧いただくとより理解が深まるかと思います!

Webサーバーを例えてみた!

Webサーバーはレストランのウェイターである

と、細かいことは気にせず大胆に定義したいと思います!

「ウェイター」と例えることで難しい言葉も全て置き換えることができます

Webサーバーはクライアントリクエスト通りに、レスポンスを返します

という文章を置きかえると、

ウェイターは、あなた注文通りに、品物を届けます

少し解説を加えます

注文とは、

ブラウザにアドレスを打ち込むこと、もしくはアドレスの記載されたリンクをクリックすること

品物を届けるとは、

ページを表示すること

を表しています

つまり、

Webサーバーとは、あなたがブラウザに打ち込んだ通りにページを表示するウェイター

のような役割をしているということです

Webサーバーの働き・仕組み

もう少しこのまま進めていきます

Web上を一つの大きなレストランとします

ウェイターにはそれぞれ名前(ドメイン、IPアドレス)があり、呼ばれたときだけ品物を出しに伺います

(「IPアドレス、ドメインがよくわからない!」という方は↓こちらをご覧ください!)

ブラウザに

https://itc.tokyo/

と打ち込むと、担当のウェイター(itc.tokyo)が「index.html」を返します

また、ブラウザに、

https://itc.tokyo/2021/06/09/3041/

などと打ち込めば、担当のウェイター(itc.tokyo)は注文されたページを返します

もし、存在しないページの注文が入ったときは、

そのページはありません!」ということで、いわゆるHTTP 404(Not Found)として返答します

google.comにはまた別のウェイター、yahoo.comにはまた別のウェイター、などと各ウェイター(Webサーバー)はお呼びがかかるまで待機し、呼ばれたら指定されたページを返す役割をします

まとめ

いかがでしょうか?

Webサーバーとはどんなものか、イメージが湧きましたでしょうか?

繰り返しになりますが、

Webサーバーとは、あなたがブラウザに打ち込んだ通りにページを表示するウェイター

としての役割を果たしています

ただし、ウェイターとしての仕事は誰でも担えるわけではありません

もしあなたが「Webサーバーを作りたい!」とお考えであれば、あなたのパソコンにウェイターとして「こんな風に働きなさい!」と仕事を教えてあげる必要があります

つきましては、↓こちらの記事で、パソコンにウェイターとしての仕事を教える方法をご紹介しています

☆Raspberry PiでWebサーバーを作ってみた☆

是非興味があれば自分でもチャレンジして、理解を深めてみて下さい

また、「もっとWebサーバーについて詳しくなりたい!」という方へ向けて、Webサーバーについての記事をまとめたページをご用意してます

☆【Webサーバーについて】作成したページを公開しよう!☆

興味があるものがあれば是非ご覧ください!

最後までご覧いただきありがとうございました!!!

タイトルとURLをコピーしました